人気ブログランキング |

地元のカワセミ と その後のチビちゃんのその後

今日は朝のうち地元の川でカワセミ待ち 空振り続きで足が遠のいていたので10日ぶりです。10日も行っていなかったら雑草も伸びてきて待ち受け場所の回りの草刈りをしながらカワセミを待ちます。弱く「チー」と啼く声が聞こえたので立ち上がってのぞき込むと流木にカワセミの黒っぽい巣立ちビナが1羽
c0360399_19560711.jpg
間に河畔林があっってよく見えないので少し横にずれます。あらかじめ回りのクマザサなんかを刈って待ち受け場所のスペースを広げていたので横に動けて良かった。
c0360399_19593193.jpg
じっとしていたチビちゃんに動きが
c0360399_19595095.jpg
飛びだして右下にある別の枝に移動しました。元居た近くに別の幼鳥が飛んできたせいです。
c0360399_20011322.jpg
もう1羽飛んできたのですがそれはこの流木には留まらずに
対岸から突き出た枯れ木の枝に留まりました。
c0360399_20024002.jpg
成鳥なので雛たちの父親のようです
どうもこの場所ゴミが引っかかって景色が良くないです
c0360399_20051290.jpg
給餌する魚は持っていないので魚を探しにすぐに上流(右側)に飛んでいきました。
後から飛んできた雛の方をアップで
c0360399_20072704.jpg
右下に飛び退いていた雛が元のあたりに戻ってきて2羽並び
c0360399_20085307.jpg
この後親が餌を持って来て近くに留まったようですが待ち受け場所からは見えません
待っていた2羽の雛達は親の方に向かって甘えたような鳴き声を上げて待って居たのですが、左上の雛の方が親の元へ餌を貰いに飛んでいって、はじめから居た右下の雛は出し抜かれたようです。

胸のあたりは黒ずみが目立ちますが背中側は、綺麗な翡翠色
c0360399_20094373.jpg
子育てでくたびれた感じの成鳥よりも綺麗かも、この雛も間もなく飛び去ったので早々に撤収、1時間ほどで沢山の撮影ができたので今日はこれで十分

次は昨日から気になっているバンの幼鳥の数を確認のために江別の公園へ

土曜日のせいかカメラマンが沢山居ます。多くは沼ではなく芝生の方に向かってカメラを構えています。その先には
c0360399_20185604.jpg
マガモの10羽のチビちゃんと母親
大きく撮すと80点の可愛さだが
c0360399_20205650.jpg
野の花の間にはいると+10点
c0360399_20225917.jpg
おっっと、今日はマガモを撮りに来たんじゃなかった
まずは、バンの雛の数を確かめないと・・・
c0360399_20262374.jpg
ようやく対岸近く親の傍に1羽見つけた
更に探すと別の親の近くに3羽とその奥の茂みに1羽
合計5羽です。
常連で先客のCMさん達に数をきくと今日はやはり5羽しか見ないとのこと
昨日より減っていないのでほっとして次は問題のマガモ母子
母1人、子1人のマガモの親子 見つけました
c0360399_20332822.jpg
元気に泳いでいたので思わずホッ
可愛さは100点
c0360399_20343599.jpg
この母子、離れずに行動しているのでカラスにやられる心配は少ないか

