<< 漁港にて① この冬3番目の冷え込み >>

コガモといつものオジロワシ

寒波も少し柔らいだがそれでも真冬日 朝、雪かきをしてから出かけたので時間がなく近場での鳥見、
M川の散策路も昨日今日の雪で埋まって現場に着いたら除雪機で雪をとばしながら50cm幅ぐらいで道をつけている最中だった。雪を川の方にとばすのでサギは逃げ出したが鴨は対岸側に移動しただけ、マガモだけかと思ったらコガモが1羽だけ
c0360399_21261135.jpg
c0360399_21275558.jpg
c0360399_21292882.jpg
お昼寝に入ったと思ったら目はしっかり開いていた
c0360399_21352609.jpg
帰りいつもの「新オジロの木」に1羽
c0360399_21374586.jpg
いつも同じようなポーズですいません
c0360399_21384914.jpg
もう1羽はどこかと下流に向かって車を走らせたら
2kmぐらい下流で発見。道路が川からちょっと離れるあたりなのでちょっと距離がある
c0360399_21405652.jpg
c0360399_21435558.jpg
いろいろ動きはあったが枝がじゃまでまともな画像が得られない








by n_moriya0122 | 2017-01-25 21:47 | 猛禽 | Comments(4)
Commented by canomama at 2017-01-25 22:31
オジロワシ、何度見ても飽きません。

先日、アイガモやヒドリガモの中に珍しく
コガモ(初対面です)を見つけました。
冷たい水の中で・・・と思ったら、もっと寒いところでも
大丈夫なんですね^^;
Commented by j-garden-hirasato at 2017-01-26 06:03
鳥見の人たちのために、
雪をかいてくれているのでしょうか。
それほど有名なポイントということですか。
Commented by n_moriya0122 at 2017-01-26 08:32
>canomamaさん
オジロ、飽きないと言っていただいてほっとします。
いい加減飽きたよとといわれそうで・・・・
コガモは冬鳥として秋から春まで出会えます。
Commented by n_moriya0122 at 2017-01-26 08:39
> j-garden-hirasatoさん
この川は上流2kmぐらいに湧水の源流があっていつもの待機場所から下流は住宅街の間を流れ両岸には散策路があります。近くの人たちの散歩道なので近隣住民が冬でも歩けるように除雪してほしいと要望したらしく、今年から除雪機で道がつけられています。夏はカワセミの代表的な観察ポイントですが、冬は滅多に出会えません。(カワセミは夏鳥ですがきわめてまれにここで越冬する事があります)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 漁港にて① この冬3番目の冷え込み >>