カテゴリ:猛禽( 61 )

新顔のオジロワシ

地元のオジロワシ、今日はいつものあたりに姿がないので下流の方まで探しに行くと
1km以上行ったあたりに
c0360399_22164126.jpg
この木にとまったのを見るのは初めてです。
どうも昨日撮ったものと同じ成鳥Bのように見えます
↓は昨日の画像をトリミングしたもの
c0360399_22183848.jpg
ちょっと気をた抜いた隙に飛びだし、下流へ飛んで行ったが300mぐらい先の木に
とまったので追いかけて行くとこの木は農家の敷地の私有林、下で犬がが吼えているが気にしていない様子
c0360399_22215199.jpg
地元の鳥友の情報ではこの川筋に今年は8羽来ているというので
動きのないこのオジロをおいてさらに下流へ向かう。
道路が川から大分離れたあたりで河畔林2箇所に各1羽止まっているのが見えたが遠過ぎで撮影はあきらめさらに下流へ。
川から結構離れたところで道路脇の木の上にさらに1羽、これは近すぎるので車から降りずに車内から
c0360399_22292011.jpg
この個体、目のあたりが過眼線の様な黒っぽい線があって個性的な顔
これまで撮ったことのない新顔だ。
今日は4羽のオジロを目撃したことになる

今日は全道的に天気が良く気温も上がったので
石狩の漁港で冬ガモを順光で撮ろうと行ったものの・・カモメ以外の鳥は居ません。

帰り道に遠回りして森林公園へ、シマエナガとかを期待したがやって来たのは
いつものヤマゲラとハシブトガラぐらい
c0360399_22442208.jpg
ありふれたカラだが顔が可愛いのでつい撮ってしまう
c0360399_22455069.jpg
「ヤマちゃんばかり撮らないで私も撮って」とハシブトガラも近くに
c0360399_22470301.jpg
帰り道あちこちナナカマドの並木の所を注視しながら通ったが
レンジャクはおろかツグミも数カ所で1、2羽で止まっているのを見ただけだった。
途中のGSの多くでレギュラーガソリンが143円/Lと先週より一気に5円ぐらい上がっていた。こんな時に往復100kmぐらい無駄なドライブをしてしまった。


by n_moriya0122 | 2018-01-17 23:01 | 猛禽 | Comments(0)

オジロワシ

今日の鳥見は千歳方面へ 途中いつものオジロの木の所を通ると1羽
このところこの木で見かけることは少なく、下流側に探しに行って見かけても遠くて撮影をあきらめたりで撮影は久しぶりだ
c0360399_18450013.jpg
今年は、すっきり写せるポジションを探しているうちに飛び去ったりでなかなかゆっくり写せない事が多いので、近づく前に離れた位置からまず1枚、次に近づいて顔が見えたので
1枚
c0360399_18483414.jpg
次は
c0360399_18503190.jpg
全身が見える場所で正面顔も
c0360399_18512964.jpg
この顔、前回まで良く撮っていた顔となんか感じが違う
今年から姿を見せているNo3かな
一通り撮影したところで飛び出して上流へ
今年のオジロは昨年までと行動パターンが大分違う感じ

この後、MFの沼を覗いて隣町のヤマセミポイントへ
ヤマセミは上流側で鳴き声が聞こえたが姿は見られず1時間ぐらいで撤収

帰り千歳川沿いの対岸の木にオジロワシ

車を安全な場所に止めて車をおり近づいてパチリ
c0360399_18581095.jpg
もう少し近寄って写そうかと思ったら飛び出して下流の少し離れた場所に
手前の細かい枝がどうやってもかわせず
c0360399_19025067.jpg
あきらめて撤収

今朝はかなり冷え込んだが日が高くなってからは日差しも強く気温も上がって
真冬日は脱出、気持ちよく鳥見は出来たが・・・肝心の鳥の姿が・・・・







by n_moriya0122 | 2017-12-21 19:07 | 猛禽 | Comments(2)

オオワシ

しばらく会っていないオオワシ・オジロワシに会いたくなったので今日は日高方面へ
オオワシポイント付近の橋の上から上流側遠くの河川敷にオジロらしき1羽が見えたが遠過ぎ
前回オオワシが止まっていた木のあたりまで来たが姿がない付近を行ったり来たりして前回とは少し離れたあたりでようやく見つけたが・・・400mmの望遠ではちょっと遠過ぎ
ここはやはりcapri80の出番、

等倍切りだし(約5倍)までトリミングして
c0360399_23054846.jpg
ちょっとすごみが有りますね。
c0360399_23063654.jpg
動きもないし他のオオワシの姿も見えないので撤収して
隣町へ移動しそっちのポイントで探したが2羽以上の存在は確認できたが
遠すぎて近寄るすべも無く短時間で撤収
漁港にも寄ってみた。遠くにスズガモやホシハジロの姿は有ったが
遠過ぎと逆光で撮影はあきらめた。昼食休憩後再びさっきのポイントへ
今度は午前より少し近い崖のところに成鳥2羽と若鳥1羽が止まっているのが見えた

