タグ:カワセミ ( 130 ) タグの人気記事

今日のカワちゃん

今日は曇り空だが気温もほどほどまで上がって暑からず寒からず
最初にタンチョウの探索で時間をかけたのでMKPでの観察は11:15~1時間ぐらい
c0360399_21355805.jpg
40分ぐらい待っていつものあたりにやって来たが、いつもの場所から少し離れた枝
c0360399_21370371.jpg
横のゴミが景色を悪くしていますね
c0360399_21380437.jpg
今日も雄 雌は多分巣穴の中
c0360399_21391943.jpg
ここで5分以上あっちを見たりこっちを見たり
c0360399_21400787.jpg
巣穴の雌に向かって「交代するよ!!」なんて呼びかけて
この後、交代かと期待したのだが・・・交代はなく上流へ飛び去った。
昼も過ぎたので今日の観察は打ち切って撤収




by n_moriya0122 | 2018-05-16 22:01 | 定点観察 | Comments(0)

バン と いつものカワセミほか

今日の鳥見はスタートが遅かったが弁当持参で午後まで
午前中はM湖公園
バン 4月中に来ているのは確認しその後9日前にちらっと姿を見ただけでなかなか出会えなかったが今日は目の前を行ったり来たりでたっぷり姿を見ることが出来た。
c0360399_22011123.jpg
c0360399_22042445.jpg

この2羽はカップルが成立しているので一緒に行動していることが多いが
もう1羽の成鳥が居て↑の2羽に近づくと激しく追い立てられている
c0360399_22045067.jpg
↑はつがいの内の雄かな もう一羽を威嚇して居る

これが孤独な1羽
c0360399_22071808.jpg
c0360399_22101128.jpg

体側の4本の白い斜め線がはっきり
下とは違うがバンの個体差は見分けにくい
c0360399_22112839.jpg
産卵はまだのよう

岸にはムクドリ
c0360399_22130452.jpg
M湖から直接M遊水地や長都沼へ
どちらも鳥の姿は少ないが、沼で意外な鳥に出会った。
今時期にはもう北へ渡り居ないと思っていたオジロワシが2羽水辺のそばに座っていた。あわてて車を停めて降り、カメラをもって姿が見えるところまで戻ったが2羽とも飛び立って写せたのは後ろ姿の証拠画像
c0360399_22183240.jpg
昼過ぎ、地元のMKPへ。昼食の弁当をたべながらカワセミを待つ、20分ぐらいしたら
カワセミが対岸近くの流木に止まった
c0360399_22265424.jpg
     数ショット撮ったぐらいですぐに上流へ飛び去った
 大分たって今度はいつもの場所に近いが別の枝に
c0360399_22295992.jpg
枝かぶりもなくバックもすっきり、いつもここに止まってくれればいいのだが・・・・
c0360399_22293019.jpg
まったりモードのように見えたがすぐにいつもの枝に移動
c0360399_22311662.jpg
こっちの方が落ち着くらしくしばらく止まっていた
c0360399_22325077.jpg
よく見ると止まっている枝に白い線がある
どうも糞の跡らしい
c0360399_22353104.jpg
今日も出会えたのは雄だけ
昼前後は雌が巣穴で雄が外なのかなぁ

昨日よりお昼で7度近く気温が高く、日差しもあるので爽やか気持ちよく鳥見が出来た



by n_moriya0122 | 2018-05-15 22:40 | カワセミ・ヤマセミ | Comments(0)

今日もカワセミ

昨日までとうってかわって気温がぐんぐん上がって、日向でのカワセミ待ちは暑いぐらい
今日のカワセミポイントでの観察は9:00~11:00
一時間以上まっても気配なし これまでの観察場所では手前の枝が邪魔なので、4メートルぐらい下流にずれて低木の隙間からのポジションだと枝がかわせる事が判ったので移動。ただすぐ目の前に枯れた蘆があって風に揺れると視界内にはいるので刈り取りたいのだが身を乗り出すと崖から転落しそうなので自重。高枝ばさみでも持ってこないと無理かな。
10時半を回っていつもの枝に雄のカワセミがとまっているのに気が付いた。
c0360399_18001255.jpg
c0360399_18012152.jpg
枯れた蘆が視野に入り込むとAFが迷ったりでピンがしっかり来るのは何枚かに1枚
c0360399_18035991.jpg
ここに10分くらい止まった後に崖の巣穴方向に飛びだした。
この雄に気を取られていてこの間に雌が巣から出たと思うのだが気が付かなかった。

明日は雨の予報で気温も今日より10゚C近く下がりそう。鳥見はお休みかも






by n_moriya0122 | 2018-05-12 21:10 | Comments(0)

今日のカワセミ(5/11)

