2016年 11月 14日 ( 2 )

マガン・ヒシクイほか(11/14のMF) 

今日の撮影は試写のためCapri80EDを主に使ったが、超望遠でMFなので手持ち撮影は無理だし動きのあるものには対応できないので
そうした被写体は400mmレンズの一眼レフEOS7DⅡで

沼に下りるため上空を旋回する雁の群
c0360399_21164011.jpg
c0360399_21172951.jpg
c0360399_21183130.jpg

オオハクチョウc0360399_21193168.jpg
c0360399_21201953.jpg

ダイサギ
c0360399_21211119.jpg
c0360399_21214494.jpg

かなり小柄だがやはりノスリc0360399_21221624.jpg
by n_moriya0122 | 2016-11-14 23:59 | 定点観察 | Comments(0)

今日の長都沼(11/14)

日も射して気温も少し上がってほぼ平年並みの気温が戻ってきた。
今日の長都沼 水鳥達は対岸の草むらの中、100mぐらいの距離があるので
Capri80EDレンズにOlympusE-P5ボディの組み合わせの試写にちょうど良い遠さ

雁はヒシクイ(オオヒシクイ)が多いですがマガンも居ます。
c0360399_16550618.jpg
35ミリ換算で1120mmでもノントリでは皆豆粒になるので2倍にトリミングしました
同じ画像の中央部を等倍切り出しました(5倍強)すると
c0360399_16594473.jpg
思ったより解像している気がします。



このあたりにはヒシクイの群がいます。
c0360399_17042248.jpg
これ(↑)も2倍にトリミング


 ↓は等倍切りだし
c0360399_17060168.jpg
半逆光の直射を受けてコントラストが強くなり過ぎですが解像度は悪くないですね


トリミング無し
c0360399_17101287.jpg
枯れ草の間でお昼寝の様でも交代で見張りの雁が居るようです
↓ 上の中心部を等倍で切りだし

c0360399_17140702.jpg


同じあたりをCANON EOS7DⅡ+EF400mm5.6(35mm換算640mm)で撮影しもの↓
c0360399_17562554.jpg
(等倍切りだし)

やはり焦点距離の差は大きいですね

雁に比べて数は少ないですが白鳥(オオハクチョウ)も居ます
c0360399_17154226.jpg
2倍では全部が入らないので1.4倍のトリミング
下は等倍
c0360399_17191671.jpg

遊水地ではもっと遠いところ(200mぐらい)にダイサギがいました(トリミング2倍)
c0360399_17204800.jpg

↓(等倍)
c0360399_17212189.jpg
この距離になるとちょっと・・・ですね。



これまでCapre80EDにはOlympusのE-P3やPanasinicのLumixGX7で使っていましたがE-P5にしてSSを1/8000まであげたことボディ内手ぶれ補正が5軸になったことなどでぶれが少なくなった分解像度が向上したのではないかと思います。


by n_moriya0122 | 2016-11-14 18:00 | 定点観察 | Comments(0)