吼えるオジロワシ

夕べからの雪は20cm近く積もり湿って重い雪、午前中は雪かきで鳥見はお休み
予想していたのでブログネタは昨日のオジロワシです

沼へ行く途中ちょっと遠回りをして「新オジロの木」傍を通ると
c0360399_13391861.jpg

1羽止まっています。車を横道に駐めてカメラを持って近づく
c0360399_13403966.jpg

こっち向きなら枝が邪魔にならず写せるが、向こう向き
正面側に回り込んで枝を交わすポイントを探す
c0360399_13431297.jpg

今日はほぼ全身きれいに写せる
c0360399_13432189.jpg
c0360399_13433086.jpg

突然、けたたましい声で鳴きだした
c0360399_13434270.jpg
ペレットあたりでのど詰まり? 苦しんでいるようにも見えたが
c0360399_13435232.jpg
それをはき出す様子もない
c0360399_1344193.jpg
何かに向かって威嚇している様子もない
c0360399_1344994.jpg
あとは静かに。飛び出しを待っている暇もないので次の目的地長都沼へ向かった。
# by n_moriya0122 | 2016-02-21 13:54 | 猛禽 | Comments(0)

今日の長都沼界隈2.20

薄曇りで光線状態も悪くないので、遠くのタゲリでもそこそこの画像が撮れるかも知れないとMFの長都沼へ向かった。’(途中で地元のオジロに会えたがそれは明日にでもUPします)

気温も上がってきているので沼は水路も大分広く開いているが、タゲリの姿はない
オオハクチョウもほとんどいない。
対岸に2羽のヒシクイ(オオヒシクイ)とオオハクチョウ(多分幼鳥)1羽
c0360399_13211419.jpg

ヒシクイの北帰行には未だ早すぎ。多分、初冬に何かの事情で南に渡れずこのあたりで冬越しをしているものらしい。同じ事情の3羽が種を超えて助け合っているのかも。
c0360399_13253412.jpg
c0360399_13254720.jpg


ダイサギが群れている。目視で数えたら20羽。望遠では5羽ぐらいしか入らないので標準ズーム(14-42)のEP-3で
c0360399_13271515.jpg
これでも全部入れるのは無理
100-300mmのGX7で
c0360399_13325351.jpg

後は普通に400mm/7Dで適当にトリミング
c0360399_1334586.jpg

c0360399_13315683.jpg

普段は群れないダイサギだが渡りの時期が近づくと群れになるようだが、これほど数の多い群れは初めて見た

オオハクチョウの鳴き声が背後の畑の方から聞こえてくる。除雪されていない農道もこのところの陽気で車が入れそうなので行ってみると・・・
(100-300mmのGX7で)
c0360399_13385844.jpg
300羽ぐらいは居そう
普通に400mm/7Dで適当にトリミング
c0360399_13402095.jpg

目当てのタゲリはどこでも見あたらず。
# by n_moriya0122 | 2016-02-20 16:30 | 定点観察 | Comments(3)

タゲリ、やっぱり今日も証拠画像

気温はぐんと上がったがどんよりとした天気
昼過ぎ、雲が薄くなって明るくなってきたので沼へ向かったが・・・空は再びどんよりと
沼は・・・鳥が居ません。
ポツンとタゲリが昨日のあたりに
c0360399_17402162.jpg

640mmをもってしてもやはり豆粒、この空模様では色も出ません
c0360399_17423310.jpg

c0360399_17425078.jpg

動きが無くお昼寝モードのようだ
ダイサギも居たが、今日は無視しました
# by n_moriya0122 | 2016-02-19 17:43 | 小鳥

タゲリ(証拠画像)ほか

3日ぶりに長都沼へ
途中の長都大橋付近の千歳川本流に、オオハクチョウが沢山いるので、沼の方には居ないかなと思ったら、やはり予想通り数カ所に10羽前後のファミリーが居るぐらいで閑散としている。
水路脇の雪の上にたたずむ1羽の鳥。この大きさの鳥でこの距離では一寸つらい
c0360399_20451911.jpg
特徴的なこの頭はタゲリ
去年も今時期姿を見せたが、今年もやってきたようだ

c0360399_20471260.jpg
対岸でなく手前の岸に来てくれれば・・・との期待に反し逆に遠ざかり、飛んでいってしまった
c0360399_20484156.jpg


