人気ブログランキング |

カワセミの巣立ちビナ

昨日お休みで会えなかった公園のカワセミ
どうやら昨日と今日で2羽の雛が巣だったようです。
c0360399_20464302.jpg
c0360399_20470907.jpg
成鳥より少し黒ずんでいるとか尻尾がチョット短いぐらいで、他の鳥の雛のように嘴が黄色いとか身体が小さくて可愛いとか・・はないですね。
c0360399_20513903.jpg
近くに来てくれたのは最初の内だけその後は池の向こう岸に移動
2羽の雛が近くに止まった
c0360399_20544794.jpg
石塔の天辺には父親 足下に雛が
c0360399_20571388.jpg
右側の雛が左の父親から給餌を受けたのですがその瞬間は撮れませんでした
c0360399_20591618.jpg
これ以上豆粒画像を撮っても意味がないので場所を変えてヤマセミ待ちをするも
付近でカラスの幼鳥2,3羽が居座り親ガラスがひっきりなしにやってくるのでヤマセミはやってきません。カラスも早くどっかに行ってくれ。
カワセミの母親はカラスに襲われて命を落とし、父親がひとりで子育てをがんばっているとのこと自然の摂理とはいえカラスに石をぶっつけたくなりますね。



# by n_moriya0122 | 2019-06-25 21:44 | カワセミ・ヤマセミ | Comments(2)

オシドリ親子は何処に

昨日会えなかったヤマセミに会いたくて札幌の2つの公園へ
1つ目は月曜日は閉園(知らなかった)、2つ目の公園でも出会えず、ヤマセミはあきらめて
オシドリの様子見に
最初の池に前回沢山居た雄の姿が有りません。かろうじて
エスクリプスらしき1羽とまだ若そうな雌が1羽いるだけ、近すぎてピントが・・・
c0360399_21530404.jpg
c0360399_21535131.jpg
前回、オシドリの親子が居たあたりに行くと
あれぇ、オシドリが居ません。隣の池や岸辺の茂み、傍の用水路などを探すも
鴨類の姿はなく深閑としています。子の数が減っているのは覚悟していましたが、子だけでなく親も居ないのは想像していませんでした。多分親が先導して別の水辺に移動したのだろうとあきらめて帰りかけると
c0360399_21582550.jpg
チビちゃんがたった1羽で泳いでいるのを見つけました。大きさからして巣立ちからさほど経っていない感じ
c0360399_22033471.jpg
母親が近くに居ないか探してもそれらしい気配もなし。カラスや蛇、狐など天敵の多いこの場所でひとりで生きていけるのか非常に心配
池の周りなどさらに探していると・・・今度はマガモの親子が暗がりから出てきました
c0360399_22081550.jpg
子の数が5羽大分大きくなって親より一回り小さいぐらい。ここまで大きくなればカラスに襲われる心配も無さそうですが此処までの生存率は多分5割ぐらいかも
前回(6/9)会ったオシドリの子も、これに近いぐらい大きくなっているはずなのだが
さっきの1羽は小さすぎ
帰り、杉林の中にエゾリス発見
c0360399_22142789.jpg
冬毛の姿とは随分違ってホッソリというか貧弱
c0360399_22140712.jpg
耳毛も無くなると可愛さも半減かな









# by n_moriya0122 | 2019-06-24 22:31 | Comments(0)

シジュウカラのチビちゃん

目当てのヤマセミやカワセミが姿を見せないので付近を散策していたら
シジュウカラの巣立ちビナに会いました。成鳥のシジュウカラならパスするところですがまだ嘴の黄色いチビちゃんは別です
c0360399_17570430.jpg
胸のあたりまで黄色っぽいとは知りませんでした
ヤマセミは全く姿を見せませんでしたがカワセミがかろうじて1度だけ
c0360399_18005521.jpg
給餌用ではなく自食
c0360399_18012356.jpg
c0360399_18013970.jpg
c0360399_18015569.jpg
昨日まで2日続きの雨、今日も朝のうちは厚い雲だった。この場所木陰で暗いのでSSが上がりません。
その後、日も射してきて明るくなったですが肝心の鳥が来ませんでした。








# by n_moriya0122 | 2019-06-23 18:07 | Comments(0)

マガモのチビちゃん ほか

カイツブリのチビちゃんの安否確認に寄った沼でマガモの親子に出会いました
c0360399_21063348.jpg
巣だってさほど経っていない感じです
c0360399_21073825.jpg
身体は小さくても泳ぎは上手
c0360399_21080022.jpg
母親が陸に上がるとチビ達も後を追って上がってきます
c0360399_21085132.jpg
雛は全部で10羽、まとまったところを
c0360399_21093249.jpg
c0360399_21121400.jpg
疲れたのか何羽かかたまってお休み
c0360399_21123730.jpg
ところでカイツブリの雛たちは
c0360399_21133411.jpg
甘えん坊の1羽は親から離れず
他の4羽はチビちゃん同士集まって
c0360399_21153581.jpg
前回からかけることなく5羽順調に育っているようです
まずは一安心

