タグ:長都沼 ( 79 ) タグの人気記事

今日のMF ヒシクイほか

沼の水面は今日も閑散としていましたが・・・1箇所でよく見ると対岸の枯れ草の間にヒシクイの群がいました。
c0360399_22063848.jpg
両脇の2羽がオオヒシクイで真ん中の2羽がヒシクイかな
c0360399_22345944.jpg
これはヒシクイ
c0360399_22393373.jpg
c0360399_22381994.jpg
こっちがオオヒシクイ
c0360399_22370635.jpg
区別がちょっと難しい

まだ残っているダイサギがいました
c0360399_22410727.jpg
遊水地 カモがさらに増えて多分万の桁ぐらいに
c0360399_22451435.jpg
この数日姿がなかったので旅だったのかと思っていたオジロワシが今日は2羽
この距離はこれまでは撮影をあきらめていた距離ですが、今日は光線の状態が良さそうなのでcapri80ED+E-P5で挑戦し約3倍にトリミング
c0360399_22464640.jpg





by n_moriya0122 | 2018-03-23 22:54 | Comments(0)

ダイサギ・ヒシクイ 

今日の午前中は日が射したと思ったら猛吹雪といった不安定な天気
MFの巡回に家を出てM遊水地についたら吹雪で鳥が居るのかいないのか全くわからず。
ここの雪原、昨日の午後はオジロワシが8羽も居たのだが・・・
↓昨日の遊水地 この6羽の他もっと離れたところに2羽いました。8羽のオジロを一瞥したのは初めてでしたが遠くて個別のアップは無理
c0360399_20491902.jpg
雪が激しく止みそうもないので撤収し帰途へ、長都沼まで来たら雪は小降りになってきたので車を停めて水辺を覗くと、ダイサギが目に付きました
c0360399_20545126.jpg
c0360399_20542736.jpg
対岸の方にもポツポツ何羽かいましたが、こちらの存在に気づいて遠ざかって行きます
c0360399_20571575.jpg
対岸の枯れ草の間からヒシクイがお出かけ
c0360399_20583986.jpg
c0360399_21004340.jpg
どこからか1,2羽で戻ってくるものもいます
c0360399_21021481.jpg
多分白鳥も早朝には居たのかも



by n_moriya0122 | 2018-03-20 22:30 | Comments(0)

ミコアイサほか 今日の長都沼は

このところ長都沼で姿は見かけても、車を停めただけで逃げられたりで撮影できずにいたミコアイサ、今日は比較的近くで撮影出来ました。
c0360399_19374563.jpg
沼に注ぐ用水のところで車を停めて水面を観察していてはじめは雪の塊でも浮いているかと思ったのですが双眼鏡でみたらミコアイサ、車を降りたりしたら逃げられるので車の中からの撮影です。餌探しに夢中でこちらを気にする感じはありません。雌も浮き上がってきました
c0360399_19422660.jpg
雌雄が並んだところも
c0360399_19433402.jpg
c0360399_19453394.jpg
そのうちこちらの存在が判ったのか並んで向こう側にすーっと逃げていきました。

今日の長都沼、他のカモは皆ずーっと下流側で人が入れない方に集まっていました
白鳥は余り姿が有りませんが、サギが1箇所に集まっていました
c0360399_19502650.jpg
真冬に姿がなかったアオサギの数が増えて白いダイサギと一緒にいます。
カメラを向けるとダイサギが次々と逃げていきアオサギの方が多くなりました
c0360399_20083300.jpg
数は多くないですがヒシクイが降りてきます。
c0360399_20085636.jpg
保護色になって気が付かなかったのですが対岸の草むらにヒシクイのファミリーが居たのです。
c0360399_20105548.jpg
今日は朝、小雪が舞ったりしましたがさすがに3月半ば、日差しも強く寒さはさほど感じませんでした。

先だってM遊水地も覗いたら 北側に雁が沢山居ましたが土手からは500mぐらい遠くで双眼鏡でもマガンかヒシクイかなどの判別はつきません。草原の浸水したところには主にオナガガモが結構居ますが葦の間なので目立ちません。オジロの幼鳥も1羽いましたがこれも遠過ぎで何も撮影することなく次の長都沼へ向かいました。


 
by n_moriya0122 | 2018-03-16 22:01 | Comments(0)

今日の長都沼3/4 & 海辺の町へ3/3 ②婚姻色のカワウ

今日の長都沼 中央部は完全に開いていてオオハクチョウが結構あちこちに散らばっている
c0360399_16564733.jpg
c0360399_16514061.jpg
もう北帰行が始まったのだろうか
c0360399_16545628.jpg
ダイサギもちらほら
c0360399_16561936.jpg
c0360399_16571620.jpg
以下 昨日の続き
漁港で、クロガモが近くにこないか岸壁に止めた車内で待っていると
近くにぽっかり鵜が浮き上がった
c0360399_16594127.jpg
しかしこんな派手な鵜を見たのは初めてで驚いた
繁殖期が近づいてもしかして婚姻色って言うやつか
c0360399_17011915.jpg
まるでインディアンの飾りみたい
c0360399_17021597.jpg
c0360399_17024909.jpg
鵜にはこれまで可愛いなんて印象はなかったが、この正面顔は意外に可愛い

