オシドリ

オシドリ今年はまともな画像を得られていなかったので急遽、札幌の公園の池にいるオシドリに会いにいってみた。
c0360399_17532781.jpg
散歩の人などが傍を通るので人慣れしてけっこう近くで撮すことが出来た。
c0360399_17551522.jpg
オシドリ夫婦? しかし今時期夫婦関係は離婚状態になるらしいのでこの♂♀は兄妹(姉弟)あたりかな。
c0360399_18011959.jpg
オシドリは鴨の中でも最も派手で見間違える事はない
c0360399_18020584.jpg
c0360399_18043590.jpg
c0360399_18045847.jpg
本当に派手でまるでちんどん屋
私的には派手な雄よりも地味だがアイリングの目元がチャーミングな雌が好きだ
c0360399_18073212.jpg
小魚でも見つけたのか勢いを付けて潜水?
c0360399_18081357.jpg




# by n_moriya0122 | 2018-10-15 21:45 | Comments(0)

湖畔の森でコマドリ♀ほか

先月の台風21号の後の野鳥の森、先月訪れたときには立ち入り禁止だったがいくら何でももう入れるだろうと行ってみた。観察小屋に先客1名、日曜でこんなにすいているのは余程出が悪いから?
予想通り、鳥の鳴き声も聞こえず鳥はなかなかやってこない。30分ぐらいしてようやく現れたのはヤブサメ
c0360399_16243019.jpg
c0360399_16245268.jpg
今年ここを訪れるた時には必ず顔を見せてくれる常連
小屋の外でこつこつとキツツキ音
c0360399_16263736.jpg
水場にも別のアカゲラが
c0360399_16272023.jpg
水面に映った自分に「あんた誰?」といってるみたい

シジュウカラが登場 普段ならパスだが今日のような鳥影が薄いときは
カラでも何でも撮ってやるぞ

c0360399_16282131.jpg
シジュウカラが呼び水になったのかヤマガラ、ハシブトガラもやって来た
c0360399_16295974.jpg
c0360399_16311410.jpg
思いがけずに現れたのはコマドリの雌
c0360399_16322305.jpg
c0360399_16324756.jpg
c0360399_16331177.jpg
今年はコマドリに縁があるなぁ。
1時間半で6種類の鳥に出会えたのでまずまずだった。








# by n_moriya0122 | 2018-10-14 21:30 | Comments(0)

渡り鳥の中継地の観察

秋も深まって渡り鳥の雁や白鳥などが南へ向かって渡る季節になってきました。
今日もこうした渡り鳥の中継地の水辺を観察してきました。
①長都沼 カモが少し居るだけで 雁や白鳥の姿は見えません。
 3年ぐらい前からここに立ち寄る渡り鳥の数が激減しています。雑草が繁茂したりで水路が狭くなってきたせいでしょうか。
②舞鶴遊水地 観察舎まえの水辺は少しずつ鴨の数が増えては居ますが、白鳥はもちろん雁もまだ姿を見せていません。
鴨は今時期何処でもよく見られるヒドリガモが多いです
c0360399_21051231.jpg
c0360399_21054291.jpg
ヒドリガモの雄と雌、オオバンも居ます。
c0360399_21142349.jpg
ヒドリガモは殆どが雌か幼鳥、雄は殆ど居ませんが中に1羽ちょっと気になる雄を見つけました
c0360399_21084587.jpg
↑の中央、アメリカヒドリっぽいですが純なアメリカヒドリではなく、ヒドリガモとのハイブリッドではないかと思います。
他に、コガモ、カルガモ、オナガガモも少し居たようです。
③ウトナイ湖
c0360399_21162512.jpg
南側にまとまった数の水鳥が居ますが、逆光で非常に見にくいです。雁が多いですが白鳥も少しいます。
一番近いところをアップで
c0360399_21221294.jpg
雁はヒシクイが多いですがマガンも混じっています。
上空を通過した雁は・・・
c0360399_21240847.jpg
ヒシクイです

