2018年 01月 07日 ( 1 )

地元のオジロワシが5羽に

朝までに家前の通路に新たに30cm近い雪、久しぶりに雪かきに精を出して一休みしていたら、空が明るくなって青空がでてきた。昼食後からの鳥見となると夕方から出没する○ミ○ズ○あたり?と家を出ていつものオジロの木の横の道路を進むといつもの木「新オジロの木]に2羽、車を停めて付近を見ると・・・・100mぐらい上流で対岸の川っぷちの木にもオジロが2羽
c0360399_20315615.jpg
あれ??・・・下流のオジロがこっちに来たのかと思って下流の木を見ると2羽はそのまま残っている!!
これまでは親の2羽と若鳥1羽の計3羽がいるのは確認していたのだがもう1羽来ていたのか
下流の木の方が近くで撮れるのでまづはそちらへ、「新オジロの木」と呼んでいる木の
向かって左上の個体A
c0360399_20373762.jpg
右下にいる個体B
c0360399_20390410.jpg
顔をアップで

A
c0360399_20402934.jpg
B
c0360399_20412242.jpg
2羽を撮っているとどこからかもう1羽が飛んできて2羽の間に割り込むように止まった
個体C
c0360399_20415836.jpg
cの顔をアップ 若鳥といった風貌
c0360399_20442944.jpg
右下BAが飛び出して上流へ行った。残っているのはABとC
BAがとんだ方へ行ってみると
対岸の木には2羽最初からいた2羽のように思える
左上の1羽 個体ア
c0360399_20462682.jpg
対岸の木の右下の個体イ
c0360399_20485897.jpg
車に残っていた妻が呼んでいるので行ってみるとその横の別の木にもう1羽
c0360399_22060608.jpg
ウのアップ
c0360399_22065365.jpg
このウが新オジロの木から飛んできた個体BAと同じものに思えるがア、イは遠過ぎで顔の表情まではつかめないが合わせて5羽いるのは間違いない。
何年か前から毎年冬になるとつがいのオジロワシが来ていて、多分昨冬からその子と思われる1羽と合わせて親子3羽がいる事は確認できていたが今回同時に親子合わせて5羽を見たのは初めての発見でビックリ。
(1月8日追記他に画像なども詳細に検討した結果個体のABCの記述の一部をで訂正しました。個体ウ=個体Aの可能性が高いです)
オジロの観察撮影で時間を取ってしまったのでM川行きはやめて長都沼などを回って帰宅
沼にはダイサギが何羽か
c0360399_21313586.jpg
このところ気温が高めで氷結水面は大分融けていたがオオハクチョウのファミリーが何カ所かでおひるねちゅうだったが鴨の姿はなし












by n_moriya0122 | 2018-01-07 21:32 | Comments(2)