人気ブログランキング |
<< 道南桜名所めぐり・その3(5/8) カワセミの季節がやってきた >>

道南桜名所めぐり・その2(5/7) 北斗市法亀寺と松前藩陣屋跡 & 5/10地元の花と鳥

5月7日午後 北斗市・法亀寺の枝垂れ桜です
推定樹齢300年といわれる高さ15mの大きな枝垂れ桜です
c0360399_20111857.jpg
前日から当日朝までの荒れた天気もあって
大分花が散ってきたようですが十分見頃です
c0360399_20115685.jpg
付近の地面にピンクの絨毯
c0360399_20123641.jpg
同じ北斗市にある松前藩戸切地陣屋跡
ここも大分花が散ってきていますがなんとか見頃を保っています。
c0360399_20140059.jpg
c0360399_20141956.jpg
c0360399_20133492.jpg
陣屋入り口から外をのぞむ
c0360399_20155822.jpg
   陣屋内部の建物は明治元年の函館戦争の際に消失したとのこと
c0360399_20150028.jpg
c0360399_20152366.jpg
c0360399_20165698.jpg

桜は陣屋入り口に向かう道の両側や広場の多く植えられています。

c0360399_20181722.jpg

c0360399_20192692.jpg
まだ殆ど散らずに満開状態を保った木も多かったですが
あと二日ぐらい前が一番のピークだったのではないかと思われます。

この後は函館市のベイエリアでしばし時間を取って観光したあとに宿舎の西大沼のグリンピア大沼へ向かいました







    先週の訪問では未だで今日あたりが満開かと思ったらチョット遅かった感じ
c0360399_20212822.jpg
c0360399_20215633.jpg
花の撮影だけの積もりでレンズは標準ズームにしていたら
オオルリやキビタキが桜の枝にとまった。望遠端の80ミリではオオルリはゴマ粒
キビタキが大分近くには来たがそれでも豆粒

c0360399_20230114.jpg
レンズを望遠ズームに取り替えて待つとオオルリもキビタキも姿を見せない。

駐車場から少し置くの方からツツドリの声がしたので進んでいくと姿が見えたのでパチリ、だが次の瞬間には逃げられた。
c0360399_20235239.jpg
この後漁川のMKPへ向かいましたが風も強く寒いので車内から数分観察しただけで撤収し本日の鳥見は終了


by n_moriya0122 | 2019-05-10 22:30 | お出かけ | Comments(4)
Commented by sazanka2011 at 2019-05-11 06:47
北斗市の桜、法亀寺や戸切地陣屋跡、見せて頂きました。^^
今年は朝早く見に行く元気がなくて、こちらで見せて頂けて良かったです。
仕事の関係で同僚は今週ずっと北斗市の桜を見にいっていて、私はカメラの中の写真を保存するだけです。^^;
来週はトラピスト修道院の桜を見に行けそうですが・・・。
恵庭の桜や野鳥が見頃ですね。

松前の桜も次で見せて頂けるかな・・・。
Commented by n_moriya0122 at 2019-05-11 07:31
>sazanka2011 さん
北斗市法亀寺のシダレは何とか残っていましたが、傍の川の桜回廊は完全に散っていて桜は何処?といった感じやはり遅すぎでした。
松前も残っているものはあっても葉桜も多いので・・・でした。
Commented by sazanka2011 at 2019-05-11 07:37
ソメイヨシノは前日の雨ですっかり散ってしまったんですね。
残念でしたね。
松前やトラピスト修道院は八重桜も素晴らしいのですが、ソメイヨシノと時期が違うので、観光はどちらかになってしまいますね。
Commented by n_moriya0122 at 2019-05-11 15:48
桜の見頃を事前に予想しての計画は非常に難しいですね。今回の旅、2日目は天気も悪く残念な結果でしたが初日の天気の急回復には助けられました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 道南桜名所めぐり・その3(5/8) カワセミの季節がやってきた >>