人気ブログランキング |

カテゴリ:風景( 22 )

ドクターヘリ 鳥見の公園で

今日、鳥見に出かけた札幌市の公園に場違いなものが駐まっていました。
ドクターヘリ 鳥見の公園で_c0360399_16434345.jpg
ユーロヘリコプター社の「EC-135」かな
広場の周りは札幌市消防署の係員が警備しています。
ドクターヘリ 鳥見の公園で_c0360399_17025064.jpg
既に救急搬送業務は終了し、帰還するところのような感じです。
折角なので離陸するところを撮してみました。
ドクターヘリ 鳥見の公園で_c0360399_17041809.jpg
ドクターヘリ 鳥見の公園で_c0360399_17043622.jpg
ドクターヘリ 鳥見の公園で_c0360399_17045913.jpg
ドクターヘリ 鳥見の公園で_c0360399_17052088.jpg
ドクターヘリ 鳥見の公園で_c0360399_17053619.jpg
ドクターヘリ 鳥見の公園で_c0360399_17060268.jpg
ドクターヘリ 鳥見の公園で_c0360399_17061617.jpg
今日は久し振りにすっきりと晴れ、ヘリを撮るには絶好の青空でした。



by n_moriya0122 | 2020-07-06 18:01 | 風景 | Comments(0)

蓮葉氷 日高の漁港で2/11

ここ2日急激に気温が上がってチョット時機を失した感じの投稿になりました。
この日(一昨日)の数日前から厳しい冷え込みだったので漁港内に珍しい現象が現れたようです。
蓮葉氷 日高の漁港で2/11_c0360399_10171981.jpg
海水面が凍って、波で氷が割れ互いにぶつかり合うと氷塊の縁がめくりあがり蓮の葉のようになる現象です。
蓮葉氷 日高の漁港で2/11_c0360399_10293887.jpg
蓮葉氷 日高の漁港で2/11_c0360399_10300771.jpg
蓮葉氷 日高の漁港で2/11_c0360399_10302033.jpg
蓮葉氷 日高の漁港で2/11_c0360399_10305746.jpg
去年の今頃(2/15)にも撮していました。
去年はクロガモたっぷり撮れていたのにことしは・・・・
撮影 2020.2.11 日高町



by n_moriya0122 | 2020-02-13 21:30 | 風景 | Comments(0)

厳寒の朝 千歳川

今朝は、免許証更新など所用をかたづけようと千歳方向に車を走らせると周囲の木々や雑草なども霧氷(注)に覆われて一面モノトーンの世界、こんな朝の千歳川の様子を撮ろうと急遽目的地変更で長都大橋へ
橋から千歳川上流側を望む。
厳寒の朝 千歳川_c0360399_22560882.jpg
10時近くになって気温も上がり始めていたので「けあらし」もだいぶ薄れてはいるが
水面に川霧が湯気のように漂いその中に白鳥らしき水鳥がぼんやりと
厳寒の朝 千歳川_c0360399_22531173.jpg
この冬一番の冷え込みらしく、空も晴れ上がって放射冷却がきつかったらしい。
厳寒の朝 千歳川_c0360399_22584722.jpg
厳寒の朝 千歳川_c0360399_23011993.jpg
厳寒の朝 千歳川_c0360399_23023745.jpg
長都沼の方は
厳寒の朝 千歳川_c0360399_23040683.jpg
厳寒の朝 千歳川_c0360399_23042968.jpg
白鳥は千歳川の方に居るので沼には鴨が少し居るだけ
附近の畑を回ると、マガンの群れが昨日とは少し離れた畑に数は昨日の半分ぐらいかな。ハクガンが居るはずと探すと何とか見つけることが出来ました
厳寒の朝 千歳川_c0360399_23074628.jpg
厳寒の朝 千歳川_c0360399_23102297.jpg
厳寒の朝 千歳川_c0360399_23104034.jpg
かなり密集しているので他の雁の陰にはいると見失ってしまいます。

注 霧氷と樹氷の違い
霧氷(むひょう)は、過冷却された霧粒が風で木などに吹き付けられ、その刺激で氷となって付いたものです。木に白い花が咲いたように見えます。樹氷のダイナミックな形と違って繊細な美しさを感じます。
樹氷(じゅひょう)は、大気中の水蒸気が樹木や植物の表面にあたって直接昇華(気体から直接氷になる)するのを樹氷といいます。樹氷は蔵王や八甲田が有名で他では余り見られないようですが、樹木が完全に覆われて「スノーモンスター」「アイスモンスター」などと呼ばれていることが多いです




by n_moriya0122 | 2019-12-23 23:13 | 風景 | Comments(4)