3倍画像は削除2017.12.24

約5倍までトリミングすると顔の表情がよくわかります
c0360399_23164950.jpg
この個体に限らず、正面顔のオオワシは・○△*×・・
c0360399_23181455.jpg
上の個体から少し離れた同じがけの上に成鳥がもう1羽。3倍画像は削除2017.12.24
約5倍のトリミング画像、これはちょっとすごみのある顔
c0360399_23234508.jpg
c0360399_23252845.jpg
この2羽から少し離れた木にもオオワシの幼鳥
3倍画像は削除し5倍画像のみ2017.12.24
c0360399_23293247.jpg

さらに近づいて見たがこれ以上近づくと小枝がかぶってしまうのでこれが限界
c0360399_23300810.jpg
今日は止まったままで飛び出しもなく
空中の画像は撮れなかった



by n_moriya0122 | 2017-12-04 23:38 | 猛禽 | Comments(4)

エゾフクロウ

今日は冬型の気圧配置も崩れて、気温は上がってきたが、どんよりとした空から小雪が落ちてくるので鳥見はあきらめ、庭の整理や買い物など
アップする画像はこんな天気を見越して残しておいた昨日の研究林のエゾフクロウ
1羽洞の縁に止まって姿は見えますが・・・お休みモードでなかなか目を開けてくれません
時々薄目をあけるのでそれを待ってパチリ
c0360399_17263481.jpg
正面向きに戻っても目は薄目のまま
c0360399_17265660.jpg
一瞬下をのぞき込むようなポーズだが目は半開きのままのようだ
c0360399_18091587.jpg
動きが出るのを待ってジーッとして居ると、体の芯まで冷えてくる
1時間ぐらいで我慢しきれず撤収。
もったいぶって出すほどの画像ではなかったですね。

途中の池には今回もホオジロガモの雌
c0360399_17312181.jpg
漁港では雄が3羽と雌が一羽はまとまって行動していた
c0360399_17321887.jpg
雄のほうは名前の通り頬が白いくて可愛いが上の雌の方が目つきが悪いですね。
ホオジロガモも、キンクロハジロ同様に淡水、海水両方OKのようです。





by n_moriya0122 | 2017-12-03 17:35 | 猛禽 | Comments(2)

オオワシ オジロワシ

氷点下まで冷え込んですっかり冬のような気温、日本海側では雪もふっているが
太平洋側は晴れているのでオオワシに会いに日高方面へ
前回と同じポイントへ着くとやはり崖の上の木に白黒のポチ
オオワシの成鳥です。飛ばれる前に400mmの一眼レフで証拠画像確保
c0360399_20493277.jpg
この距離ではやはり豆粒だ。前回は5,6羽は居たのだが今日は1羽だけとは少ないなぁ・・・

なんて言ってると上空にオオワシが飛来
c0360399_20522089.jpg
どうやらそばの川の方に降りたようだ
河畔林や、高くのびたススキの隙間から覗くと意外に近くに
ススキや河畔林があるので相手はこちらの存在には気が付いていないので
capri80EDをセットしてじっくりとピントを合わせる
c0360399_20533503.jpg
どうやってもススキが写り込むが何とかオオワシは綺麗に写せた
c0360399_20564488.jpg
capri80EDは等倍ぐらいまでトリミングしてもほどほどの解像が得られる

さっきの崖の方に戻ってみたら1羽増えていた
c0360399_20595681.jpg
右の1羽を5倍ぐらいにトリミング拡大
c0360399_21080379.jpg
昼が近いので一旦撤収 隣町のスーパーでお昼の食料をかって
こっちの川でオオワシ探し
こんなところで見つけました
c0360399_21103550.jpg
日高線の鉄橋の上です

上空にオジロワシが姿を見せたが
c0360399_21124139.jpg
カラスが執拗につきまとっている
c0360399_21140381.jpg
怒ったのか逆にカラスを追いかけて大きな声で威嚇
c0360399_21150265.jpg
再び最初のポイントに戻ってお昼休みしながら待機

しばらくしてさっきよりは少し近いがけの上に1羽
c0360399_21180611.jpg
まずまずの成果をえて撤収。かえり港の方も覗いてみたがウミガモには出会えなかった














by n_moriya0122 | 2017-11-16 21:20 | 猛禽 | Comments(2)

