人気ブログランキング |
<< 長都沼の黄昏れ 旧島松駅逓の紅葉 >>

カイツブリ・バンのその後

夏から秋にかけて良く会いに行ったカイツブリやバン 秋も深まってもう南へ旅立ったか様子を見に行ってみた。
c0360399_21170074.jpg
まだ顔に幼さが残りチビちゃんが残っていました
こっちのチビちゃんはもしかして一番子
c0360399_21193615.jpg
沼にいたカイツブリはこの2羽だけ、親の姿は有りません。もう先に旅立ったのかも

バンも幼鳥が1羽だけ


c0360399_21225124.jpg
バンもこの幼鳥だけ置き去りにされた?
自力で渡るしかないのかも
南へ向かって旅立つ鳥があれば、入れ替わりにやってくる鴨キンクロハジロは
厳寒期をのぞいて晩秋から早春まで姿を見せる
c0360399_21251462.jpg
3羽ほどの雌だけのファミリー







by n_moriya0122 | 2017-10-26 21:38 | Comments(2)
Commented by j-garden-hirasato at 2017-10-27 06:39
これだけ大きくなると、
親子、一緒に行動しないのですか。
Commented by n_moriya0122 at 2017-10-27 07:38
> j-garden-hirasatoさん
白鳥なんかは親子一緒に渡るので、カイツブリやバンもそういうものかと思っていたので驚きました。そういえばシギなんかも早い時期には成鳥がやって来て1月ぐらい遅くなって幼鳥が見られるので別々なんですね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 長都沼の黄昏れ 旧島松駅逓の紅葉 >>