モノトーンの世界

今朝は綺麗に晴れ上がっていい天気、放射冷却で恵庭島松で-17.6℃(千歳で-18.2℃)と厳しく冷え込んだ。いつもより大分早く家を出て千歳川へ 長都大橋から河川敷をみると木々は霧氷で白く輝いている
モノトーンの世界_c0360399_17065435.jpg
川面には水蒸気が凍って湯気のように立ちこめた「けあらし」が
モノトーンの世界_c0360399_17094894.jpg
けあらしの中にぼんやりと水鳥の姿が浮かぶ
モノトーンの世界_c0360399_17103424.jpg
モノトーンの世界_c0360399_17131641.jpg
近くの長都沼はほぼ全面氷結して、オオハクチョウ達はこのあたりに避難したようだ。
モノトーンの世界_c0360399_17113748.jpg
モノトーンの世界_c0360399_17141989.jpg
長都沼は上流の用水口付近を除いて全面氷結,河畔林も真っ白くお化粧しここもモノトーンの世界
モノトーンの世界_c0360399_18352561.jpg




by n_moriya0122 | 2019-01-14 22:06 | 風景 | Comments(0)

恵庭渓谷の紅葉Ⅰ

例年10月14日に訪れていたが今年は空模様が不安定でにわか雨などがあったので3日遅れの訪問となった。
①漁川ダム付近
渓谷の入り口といった感じ
恵庭渓谷の紅葉Ⅰ_c0360399_22313395.jpg
広場には鮮やかな紅葉が
恵庭渓谷の紅葉Ⅰ_c0360399_22330659.jpg
恵庭渓谷の紅葉Ⅰ_c0360399_22332417.jpg
恵庭渓谷の紅葉Ⅰ_c0360399_22334509.jpg
②ラルマナイの滝
恵庭渓谷の紅葉Ⅰ_c0360399_22445966.jpg
恵庭渓谷の紅葉Ⅰ_c0360399_22351250.jpg
ラルマナイの滝は台風による爪痕の倒木が景観を損ねていた
恵庭渓谷の紅葉Ⅰ_c0360399_22362823.jpg
・・・・・③三段の滝へ続く



by n_moriya0122 | 2018-10-17 22:46 | 風景 | Comments(0)

桜前線を追いかけて 2017花見最終章

我が町や近郊の桜はすでに見頃をすぎたようだ。
過ぎ去った桜前線を追って石狩市の厚田地区へ片道60kmあまりの花見ドライブ
目的地は創価学会戸田記念墓地公園
ここの桜は素晴らしいく一般の人にも公開されているという話を聞いてはいたが、学会とは無関係なのでちょっと躊躇していたのだが今回思い切って行ってみた。

広い道路の両側や墓地の中の道路などあちこちの桜並木は満開
桜前線を追いかけて 2017花見最終章_c0360399_20441811.jpg
北海道ではあまり無いソメイヨシノがここには8千本もあるとか。品種がそろっているので花期もばらつきが無く咲きそろっているのはまさに壮観
桜前線を追いかけて 2017花見最終章_c0360399_20531900.jpg
やっぱり桜はソメイヨシノだね。
桜前線を追いかけて 2017花見最終章_c0360399_20315711.jpg
綺麗に並んだ墓石は皆同じ形で小さく芝生があたりを覆っているので一般的な墓地の陰気なイメージはない

園内のあちこちに駐車場もあり、また道路も道ばたに駐車してもいいのでかなりの車が入っても駐車場所に困ることはない。
桜前線を追いかけて 2017花見最終章_c0360399_20490961.jpg
墓地内の道路は一歩通行になっていてここも車を停めても大丈夫
公園は小高い丘なので残雪が残った山並みを背景に並木が見えたり眺めも良い
桜前線を追いかけて 2017花見最終章_c0360399_20505728.jpg
今日の天気は昼前まで晴れたので何とか青空の下の花見ドライブが出来たが、帰る頃には厚い雲がかかり風が強くなって今回の花見は何とかセーフだった。






by n_moriya0122 | 2017-05-10 21:06 | 風景 | Comments(2)