カワセミも姿を見せました
c0360399_21174545.jpg
強い日差しでコントラスト強すぎですね
c0360399_21184540.jpg
ダイビングして小魚GET成功したようです
トリミングで拡大
c0360399_21193456.jpg
自食ではなく給餌用に頭を先にして銜えています。
間もなく餌を銜えたまま飛び去りました








# by n_moriya0122 | 2019-06-20 21:22 | 定点観察 | Comments(2)

久しぶりのカワセミ

しばらくカワセミに出会えなかった地元の川のカワセミポイント 昨日、今日と行ってみましたが、昨日は2時間以上待っても会えず。今日も2時間経ったのであきらめて、撤退準備を始めたら突然姿を現しました。カワセミに会えたのは1週間ぶりです
c0360399_19023309.jpg
後ろの枝にももう1羽やって来たのですが、撮しやすいこっちを撮っていたら後ろの1羽はすぐに飛び去ってしまい結局この後この1羽を相手にすることになりました。
先週(6/12)に会った個体と同じ個体?
特徴は
1、尻尾が短く、嘴も余り長くない。
2、胸のあたりが少し黒ずんでいて、足も黒ずんでいる
幼鳥の特徴だが、巣立ち直後はもっと黒ずんでいるのでこの程度は巣立ってから1ヶ月以上は経っている様に思えること。当地でこれまでカワセミが渡ってきて繁殖行為が始まり1番子の巣立ちは普通は6月中旬から下旬。この個体が1番子で巣だって1ヶ月経ったとすれば産卵が4月の頭ぐらいということになるのだがあり得ないことではない
c0360399_19213557.jpg
コロコロとして可愛いね。やっぱり幼鳥だね
c0360399_19083531.jpg
ちょっと大人っぽいポーズ
c0360399_19223986.jpg
ストレッチ?
c0360399_19244960.jpg
c0360399_19235157.jpg
c0360399_19242474.jpg
巣穴近くの枝 懐かしいのか長く止まっていましたが
チョット奥の枝に
c0360399_19272415.jpg
この後すぐに飛びだしたが・・・飛んだ先は対岸の暗がり


c0360399_19284726.jpg
ふと、手前の水面を見ると細長い生き物が泳いで来ます。
c0360399_22591273.jpg
イタチ?ミンク?多分ミンクでは すぐに足下の岸辺に上がったようだが見えなくなりました。


対岸は背景が良くないし、今日はたっぷり写せたのでカワセミを残してお先にサヨナラ
カワセミを置いて先に帰るなんて初めて

しかし、撮影は失敗続きだが巣穴に出入りしているカワセミも居ると思えるのはもしかして既に2番子が生まれて抱卵か孵ったかということかも




# by n_moriya0122 | 2019-06-19 20:31 | カワセミ・ヤマセミ | Comments(0)

庭の花


今日は強い風が吹き荒れ気温も上がらず鳥見はお休みしました。
鳥画像が無いので代わりに今日の花画像を

ロベリア・アズローコンパクト (大手花苗メーカーのブランド苗です)
c0360399_13515134.jpg
 寄せ植えに使っています

エリゲロン・カルビンスキアーヌス
1円硬貨ぐらいの小花を沢山付けますが1つの株で
赤花と白花が咲くという非常に変わった花です
c0360399_13523987.jpg
これも2つの鉢で寄せ植えとして使っています。

サルビア・ファリナケア
普通ブリーサルビアという通称で売られています
c0360399_13593091.jpg
初夏から晩秋まで花を付けてくれるお得な花です。
秋になると一層濃い青になって綺麗になります

ここからは庭の地植の花です

クレマチス ドクターラッペル 手入れをしなくなって久しいので
今のところ花は1輪だけ
c0360399_14021301.jpg
先日数輪咲いた画像をアップしたクレマチス・HFヤングは花が一杯つきましたが、
今日の強風でかなり散ってしまいました。クレマチス・ハーグレーハイブリッドは
見頃になりましたが風の通り道で揺られて撮影困難

アルケミラ・モーリス
c0360399_14110113.jpg
サルビア スノーヒル(多分ネモロサだと思うのだが・・スノーヒルは商品名)
c0360399_14112801.jpg
左側の大輪の白花はこぼれ種で多くくそだったオルレィア

バラのアンジェラ 丈夫なバラです
c0360399_14143050.jpg
ノイバラ 切っても切っても大きくなる頑強なバラです
c0360399_14153113.jpg

鳥見ポイントで以前に撮した花
睡蓮
c0360399_15534479.jpg
菖蒲
c0360399_15540940.jpg



# by n_moriya0122 | 2019-06-17 21:30 | ガーデニングや花 | Comments(0)