さほど派手でない個体も居ました
c0360399_17044555.jpg
考えてみたら今時期近くでウミウカワウを見ることはなかったなというよりカワウを見たのは初めてです
コメントで指摘を頂いてウミウではなくカワウだと気が付きましたので一部の記述を訂正しました

ウミウカワウ以外に
カンムリカイツブリも見つけたがこれは遠すぎて証拠画像レベル
c0360399_17063958.jpg
c0360399_17070155.jpg






by n_moriya0122 | 2018-03-04 17:10 | 定点観察 | Comments(6)

今日の長都沼 ミコアイサ

今日はカモもハクチョウもそこそこの数
沢山のカモの中に珍しいカモは? と探したら
ヨシガモ1羽発見・・・がお休みモード
c0360399_19494442.jpg
c0360399_19500866.jpg
光線の当たり方が変わると頭の緑がわからなくなり目をそらすとまた見つけるのが大変
今日もお気に入りのミコアイサを探します。
正面に雌がいましたが雄と違って目立たず、丹念に探してやっと見つけました。距離は100mぐらい
c0360399_19524675.jpg
雄が近づいて

一枚に収まる位置まで
c0360399_19542629.jpg
最近はみなばらばらで行動して2羽を一枚に入れるのは難しくなってきたが
雄2羽が接近
c0360399_19553307.jpg
今日は多少風があったがこのところの寒気も一段落、ミコアイサ待ちのころの気温も0℃ぐらいまで上がってきたので久し振りにcapri80をセットしてススキの陰でじっくりと待つことができた
c0360399_19580586.jpg
↓が今日一番近く50mちょっとぐらいまで来たときの画像
c0360399_20012262.jpg
このほかキンクロハジロが集団で正面にきたのでパチリ
c0360399_20044438.jpg
このほかアメリカヒドリが2羽いたが遠いのと寝ていたので画像はなし

その他の水鳥
オオハクチョウ(多数) マガン(2羽)
マガモ・ヒドリがも(多数)
オナガガモ(数羽)






by n_moriya0122 | 2017-12-14 20:10 | Comments(0)

今日のMF

昨日は結構気温が上がったので、全面氷結していた、遊水地や長都沼の水面も開いたとの予測でその様子見に出かけたが
M遊水地
がっちり凍っていたせいか今日も全面氷結で鳥の姿はなし
長都沼
岸辺とその近くは氷結して居ても中央部は広く開いていて、鴨や白鳥などの水鳥で賑やか
ほぼ1週間前と同じような感じ、オオハクチョウは先週よりも多い感じ、鴨の種類も殆ど同じ
沢山の鴨の中にアメリカヒドリを一瞬見つけたがすぐ見失ったので双眼鏡で丹念に探していたら・・・・お気に入りのミコアイサが見つかった。
鴨の中でもミコアイサだけは特別なのでカメラで追いかける。
5倍ぐらいまでトリミング
c0360399_20441246.jpg
c0360399_20442709.jpg
c0360399_20444936.jpg
雌は対岸の氷の上に上がって一休み、ミコアイサ、これまで泳いでいる姿と飛んでいる姿は見たことがあるが陸に上がってお休みしている姿を見たのは初めて。遠くて豆粒なので画像は削除しました2017.12.24






by n_moriya0122 | 2017-12-12 20:54 | 定点観察 | Comments(0)

今日の長都沼

今朝までに一気に20cm以上の積雪で雪かき30分ぐらい。妻の手編みの会への送りなどもあって鳥見に出たのは10時、遠出や悪天候などで長都沼へは4日ぶり
沼は両岸近くは凍った上に雪が積もり水路は少し狭くはなってはいるが未だ十分開水面があるので、白鳥や鴨など4日前とあまり変わりはないが
珍しくマガンの姿があった
c0360399_21300332.jpg
そもそもこの沼に来る雁はヒシクイが多く、マガンは少数だが、雁の殆どは
もう大分前に南に渡っていって、こんなに遅く姿を見せるのは珍しい
c0360399_21352603.jpg
鴨たちはいつもよりちょっと南側にかたまっていて逆光になって
鴨の種類などは見分けにくい。
ミコアイサは・・と探したら鴨の集団からは大分離れた場所に
c0360399_21391619.jpg
c0360399_21392875.jpg
もっと沢山居るはずだが、見つけられたのは2羽ぐらい

沼近くの道路脇の電柱に毎年冬の間姿を見せるノスリ、今年も
少し前から姿を見せるようになったが、車を停めるとすぐに逃げ出し
撮影は出来なかったが、今日は大分手前に車を停めて窓からパチリ
c0360399_21444166.jpg
鳥見に先立って車で漁川沿いを走っていて毎冬姿を見せるオジロワシが今年も
いつものあたりに来ているのを確認したが急いでいたので止まらずに通過。
帰りに寄ってみたが姿は無かった。

