<< 安否確認 エゾシカ >>

ミユビシギ ヘラシギ

度重なる空振りにもめげず今日も行ってきました。
調整地は今日もシギの姿が有りません。先日と違ったのは
鴨がそこそこの数いたこと
c0360399_19453816.jpg
寝ている鴨が多いので何ガモかわかりにくいですが、コガモの雌の群のようです。
急に散らばっていた鴨があわてて飛び出したと思ったら池の中央付近にかたまって降りた
c0360399_19524481.jpg
どうやらオオタカのらしき猛禽が姿を見せたせたが数回旋回して遠ざかったせいらしい。
地元の沼にもすこしずつ鴨が集まってきているので秋の渡りがそろそろ始まった感じだ。


次は石狩の浜辺へ
トウネンが今日もそこそこ居るなとカメラを向けると中に1羽だけ一寸変わったトウネン?
c0360399_19535067.jpg
大きさはほぼトウネンと同じだがくちばしのこの形は・・・ヘラシギ
わかりやすい特徴です
c0360399_19553542.jpg

c0360399_19564195.jpg
ヘラシギやトウネンよりも一回り大きなシギが1羽 ミユビシギ(三趾鴫)
c0360399_19561579.jpg
c0360399_19581891.jpg
名前の由来、足の指の第1趾(後ろ指)が無くて3本指
c0360399_19590198.jpg
砂に埋まったり水の中だったりでなかなかはっきり判る画像はなかったがこんなんで判るでしょうか。








by n_moriya0122 | 2017-09-17 20:07 | Comments(2)
Commented by j-garden-hirasato at 2017-09-18 08:09
一斉に飛び立つと、
こんなに密着しちゃうんですね。
よく、接触しないものです。
Commented by n_moriya0122 at 2017-09-18 12:50
敵から身を守るにはかたまってというのが常道のようですね。
羽なんか互いにこすれ合ったりしているかも知れませんね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 安否確認 エゾシカ >>