<< 今日のMF オジロワシとカササギ >>

研究林で(12/10)

今日(12/11)は気温が異常に上がって、夜明け前からの雪から雨に変わって道路はザクザクだったり雨水や融雪水で道路が冠水したりで車を走らせるのも大変です。午後天気は回復してきても足下が悪いのでお出かけはなし。Blogネタは昨日の撮影分から研究林の小鳥たちです。

夏の間あまり姿を見なかったカラ達も大分戻ってきたようです。
シジュウカラ
c0360399_15102163.jpg
ヤマガラ
c0360399_15121898.jpg
ゴジュウカラ
c0360399_15123700.jpg
ヒガラ
c0360399_15130532.jpg
ヒガラの特徴の一つ、とさかのような冠毛がよくわかりませんね


ミソサザイ
これまで何度かこの森の川辺で鳴き声は聞いてもなかなか姿を見ることが出来なかった小鳥です
c0360399_15134092.jpg
c0360399_15135190.jpg
今日(11日)10時過ぎ、病院での検査を終えて帰宅しようと駐車場から道路に出たら目の前をカササギが飛んでいくのが見えました。地元での目撃は今年は2度目かな。
日頃出会わないカササギに2日連続で会うとは・・・
苫小牧付近から徐々に生息域を広げているようで、恵庭では5年ぐらい前に目撃されましたがそのうち札幌あたりでも見られるかも知れませんね。。









by n_moriya0122 | 2017-12-11 15:24 | お出かけ | Comments(2)
Commented by j-garden-hirasato at 2017-12-12 06:35
カササギ(前記事)は初めて見ました。
カラスの仲間ですか。
白が入るだけで、
雰囲気が全然違いますね。
Commented by n_moriya0122 at 2017-12-12 07:27
> j-garden-hirasatoさん
カササギはかなり限られた生息域(九州西部と北海道の胆振地方)なのでなじみのない鳥かも知れませんね。
九州は秀吉の朝鮮出兵の際に持ち帰られたとの説が有力ですが、苫小牧周辺のものは最近の研究(DNAを調べて)で朝鮮系ではなく、極東ロシア系らしいです。苫小牧の港にはロシアの貨物船もよく入港するのでそれにのってやって来たと考えられています。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 今日のMF オジロワシとカササギ >>