昨日の宮島沼 マガンのねぐら入り



昨日は午後3時過ぎに家をでて4時半頃宮島沼付近に到着しましたが沼は閑散
付近の農道を雁を探し回ってなんとか姿を見つけることが出来ました
昨日の宮島沼 マガンのねぐら入り_c0360399_18151821.jpg
雁はマガン、MFの長都沼付近では圧倒的にヒシクイが多いのに比べこのあたりはマガンが多いですね。マガンとヒシクイでは渡りのルートも違うのでしょうね。
昨日の宮島沼 マガンのねぐら入り_c0360399_18181078.jpg
沼に戻って帰ってくるマガン達を待つ
日没が近づいてようやく雁の群が戻ってきました。
昨日の宮島沼 マガンのねぐら入り_c0360399_18194974.jpg
まもなく日没
昨日の宮島沼 マガンのねぐら入り_c0360399_18232736.jpg
戻ってくる群れもだんだん多くなってきました。
昨日の宮島沼 マガンのねぐら入り_c0360399_18284986.jpg
18時15分頃 日没です
昨日の宮島沼 マガンのねぐら入り_c0360399_18245923.jpg
それでもまだ沼の雁はあまり多くはありません。(1万とかのレベルではないかな)

18:20頃
戻ってくる群が多くなってたちまち沼の雁の数が増えていきます
昨日の宮島沼 マガンのねぐら入り_c0360399_18312080.jpg
18:25頃
昨日の宮島沼 マガンのねぐら入り_c0360399_18335808.jpg
18:30頃 突然沼に降りていた雁達が一斉に飛び立ちました
昨日の宮島沼 マガンのねぐら入り_c0360399_18353546.jpg
オジロワシとかが来たのでしょうか・パニック状態です。

向こう岸寄りから手前の方に移動してきました
昨日の宮島沼 マガンのねぐら入り_c0360399_18375013.jpg
多分6万以上は居ると思われる大群が目の前に飛び交う迫力は画像では表し切れませんでした。
(Blog宮島沼日記では4/13日のねぐら立ちは8万4千羽と記述されているのでこれに近い数がいるとおもわれます。)





by n_moriya0122 | 2017-04-15 19:08 | 風景 | Comments(4)

モノトーンの世界

もうすぐ3月だというのに今朝は-19.8℃と第一級の冷え込み、風もなく青空が広がっりうっすら積もった新雪であたりは綺麗な銀世界、霧氷が融けて消えてしまわないうちにと朝ドラも見ないで急いで家を出た。遠くの山々もくっきりとして綺麗
モノトーンの世界_c0360399_21590681.jpg

木々は霧氷で白く装い、川には水面から立ち上がった水蒸気が湯気のようになった「ケアラシ」
モノトーンの世界_c0360399_21275274.jpg
モノトーンの世界_c0360399_21292004.jpg
↑漁川18号橋から
去年河川敷の木々がかなり伐採されたのでちょと雰囲気が出ないですね。

千歳川の方はケアラシの中に白鳥の姿がぼんやり(長都大橋から)
モノトーンの世界_c0360399_21180161.jpg
モノトーンの世界_c0360399_21342431.jpg
ダイヤモンドダストが朝日をうけてキラキラ
モノトーンの世界_c0360399_21310676.jpg
大分修行が足りないようでうまく写せないです(m(__)m)
帰りいつものオジロは?少し回り道すると
いつもの木の対岸の水辺に近い木に2羽
モノトーンの世界_c0360399_21403640.jpg
昨日は姿が無かったので北に旅立ったのかとも思ったが未だ居たようです
いつもならこれから出発といった時間に一旦帰宅

昼頃からヤマセミに会いに行ったが今日もヤマセミには会えず
越冬カワセミは姿を見せたが先日と同じでごま粒、枝かぶりばかりで代わり映えしないのでカワアイサだけ撮ってすぐに撤収
モノトーンの世界_c0360399_21501229.jpg
モノトーンの世界_c0360399_21503480.jpg
再びオジロのご機嫌を伺って
モノトーンの世界_c0360399_21480307.jpg
モノトーンの世界_c0360399_21492786.jpg
ジャンケンポン 最初はグー
モノトーンの世界_c0360399_21482633.jpg




by n_moriya0122 | 2017-02-27 22:02 | 風景 | Comments(4)