今日の観察はほぼ昨日と同じ9:30~11:35
9時50分頃に 小魚をくわえて雄が来ました
c0360399_17533099.jpg
いつもの枝から1mぐらい離れた枝です
c0360399_17541645.jpg
時間的に半逆光のTOPライトなので顔の向きによっては陰でつぶれてしまいます。
c0360399_17553711.jpg
ゴミがひっっかったりして景色は良くないですがAFを邪魔するものがないので撮しやすいです。
c0360399_17583097.jpg
1分ぐらいの滞在で下流へ

↓の白丸のなかに居ますがすぐにいなくなりました
530mmのノントリだと豆粒ですが、肉眼ではよくわかりません
c0360399_22104200.jpg
5分ぐらいしたら又姿を見せましたがいつもの枝かぶりの場所
c0360399_18012430.jpg
c0360399_18013926.jpg
ここも1分ぐらいいて又上流へ
その後目の前を往復する姿が見られましたが止まることもなく
抱卵の交代らしき場面も無しでした。





by n_moriya0122 | 2018-05-11 22:12 | カワセミ・ヤマセミ | Comments(0)

今日のカワセミ


2日ぶり、いつものカワセミポイントへ行ってみました。
2時間近く待ってようやく雄が
c0360399_21162581.jpg
今日も手前の小枝が邪魔でフォーカスがなかなか合いません
ようやくピンが来たが
c0360399_21192951.jpg
次の瞬間、飛びだして巣穴に入ったようだ。
すぐに出てくるかと注視ししていたら、今度は雌が
c0360399_21222220.jpg
c0360399_21234908.jpg
これもなかなかピンが来ないので苦労しているとすぐに飛び去ってしまいました。

雄の姿を見てから雌が飛び去るまでの時間はわずか1分
この間に抱卵の交代があったのではないかと思います

それにしてもこの手前の枝なんとかならないものか

ところで、キセキレイは今日もいつもの流木に姿を見せました
c0360399_22181852.jpg
c0360399_22182924.jpg
カワセミもこの流木に来てくれればすっきり撮せるのにね



by n_moriya0122 | 2018-05-10 21:45 | カワセミ・ヤマセミ | Comments(0)

今日のカワセミ 4日ぶりのMKP

ぱっとしない天気で気温も上がらないが、MKP(マイカワセミポイント)も気になるので4日ぶりに約2時間ほどの観察
20分ほどして巣穴の近くの水際のいつもの低木に
c0360399_21394338.jpg
この枝だと手前の小枝がどうやってもかわせません
c0360399_21405511.jpg
数分後には姿を消しますが20分もすると再び戻ってきます。
しかし止まるのはいつもこの場所で同じような枝かぶりばかり
飛び去ったあと大分遠くのこんな場所にも止まっていました
c0360399_21463746.jpg
c0360399_21465572.jpg
ここに止まる回数が多いようなら待ち受ける場所を100mぐらいずらす必要があるのですが
どちらも2時間の観察中に1回のみで短時間なので今のところ変える必要は無さそう
最後になってようやく枝がかぶらない所に止まってくれました。
c0360399_21502526.jpg
c0360399_21513746.jpg
やって来たのはすべて雄のように見える。雌はもう巣の中で抱卵中?
だとすると抱卵の交代がありそうなものだがそのような気配は無かった。

カワセミが居ない間、目の前の流木でいつものキセキレイ
c0360399_23223322.jpg




by n_moriya0122 | 2018-05-08 21:58 | 定点観察 | Comments(0)

今日のカワセミ すれ違い

予報では余りいい天気ではなかったが、朝ちょっとの間日も射したりで雨名当面大丈夫そうなので2日ぶり、いつものポイントでカワセミまち
20分ぐらいして、巣穴あたりから1羽のカワセミが下流側へ飛んでいったあとすぐに別の1羽らしきカワセミがいつもの枝に
c0360399_21344770.jpg
小魚をくわえていますがその向きに注意。雌に求愛給餌のつもりらしいですが雌の姿が有りません。さっき飛び去ったのが雌らしいですね
c0360399_21375023.jpg
少し待っていたが、くわえたまま上流に飛んでいきました。
数分して又同じあたりに
c0360399_21390741.jpg
どうも、雌にあえずに自分で飲み込んでまた戻ってきたようです
c0360399_21401595.jpg
しばらくして又姿が無くなっと思ったらすぐそばで木の陰に止まっています
c0360399_21421770.jpg
ここだとすっきり撮すことは出来ませんが、またさっきのあたりに
c0360399_21432631.jpg
雌はなかなか戻ってきませんね。
間もなく今度は下流方向へ飛んでいきました。
1時間以上観察してそこそこ撮せたのでブラインドを畳んだりして撤収準備をしていると
下流から2羽のカワセミが鬼ごっこでもするようにしながら上流へ
産卵も近い感じですね。