湖の中央にも帯状に水鳥の群が見え、数は多いですが12倍の双眼鏡では種別など見分けにくいです。
c0360399_21442779.jpg

岸近くに居るのは人慣れしたコブハクチョウ
c0360399_21250762.jpg
c0360399_21253814.jpg
コブハクチョウはこの湖付近に年中居着いて繁殖もしているのですが出会ったのは久しぶりです。
オオハクチョウ・・・羽を痛めて渡ることが出来ずずーっとこの付近で暮らしている鳥です。
c0360399_21275690.jpg
白鳥もヒシクイもウトナイ湖まで来ているのに遊水地や長都沼にその姿を見せるのは何時になるのか、時々チェックが必要ですね。









# by n_moriya0122 | 2018-10-13 22:30 | 定点観察 | Comments(0)

再び コマドリ

予報では朝のうちは雲が多く雨もありだが午後から晴れそうなので、午前中に肺炎球菌の予防接種に通院し午後から再びコマドリを捕り撮りに行くつもりが・・・9時過ぎぐらいにいきなり青空、通院はやめてあわてて札幌の公園へ。鳥の出を待っていると日が射しているのに雨が降ってきて大変。傘を差したりしながらの鳥見だった。
昨日よりは少しは明るいのでISOを1段下げてSSは1/50ぐらいは稼げたが余り代わりばえしない出来
c0360399_21272097.jpg
c0360399_21274843.jpg
c0360399_21280876.jpg
c0360399_21283930.jpg
今日はノゴマは姿を見せなかった
昼は車に戻って空模様を見ながらの昼食
相変わらずの空模様なので午後の鳥見はあきらめて帰宅。午前に予定していた予防接種、午後から行っても間に合った。



# by n_moriya0122 | 2018-10-12 21:40 | 小鳥 | Comments(0)

コマドリとノゴマ

今日は午前中は雨、そもそも通院で午前中は鳥見には出られない。午後になって空は今にも雨が来そうな鉛色だが傘を持って札幌へ、コマドリが出ているという情報をもらっていた街中の公園。
駐車場から少し行ったところに水場の傍で待っているとしばらくしてヤブからコマドリ登場。しかしが木々に囲まれた暗い場所でおまけに今日の空は鉛色、午後2時なのにまるで日暮れ時のようだ。ISO感度を3000まであげてもF6.3でSSは1/8~1/20、手ぶれ補正を効かせ一脚を使用していてもこんなスローシャッターだとブレ画像量産、少しマシのものをアップします。
c0360399_20421902.jpg
c0360399_20424305.jpg
c0360399_20430668.jpg
c0360399_20433498.jpg
c0360399_20435209.jpg
付近に4,5人のカメラマンがいて姿を現すと見つけた人が「出た!!」と声をあげるが暗いので何処にいるのか見つけるのが大変。互いに教え合って何とか写せた。

雌のノゴマも時々登場する。しかし暗がりにこの地味な色ではじっとしていると見つけられないが幸いチョコマカと動き回るので見つけられる。
c0360399_20442399.jpg
c0360399_20530628.jpg
c0360399_20534349.jpg




# by n_moriya0122 | 2018-10-11 21:50 | Comments(0)

遊水地とウトナイ湖

今日はまず遊水地から
水辺のカモは少しずつ増えている感じ、多くは遠くに居るのですが
近くにいたコガモ
c0360399_21063336.jpg
ハシビロガモの雌も
c0360399_21065716.jpg
この辺はヒドリガモが多いですね
c0360399_21165020.jpg
猛禽でも現れたのか、遠くにいたカモ達があわてて飛びだしましたが、上空を旋回した後また水辺の戻るつもりのようです
c0360399_21103318.jpg
c0360399_21105222.jpg
群の中心はヒドリガモのようです。
タンチョウが居るかざっと見回ったのですが姿は見えませんので次のウトナイ湖へ
c0360399_21125956.jpg
けっこうな数の水鳥が居ますが湖の真ん中辺なので双眼鏡で見ても何なのかよくわかりませんが、少し手前に雁の群が居ます。
c0360399_21145736.jpg
zoomを600mmにして更にトリミング
c0360399_21184291.jpg
ここの群はマガンですね
c0360399_21193296.jpg
別の所にマガンより大きな雁が少し
c0360399_21202578.jpg
逆光で見にくいですがヒシクイのようです。
マガン達は湖の対岸側に行ってしまい手前の水面は寂しくなってしまいました。








# by n_moriya0122 | 2018-10-10 22:26 | 水鳥 | Comments(0)