 

by n_moriya0122 | 2017-12-05 21:55 | Comments(0)

今日の鳥見は・・・

殆ど成果なし。
久しぶり(多分7ヶ月ぶり)に隣町のヤマセミポイントへ、1時間ほどしてヤマセミの鳴き声がしたがもうすでに機材を車にしまい込んだ後・・・残念
昔なら何時間も待てたのにだんだん根気がなくなってきた。
帰りは少し遠回りをしていつもの沼を覗いて見た
沼の近くで用水水門の上にダイサギ(画像は削除)
水門の番をして居るみたい
沼の水鳥はほぼ昨日同様だが風が強く沼にも波が立っている。特に撮るべきものもないなと思っていると、手前の岸近くにミコアイサを発見あわてて車内からカメラを取り出したりしているうちに・・・どんどん遠ざかって今日もいつもの遠くのミコアイサ
c0360399_23205360.jpg
左の雄をトリミングで拡大
c0360399_23233083.jpg
こっちは右側
c0360399_23240049.jpg
冠毛が多少違うぐらいです

今日は朝のうちは気温は上がって雪も殆ど解けたが、
午後から急激に気温が下がってきた。
札幌など日本海側は明日にかけて風雪が激しくなるらしい。


by n_moriya0122 | 2017-11-29 23:40 | Comments(2)

今日の長都沼 ほか

遊水地
結局きのうの暖気でも殆ど融けず、今朝の冷え込みでまた完全氷結して又鳥は姿を消しました。
長都沼
水面の開いている長都沼は白鳥、鴨の数は増えた。
オオハクチョウは出かける群がいれば戻ってくる群もある
c0360399_21114259.jpg
わずかだがヒシクイのファミリーも散見される
c0360399_21124808.jpg
もう南へ渡ったと思っていたカイツブリが未だ居ました
何に驚いたのか水面を走って飛び出し
c0360399_21144394.jpg
c0360399_21150662.jpg
c0360399_21152803.jpg


ヒドリガモとアメリカヒドリ

千歳川の本流にヒドリガモが沢山来ていたが
c0360399_21164992.jpg
その中にアメリカヒドリが
c0360399_21191685.jpg
生粋のアメリカヒドリは頬のあたりは灰白色(ごま塩状)だがこの個体はちょっと赤みを帯びた白
もしかしてアメリカヒドリとヒドリガモとの交雑種かも知れない
胸から横腹の色はヒドリガモ↓は胸は赤茶だが横腹はグレイ
↑は胸も横腹もほぼ同じ赤茶色でアメリカヒドリの特徴
c0360399_21260297.jpg
雄のアメリカヒドリのそばの雌はアメリカヒドリの雌かな
手元のガイドブックに拠れば「アメリカヒドリの雌はヒドリガモの雌に比べて全身が赤味が強い褐色」とありこの雌はそのように見える
c0360399_21352253.jpg
アメリカヒドリ本来は北米大陸で繁殖するらしいがヒドリガモの群に混じって
日本にもやってくる。このためヒドリガモとの交雑もよく見られるとのこと
18日投稿のアメリカヒドリ(証拠画像)も今日の個体とかなり似ている気がしてきた

↓11月18日投稿の画像を再掲してみました。
c0360399_21350259.jpg




 

by n_moriya0122 | 2017-11-24 22:07 | 定点観察 | Comments(2)

今日のMF ミコアイサ・オジロワシほか

昨日は午前中雪模様で鳥見はお休みしましたが、今朝の冷え込みは-13.3℃と厳冬期並みだったが青空が広がったので真冬の装いでMFの巡回へ
遊水地の水辺は全面氷結でこのところ徐々に増えてきていた水鳥の姿が全く見られなきなっていた。
緩やかながら流れのある長都沼は両岸近くは氷結はしているが中央部分は水路が開いてカモや白鳥の姿があった
いろんなカモの中にミコアイサ、かなり遠くてかろうじての証拠画像
警戒心の強いミコアイサ、100m以上離れているのにこちらの気配を感じたのか逃げ出した
c0360399_21164980.jpg
つられて他の鴨も飛び出し
c0360399_21171060.jpg
等倍切り出しで
c0360399_21180537.jpg
雌かまだ夏毛の雄? パンダ顔の雄の姿を見られるのはもう少し先かな
端正なオナガガモもちらほら姿があります。
c0360399_21282748.jpg
平穏な沼がにわかに騒がしくなった
c0360399_21324890.jpg
騒ぎはオジロワシが水面近くを飛んだ後対岸の木にとまったため

対岸の木の上のオジロ400mmの望遠には遠過ぎなのでCAPRI80EDをセットして
じっくりピントを合わせてパチリ
c0360399_21345891.jpg
c0360399_21351321.jpg
この沼でのオジロワシは今季初撮り昨日から2日続きの真冬日は明日ぐらいまで続きそう





by n_moriya0122 | 2017-11-20 21:41 | 定点観察 | Comments(0)