ついでにカイツブリの餌渡しもパチリ
c0360399_20424649.jpg









# by n_moriya0122 | 2019-06-29 21:15 | Comments(0)

その後のチビちゃん達

カイツブリなどの水鳥の雛たちその可愛い姿を又見たくなって、今日はあのいつもの沼へ

カイツブリは 孵化からもう1月近くたっています。
1週間ほど前には5羽のうち1羽は親にべったりだったが、今日は5羽とも親から離れ行動していました。
c0360399_23010511.jpg
この3羽は仲良しでいつも一緒といった感じ
他に離れて2羽、うち1羽はまだ親から遠く離れることはありません。前回親から離れなかった末っ子かな。
c0360399_23045780.jpg
身体は大分大きくなっては来てもまだまだあどけなく可愛さ十分です。
c0360399_23052125.jpg
バンのチビ達
バンの親子はなかなか警戒心が強く、対岸の岸辺の茂みなどを動いているのでなかなか姿を見ることが出来ません。1週間ぐらい前には巣立っているらしいのですがその姿を見たのは今日初めてです。(別のポイントでは1月以上前に親の後をぞろぞろ着いていく姿は見ている)
c0360399_23104630.jpg
父母2羽がそれぞれ1羽と3羽の雛をつれているのは確認できたが併せて4羽にしかならない。情報では昨日午後段階で6羽の雛が居たということだが2羽足りない。どういう事が起こったのか心配
c0360399_23152091.jpg
c0360399_23154071.jpg
同じ1番子でも成長に大分差があるみたいだ。
前回(6/20)初めてみたマガモの親子
母親(右)の傍にチビ達が団子になってお昼寝中
c0360399_23215808.jpg
1週間経って顔つきも大人っぽくなっている
c0360399_23174576.jpg
早起きした1羽 冒険心が強いのかカメラを構えている私の方にどんどん近づいてきます。慌てて母親が迎えに来て一緒に戻っていきました
c0360399_23190668.jpg
不思議なことが1つ
上の母子とは少し離れたところに別の母子が居ましたが
どう探してみても母ひとり子ひとりで雛は小さく未だ巣だって間もない感じ
c0360399_23233706.jpg
小さく可愛いですが活発です
c0360399_23262321.jpg
c0360399_23271014.jpg
この可愛い姿が見たかったのです。
比較のために上の大家族のチビちゃん
c0360399_23283725.jpg
小さかった嘴も大分伸びています。1週間前には上のチビちゃんのように可愛かったのに・・・。可愛さは勝手な採点で20点ぐらい下がっています。

昨日の公園のカワセミ空振りだったので今日も午後から再挑戦しましたが
2時間ほどウトウトしながら待っても姿を見せず。今日も空振り









# by n_moriya0122 | 2019-06-28 23:40 | Comments(2)

アカゲラの巣立ちビナ

今日訪れた公園の片隅の木にアカゲラが営巣し、巣立ちが近いらしいというので注目していると
1羽の雛が顔を出してキョロキョロ
c0360399_22045852.jpg
c0360399_22060666.jpg
c0360399_22064782.jpg
だんだん身を乗り出してきたので、間もなく巣立ちかとその瞬間を待ちます
c0360399_22062238.jpg
c0360399_22074111.jpg
親がやって来て同じ木に止まったのでまずは親にカメラを向けてパチリ・・
c0360399_22080588.jpg
次の瞬間、雛は巣穴から飛び出していてその瞬間は撮れませんでした。
他に何人かのカメラマンが居ましたが皆、親に気を取られ雛の飛び出しは撮れなかったようです。
親はそれを追いかけていって奥の木のあたりで餌を渡したようです
餌をもらった雛は巣から10mほど離れた白樺の幹に張りついて居ました。
巣だっては見たものの次はどうしたものか悩んでいる感じ
c0360399_22141757.jpg
再び巣穴の方を見ると、別の雛が顔を出し先に飛びだした雛と同じようにキョロキョロ
同じような画像ばかりなので<中略>
また親がやって来ましたが今度は巣立ちではなく餌渡し
c0360399_22180984.jpg
餌は虫ではなく小さな木の実のようです
c0360399_22191180.jpg
親が去っても巣穴から少し顔を出していますが大きく身を乗り出す感じがないので
すぐに巣立つことは無さそうと判断し現場を離れました。・・とはいえ今夕から明朝ぐらいには残りの雛も巣立ってしまうのではないかと思います。






