タグ:研究林 ( 5 ) タグの人気記事

エゾフクロウ 

今朝も気温は1桁、昼頃にはなんとか2桁まで行くかといった感じだが小雨も止みそうもないので鳥見は完全おやすみ。
幸い?先日撮影してこの天気を見越して温存していたエゾフクロウの画像があるので、これでご容赦を
その日、森の入口近くの広場で出会った(多分)地元の人が「今日はフクロウ2羽出ているよ」と教えてくれたのでさらに奥に向かった。
現場についていつもの洞をみたら姿はなかったが、少し離れたところで数人のカメラマンが上を見上げていたのでその先を見たら簡単に見つかりましたが・・・
c0360399_11365540.jpg
1羽は見やすい場所でこっち向きだがもう1羽は向こう向き、何とか2羽とも顔が見える場所はないか木の周りを回って探したが・・・
c0360399_11394508.jpg
こんなところが精一杯

木漏れ日というほどの日差しはなかったが周囲の緑が綺麗です]c0360399_11432752.jpgc0360399_11440726.jpg

洞(うろ)の中にいるフクロウはよく見るが、こうした若葉をバックにした姿も良いモンだ。

往復の遊歩道脇を流れる川のそばにはクリンソウ
c0360399_11450593.jpg

ズミの花も満開
c0360399_11453238.jpg


[PR]
by n_moriya0122 | 2017-06-04 12:03 | 猛禽 | Comments(4)

エゾフクロウ 

久しぶりに研究林のエゾフクロウに会いに
いつもの場所について洞を見上げたら・・・姿がない。付近の木の上などを探したが見あたらない。
そうこうしていたらいつの間にか洞に
c0360399_201016.jpg

どうやら洞の奥でお休みしていて人の声がしたので出てきたようです。

寝起きなのでストレッチなんぞして・・・
c0360399_20104357.jpgc0360399_20112433.jpg
↑クリックで倍ぐらいのサイズでごらんいただけます。

c0360399_2016073.jpg
つぶらな瞳でじっと見つめています。

c0360399_20184890.jpgc0360399_20192461.jpg
↑クリックで倍ぐらいのサイズでごらんいただけます。
いつもは瞑そうモードばかりだったが、今回はぱっちりモード2羽並びは見らみれなかったがまずまず
c0360399_20255942.jpg

眠くなってきたようなのでバイバイ
[PR]
by n_moriya0122 | 2017-05-31 20:28 | 猛禽 | Comments(2)

カワセミ ミヤマカケス


↓の投稿の続きです。
3時間ほどまってようやく目当てのカワセミがやってきた。
c0360399_20451957.jpg
c0360399_20462413.jpg
c0360399_20470873.jpg
この枝先がお気に入りらしく飛び出しても又すぐに戻ってくる
c0360399_20474662.jpg
c0360399_20484280.jpg
c0360399_20514561.jpg
カワセミが」去ったら入れ替わるようにミヤマカケス
c0360399_20533071.jpg
こちらの目的は水浴らしい
c0360399_20535971.jpg
つがいなのかもう一羽がそばに来てこちらも水浴
c0360399_20554171.jpg
c0360399_20561082.jpg
c0360399_20564330.jpg
今日のここの近くのアメダス地点のこの時刻の気温は14℃ぐらいと
すっかり春らしい陽気 カケスも気持ちよさそう。



[PR]
by n_moriya0122 | 2017-04-16 21:03 | 小鳥 | Comments(8)