かわりにやってきたダイサギ このところサギばかり撮っている感じなので
レンズは向けずにいたら
c0360399_20512319.jpg
こんな動きをされたらとらないわけにいかないよ
c0360399_2052929.jpg

c0360399_20522980.jpg

そもそも、ダイサギってガイドブックに依れば北海道では旅鳥で春秋見られ、冬と夏には居ないはずなのだが、このあたりの水辺では真冬でも普通に姿が見られる。

珍しいのは、冬には見られないアオサギが沼に1羽だけ残っていること
今日は上流の用水のあたりにいた。
c0360399_20582623.jpg

c0360399_20584193.jpg

# by n_moriya0122 | 2016-02-18 21:01 | 定点観察 | Comments(2)

また、サギにあいました

ニュースで、高齢者がサギにあうことが多く。なかには何度もあってる場合も多いとか
自分の事か?


今日の鳥見はM川
ダイサギは車を止めた傍にいてすぐに飛んでいってしまった。
c0360399_20143941.jpg

上流のいつもの待ち場所へいっても、ダイサギは来ていない。カワアイサも居ない。マガモは沢山居るが撮る気にはならず。上空を陸自のヘリが通過
c0360399_20132151.jpg

早々に切り上げて、町中の公園へ
池は以前はほとんどカルガモ一色だったのだが、ヒドリガモが多くなっている
c0360399_2017432.jpg

コガモも久しぶり
c0360399_20192665.jpg
コガモは3羽ぐらいしかいないので寂しそう ヒドリガモから離れひとりトボトボと
c0360399_20194724.jpg

このところ寒気がゆるんできて池の開水面が広がったので越冬カワセミでも来てくれないかと木陰で待っていると
c0360399_2023745.jpg

ダイサギが舞い降りた。
c0360399_20242872.jpg

「また、サギにあってしまったか」 
c0360399_20254150.jpg

しかし、サギに限らず鳥って首が考えられないぐらいの角度回ったり、感心するね
この公園のダイサギも人慣れしてかなり近くまで寄れる。

# by n_moriya0122 | 2016-02-17 20:27 | Comments(4)

海ガモほか

このところの鳥見、行くところが近場ばかりで撮れる鳥も同じようなものでマンネリ気味なので久しぶりに海辺の町へ海ガモ(出来ればクロガモに合いたいなぁ)でもと出かけた
まず漁港で スズガモ♀
c0360399_20395934.jpg

数は少ないが♂も
c0360399_20415974.jpg

三角おにぎりのような頭はホオジロガモ♂
c0360399_20431024.jpg

♀は見かけない。
シノリガモは集団行動
c0360399_20442589.jpg

♀は一寸地味。雌雄一緒にいると間違えずに済む
c0360399_20462353.jpg

結局きょうもクロガモの姿はなかった。今年は出会えずに終わってしまうかも
先日TVで増えすぎで問題になっているカワウが1羽
c0360399_2057812.jpg


ついでに寄った研究林
c0360399_2048327.jpg
c0360399_20481696.jpg


池に珍しく1羽だけだがオオハクチョウがいて、マガモの間で大きな顔をしている
c0360399_20511943.jpg

漁港には♂しか居なかったホオジロガモ、ここの池には♀だけ
c0360399_20584089.jpg

ここの鷺も木陰などから近づくとかなり近くまで逃げずに居てくれる
c0360399_20524313.jpg
この鷺、ダイサギにしたらかなり小さいが嘴や足の色などはコサギとは明らかに違う
上流側にいた鷺は普通にダイサギ
c0360399_2056863.jpg

# by n_moriya0122 | 2016-02-16 21:20 | 水鳥 | Comments(2)