エゾフクロウほか

大荒れの天気もようやく収まって雨も上がったので、太平洋側の天気を確認し晴れマークが並んでいたので研究林のフクロウに会いに出かけた。
天気が回復しての日曜日と会って駐車場は満杯状態
車を降りて広場まで行くとカメラマンが地上に向けてレンズを向けている。エゾリスが出ているらしい。エゾリスは先日飽きるほど撮っているのでパスしてフクロウの居る森の奥へ急ぐ
c0360399_17110459.jpg
いつも瞑想モードが多いが今日は周りにカメラマンが多い(といっても5・6人)せいか
良くお目々をあけてくれる
c0360399_17150754.jpg
c0360399_17155391.jpg
c0360399_17163045.jpg
c0360399_17175979.jpg
 池はいつものようにマガモが沢山だが遠くにに三角おにぎりのような頭のホオジロガモが2羽、つがいではなく雌同士。
c0360399_17220016.jpg
c0360399_17222987.jpg
雄は何時やって来るんでしょうね。キンクロハジロも未だ来ていないですね。
漁港も覗いてみたが海ガモの姿はなし




by n_moriya0122 | 2017-11-12 20:23 | 猛禽 | Comments(2)

チゴハヤブサ 今年も

午前中のMFの巡回ではこれといった鳥には会えずに帰宅し、昼食後録画ドラマなんか見ていると外で「キーキー」とチゴハヤブサの声がしたので窓から外を見ると例年良く止まる枝にそれらしきシルエット
外に出て双眼鏡でのぞくとどうも後ろ姿、正面に回って
c0360399_16570361.jpg
ほぼ1年ぶり
c0360399_17012368.jpg
ふと見ると少し下の方にいつの間にかもう1羽
c0360399_17022938.jpg
c0360399_17034582.jpg
猛禽としてはなかなか可愛い顔
アップで
c0360399_17043551.jpg







by n_moriya0122 | 2017-09-27 17:05 | 猛禽 | Comments(6)

ミサゴ ほか

鷹の渡りで有名な室蘭へ 
今時期ハチクマが多く見られるようなのでそれが目当てなのですがアマツバメが飛び回るぐらいでワシやタカはやって来ません。
大分たってから海面近くを旋回していたトビ?が待機している丘の上まで上がってきました。
トビではなくてミサゴでした
c0360399_22052990.jpg
c0360399_22062460.jpg
c0360399_22065154.jpg
ミサゴももう南へ渡ってしまうのかなぁ

しばらく間を置いて
2羽の猛禽がやって来た
小さい方はオオタカかなハイタカ
c0360399_22120531.jpg
もう一羽の方は、見慣れない羽やお腹の模様
c0360399_22131361.jpg
どうやらこれがハチクマのようだ、ここのポイント昨年も来てハチクマを撮してはいるのだが遠くて証拠画像しか撮れず羽の模様などはよくわからない状態だったのでこれが殆ど初見初撮り
c0360399_22162505.jpg
c0360399_22210808.jpg
多いときはタカ柱ができるらしいが今日は2時間ほどでわずか3羽、期待はずれではあったが、内陸部で日頃は海を見る事のない自分としてはこの場所から眺める海岸の眺望は素晴らしいものがあって十分楽しい鳥見(撮り見)だった。









by n_moriya0122 | 2017-09-22 22:37 | 猛禽 | Comments(4)

アオバズク

このところ、カワセミには見放された感じで、バンやキセキレイの画像ばかりが増えていくばかり。今日は気晴らしにアオバズクに会いに。ほぼ3週間ぶりで3度目
前回とほぼ同じあたり、名前のように青葉に囲まれていた
c0360399_21544281.jpg
夜行性といっても結構お目もぱっちり
c0360399_21583402.jpg
c0360399_21591716.jpg
c0360399_21570169.jpg

blogの残容量が少なくなってきました。容量確保のため画像は一部削除しました




by n_moriya0122 | 2017-06-30 22:03 | 猛禽 | Comments(2)

エゾフクロウ 

今朝も気温は1桁、昼頃にはなんとか2桁まで行くかといった感じだが小雨も止みそうもないので鳥見は完全おやすみ。
幸い?先日撮影してこの天気を見越して温存していたエゾフクロウの画像があるので、これでご容赦を
その日、森の入口近くの広場で出会った(多分)地元の人が「今日はフクロウ2羽出ているよ」と教えてくれたのでさらに奥に向かった。
現場についていつもの洞をみたら姿はなかったが、少し離れたところで数人のカメラマンが上を見上げていたのでその先を見たら簡単に見つかりましたが・・・
c0360399_11365540.jpg
1羽は見やすい場所でこっち向きだがもう1羽は向こう向き、何とか2羽とも顔が見える場所はないか木の周りを回って探したが・・・
c0360399_11394508.jpg
こんなところが精一杯

木漏れ日というほどの日差しはなかったが周囲の緑が綺麗です]c0360399_11432752.jpgc0360399_11440726.jpg

洞(うろ)の中にいるフクロウはよく見るが、こうした若葉をバックにした姿も良いモンだ。

往復の遊歩道脇を流れる川のそばにはクリンソウ
c0360399_11450593.jpg

ズミの花も満開
c0360399_11453238.jpg


by n_moriya0122 | 2017-06-04 12:03 | 猛禽 | Comments(4)