先だってMFの遊水地を一回りしたが目当ての鳥の姿はなし







by n_moriya0122 | 2018-05-04 22:00 | カワセミ・ヤマセミ | Comments(0)

今日のカワセミ

しばらく続いた初夏のような陽気も一転、今日は曇天で気温も上がらず肌寒い一日でした
午前中遊水地と長都沼を覗いた後、一旦帰宅しライトダウンのベストを上に羽織ったあとMKPへ
20分ぐらい待って昨日と同じあたりに雄のカワセミがやってきた。
c0360399_17315411.jpg
巣穴は完成して余裕が出来たのかこの位置でまったりモード
c0360399_17335392.jpg
見上げるあたりに巣穴があるのかも
c0360399_17343442.jpg
動きがないので油断していたら飛び出して対岸の枝に
c0360399_17363315.jpg
その後、上流に飛び去った。
雌は巣穴のあたりから下流に飛んでいったきりだった。

カワちゃんが姿を見せる前に目の前でお尻フリフリのダンスを見せてくれたいつものキセキレイ
c0360399_17403409.jpg
c0360399_17405348.jpg



by n_moriya0122 | 2018-05-02 21:30 | Comments(0)

札幌の公園の桜 と 地元のカワセミ

桜の開花が恵庭よりも数日早い札幌は今日あたりが見頃の終わり頃。平日とはいえ混雑しそうな名所と言われる場所は避けて
まずは旭山記念公園
c0360399_21075105.jpg
桜はエゾヤマザクラと八重桜で開花状況が木によってまちまちで、
満開のものがあれば散り始めて葉っぱが目立ってきたもの、まだつぼみのもの
見晴らしの良さが売りの公園だがPM2.5のせいで札幌の町並みはぼんやりとかすんでいて残念でした。
c0360399_21184291.jpg
この木が一番の見頃の木で蜜をもとめて鳥の姿があったが鳥はヒヨドリだったのでボツ

次は冬から早春にかけて何度か鳥見に訪れた真駒内公園
c0360399_21303036.jpg
c0360399_21305758.jpg
c0360399_21312737.jpg
屋台とか花見の宴会などもなく、散策しながらの花見で気分爽快
ついでに鳥見もと欲張ったがそっちは空振り
車で街中を走っていると意外な場所に綺麗な桜並木があったり、学校の校庭は何処にも桜が植えられていたりで結構あちこちでハッとするような風景が楽しめた。
昼過ぎに帰宅、遅めの昼食をとって一休みした後に買い物と、地元の桜並木の様子見、MKP(マイ・カワセミポイント)の様子見に出かけた
恵庭の桜はあと2・3日で満開といった感じだが天気が・・・・

MKPでは
カワセミはカップル成立し巣穴掘りが始まったようで
川に突き出した枝に雄雌が代わる代わるやって来た
c0360399_21585051.jpg
c0360399_21590696.jpg
c0360399_21591946.jpg
こっちだと枝かぶりがないがちょっと遠い
c0360399_22021147.jpg
子育てが終わる6月末ぐらいまでここでの定点観察が始まる





by n_moriya0122 | 2018-05-01 22:06 | カワセミ・ヤマセミ | Comments(2)

越冬カワセミほか

北海道では夏鳥で今時期は本州や東南アジアへ渡っているはずのカワセミ
今日、地元の池で見ることが出来ました。当地で越冬しているようです。
c0360399_22244590.jpg
c0360399_21201826.jpg
込み入った枝がうるさいですが、姿を見られただけでも感謝しなくては

すぐに飛びだして行方不明になってしまいました。

寒さの厳しい北海道では表面が氷結する沼や川が多いため殆どのカワセミは秋には南に渡ってしまうのですが、川から水が多く流入するこの池や湧き水などで氷結しない小川などでは
渡ることなく冬を越す越冬カワセミの存在が確認されていますが、それに出会うことは極めて稀なことです。

今日は妻の送迎の間のわずかの時間に近くの公園での鳥見
池には、マガモ、カルガモが多数、ヒドリガモとコガモがそこそこ、オナガガモが数羽といったところで特別珍しい鴨は居ません。

通年ここにいるマガモやカルガモはパスして、秋から春までの季節限定のコガモをパチリ
c0360399_21453907.jpg
c0360399_21432165.jpg
沼は半分ぐらい氷結していますが、今朝の暖気で融けかかっています

スマートなオナガガモ これも夏には北に渡ってしまいます
c0360399_21485290.jpg
ヒドリガモが飛び出し
c0360399_22105287.jpg

ダイサギ
c0360399_22114099.jpg
c0360399_22120790.jpg
餌探しではなく毛繕い
こんなサギの様子を狙っていたらその近くにやって来た青いポチが頭書の越冬カワセミです。










by n_moriya0122 | 2018-01-15 22:19 | Comments(0)