北大研究林ほか

野鳥の森の水辺で小鳥を待つも来る気配なし
エゾアカガエル
c0360399_19524825.jpg
まだ、雪が残る水場 野鳥が水浴びに来るにのはもう少し先?
あきらめて隣のまちの研究林へ
日当たりが良く雪が早く融けたあたりには黄色いナニワズの花
c0360399_20160887.jpg
水芭蕉の群生も
c0360399_20184518.jpg
葉や花の先が枯れたように茶色くなっているものも多いがそれらは避けて綺麗なものを選んでアップで
c0360399_20205001.jpg
c0360399_20212200.jpg
目当ての鳥をお弁当を食べながら待つがなかなか姿を見せない。2時間ぐらい待ってもこないので一旦撤収して森の奥のエゾフクロウの所にご機嫌伺いに
これまでの瞑想モードとちょっと違って薄目を開けてこちらを見ているようだ
c0360399_20233096.jpg
顔のあたりが痒いのかな
c0360399_20245804.jpg
お目覚めのようです
c0360399_20260567.jpg
又すぐにうとうと
c0360399_20274897.jpg
夕べは忙しかったのかな。私たちはもう帰るのでゆっくりお休みなさい。
今年4回目の訪問だが残念ながら一度も2羽並びを見ていない


帰りまた目当ての鳥が来るのを待って居ると30分ほどしたらやってきた。
次の投稿へ続く




[PR]
by n_moriya0122 | 2017-04-16 20:36 | Comments(2)

鳥見ドライブ

冷え込みがきついが天気はいいので、海辺の町へドライブ
まずは、オオワシ・オジロワシポイントの下見
遠くの枝に黒っぽい鳥が見えたのでカメラを構えながらゆっくり近づき車内から
c0360399_20562197.jpg
まだかと思ったらもうオオワシの姿があった。 若鳥らしく顔に幼さが残っていて精悍さに欠ける。カラスのちょっかいに困惑している様子
少しだけ近づいて枝をかわせる所まで車を進めて
c0360399_2102949.jpg
この後、カラスを振り切るように飛び出したが、追い切れず撮影終了。下見としては十分目的達成
漁港で海ガモの様子見、 スズガモ。半逆光でちょっと写しにくかった。
c0360399_2122729.jpg
c0360399_2124129.jpg

カモメが超過密状態
c0360399_2142287.jpg

遠くにホオジロガモの♂、雌は先日別のところで出会っているが雄は今季初
c0360399_2151152.jpg

シノリガモやクロガモを期待していたが姿がないので、別の漁港へ向かう
シノリガモが居ました
c0360399_219410.jpg

シノリガモの写真は写真でなくイラストのように見える
c0360399_21114110.jpg

結局クロガモはまだ姿無し

ついでに北大研究林に寄ってみたが、期待したエゾリスには出会えず
ミヤマカケス
c0360399_2114444.jpg

人慣れしたハシブトガラはすぐ傍で
c0360399_21145920.jpg

池の端には多分ダイサギ
c0360399_21155040.jpg

ここのダイサギは他の場所よりは近づける
c0360399_2116824.jpg

林の奥に鳩ぐらいの大きさの鳥が舞い降りた。あわててカメラを向けたがボケと全身が見えないので何の鳥かよく判らない。図鑑でさがしてみたが大きさと頭の形から、エゾライチョウのようだ。
c0360399_21195620.jpg
エゾライチョウについて ネット検索で拾った話題 11/20追記
かつては道内で多数生息し、北海道で「やまどり」といえばこの鳥で狩猟の対象、輸出までされたが、今は数が激減して北海道RDB指定となっている。ところが、狩猟鳥の指定はそのまま。RDB指定の鳥なのに、北海道の公式HPで調理例を紹介していて『上品で良い出汁(だし)がでます。』のような記載があったらしい。RDB鳥の狩猟を薦めるのはおかしいと道議会で追及されて記載を取り消したとの記事が見つかった。
個人のblogでも、いくつか「この森でも過去に出会った」とか画像の投稿が検索で見つかったがそう多くはないので、稀少な鳥には間違いないようだ。。


帰路、ウトナイ湖の道の駅に寄ったら いつものオオハクチョウとヒシクイの居残りペアのほかに
オナガガモのファミリー
c0360399_21245832.jpg

オナガガモってこんなに近くまで来てくれるんだね
c0360399_21262735.jpg

[PR]
by n_moriya0122 | 2015-11-19 21:27 | お出かけ | Comments(4)