# by n_moriya0122 | 2019-06-27 22:38 | 小鳥 | Comments(0)

ノビタキ ほか

ヤマセミも気になるが、今日は札幌方面は暑くなりそうなので涼しい太平洋側へ
まず、アオバトの偵察 港に車を停めてアオバトが来るかも知れない防波堤方面を観察していると背後の茂みの向こうにノビタキの雌
普段、草原の鳥に会えるようなフィールドに行くことが少ないので久しぶりのノビタキです。
c0360399_18245548.jpg
c0360399_18251626.jpg
c0360399_18252986.jpg
ノビタキの雌なんてこれまで撮った記憶がないのでこれがノビタキ雌だとは
はじめは判らなかったのだが、この雌の回りをノビタキの雄がウロウロ
c0360399_18274523.jpg
ガングロの顔に黒い目なので目が出にくい鳥です。
光線はトップライトの青空抜け条件は厳しいです。
c0360399_18303722.jpg
注意してみると何とか目が判りますね
c0360399_18315945.jpg
ようやく目にキャッチが入った
c0360399_18322413.jpg
c0360399_18373411.jpg
アオバトは全く気配なし、ここ数年ここでアオバトには出会えていない
やっぱり、日本海側しかないか
次の目当てはカササギだが・・・
c0360399_20302614.jpg
これもノビタキ同様目が出ませんね
c0360399_20281338.jpg
なかなか出会えず、ようやく見つけても近づこうとするとすぐに逃げられ撃沈
最後は、クマゲラの雛が既に巣だったのを確認したので閲覧制限をかけていたクマゲラ画像の制限ようやく解除できる。










# by n_moriya0122 | 2019-06-26 22:01 | Comments(1)

カワセミの巣立ちビナ

昨日お休みで会えなかった公園のカワセミ
どうやら昨日と今日で2羽の雛が巣だったようです。
c0360399_20464302.jpg
c0360399_20470907.jpg
成鳥より少し黒ずんでいるとか尻尾がチョット短いぐらいで、他の鳥の雛のように嘴が黄色いとか身体が小さくて可愛いとか・・はないですね。
c0360399_20513903.jpg
近くに来てくれたのは最初の内だけその後は池の向こう岸に移動
2羽の雛が近くに止まった
c0360399_20544794.jpg
石塔の天辺には父親 足下に雛が
c0360399_20571388.jpg
右側の雛が左の父親から給餌を受けたのですがその瞬間は撮れませんでした
c0360399_20591618.jpg
これ以上豆粒画像を撮っても意味がないので場所を変えてヤマセミ待ちをするも
付近でカラスの幼鳥2,3羽が居座り親ガラスがひっきりなしにやってくるのでヤマセミはやってきません。カラスも早くどっかに行ってくれ。
カワセミの母親はカラスに襲われて命を落とし、父親がひとりで子育てをがんばっているとのこと自然の摂理とはいえカラスに石をぶっつけたくなりますね。



# by n_moriya0122 | 2019-06-25 21:44 | カワセミ・ヤマセミ | Comments(5)

オシドリ親子は何処に

昨日会えなかったヤマセミに会いたくて札幌の2つの公園へ
1つ目は月曜日は閉園(知らなかった)、2つ目の公園でも出会えず、ヤマセミはあきらめて
オシドリの様子見に
最初の池に前回沢山居た雄の姿が有りません。かろうじて
エスクリプスらしき1羽とまだ若そうな雌が1羽いるだけ、近すぎてピントが・・・
c0360399_21530404.jpg
c0360399_21535131.jpg
前回、オシドリの親子が居たあたりに行くと
あれぇ、オシドリが居ません。隣の池や岸辺の茂み、傍の用水路などを探すも
鴨類の姿はなく深閑としています。子の数が減っているのは覚悟していましたが、子だけでなく親も居ないのは想像していませんでした。多分親が先導して別の水辺に移動したのだろうとあきらめて帰りかけると
c0360399_21582550.jpg
チビちゃんがたった1羽で泳いでいるのを見つけました。大きさからして巣立ちからさほど経っていない感じ
c0360399_22033471.jpg
母親が近くに居ないか探してもそれらしい気配もなし。カラスや蛇、狐など天敵の多いこの場所でひとりで生きていけるのか非常に心配
池の周りなどさらに探していると・・・今度はマガモの親子が暗がりから出てきました
c0360399_22081550.jpg
子の数が5羽大分大きくなって親より一回り小さいぐらい。ここまで大きくなればカラスに襲われる心配も無さそうですが此処までの生存率は多分5割ぐらいかも
前回(6/9)会ったオシドリの子も、これに近いぐらい大きくなっているはずなのだが
さっきの1羽は小さすぎ
帰り、杉林の中にエゾリス発見
c0360399_22142789.jpg
冬毛の姿とは随分違ってホッソリというか貧弱
c0360399_22140712.jpg
耳毛も無くなると可愛さも半減かな









# by n_moriya0122 | 2019-06-24 22:31 | 水鳥 | Comments(0)