厳寒の朝 長都沼付近

今朝もほぼ昨日と同程度の-21.6℃まで冷え込んだ。昨日は途中であきらめた冬景色撮影のためいつもより早めに家を出た(オジロの木は後回し)

雪原の向こうに三角形の山容が特徴的な恵庭岳
厳寒の朝 長都沼付近_c0360399_17440647.jpg
防風林も霧氷で白化粧 
厳寒の朝 長都沼付近_c0360399_17451071.jpg
長都大橋から千歳川、その向こうは高速・道東道の橋
厳寒の朝 長都沼付近_c0360399_17460346.jpg
川面には川から立ち上った水蒸気が湯気のようになった「けあらし」
両岸の河畔林も霧氷ができて白くお化粧

厳寒の朝 長都沼付近_c0360399_17501201.jpg
ケアラシの中にぼんやりとハクチョウの姿が見える
橋の下をマガモが下流に向かって飛んでいった
厳寒の朝 長都沼付近_c0360399_17512574.jpg
長都沼へ 沼沿いの道路も両脇の木々も霧氷に覆われている
沼も完全氷結 鳥の姿もなく静まりかえっている
厳寒の朝 長都沼付近_c0360399_17581278.jpg
今朝は往きに回避した漁川沿いのオジロワシ探し帰りに寄ってみたら姿がなかった。
時間もあったので下流に向かってオジロ探し、あっさりと2kmぐらい下流で見つけました。
道路が川から離れる所なので河畔のこの木まではかなりの距離(150mぐらい)

交通量の少ない道路なので車を路側に寄せてCapri80ED(換算1120ミリ)のセットを取り出して撮してみたが・・・

霧氷に覆われた枝が顔の当たりにかかってどうやってもかわせない
厳寒の朝 長都沼付近_c0360399_18124147.jpg
「霧氷とオジロ」ということで画像はショボイものしか得られなくてもオジロが居そうな所を探し回って見つけたときの気分は又格別
厳寒の朝 長都沼付近_c0360399_18143987.jpg
10時を回った頃になっても未だ気温は-13℃ぐらい
木々のお化粧は未だはがれない













by n_moriya0122 | 2017-01-14 18:24 | 風景 | Comments(6)

厳寒の朝 

夜明け近くから晴れ上がったらしく、放射冷却で-13.6゚Cまで冷え込んだ
こんな日、川面には川霧、河畔林には霧氷が出来幻想的な風景が現れる。
気温が上がる前にと急いで家を出て
まずは、地元の漁川の18号の橋の上から
厳寒の朝 _c0360399_2139856.jpg
(8:20)
河川敷もすべて深い霧でここが川だとは判らない
(8時の気温は-12゚Cぐらい)
千歳川へ向かう途中の農道から 恵庭岳方面を
厳寒の朝 _c0360399_2143921.jpg
(8:30)

次は急いで千歳川と長都沼へ
長都大橋に近づくと川だけでなく一体が深い霧(8:40) これでは絵にならずと次

長都沼は霧は薄くて見通しはよい。上流側は水路が開いていてマガモが少し
厳寒の朝 _c0360399_21482499.jpg
(8;45)
下流側はほとんど氷結して中央部にわずかに水面が開いているものの鳥姿はなし
ススキや河畔林にはきれいな霧氷
厳寒の朝 _c0360399_214717100.jpg
(8:50)
帰り再び長都大橋(9:00の気温は恵庭-9.1゚C千歳-9.2゚C)
霧も大分晴れて川面にまるで湯気のような「けあらし」
厳寒の朝 _c0360399_21532995.jpg
(9;10)
オオハクチョウがいます。沼の方はほとんど氷結したのでこっちに来ていたのですね
厳寒の朝 _c0360399_21551266.jpg
ケアラシでぼんやりとかすんだ白鳥や鴨、モノトーンの幻想的な景色が広がります。
厳寒の朝 _c0360399_221429.jpg

厳寒の朝 _c0360399_2204769.jpg
(9:15)

予想した風景が撮れたので鳥見はあきらめて帰宅

途中の農道で車の前方をコウライキジが横切って路肩の雪山に降りた
厳寒の朝 _c0360399_2284445.jpg
(9:00)

フロントガラス越しの撮影なのでピントが合いません。残念
by n_moriya0122 | 2016-12-15 22:09 | 風景 | Comments(2)