タグ:ホオジロガモ ( 11 ) タグの人気記事

エゾフクロウ

今日は冬型の気圧配置も崩れて、気温は上がってきたが、どんよりとした空から小雪が落ちてくるので鳥見はあきらめ、庭の整理や買い物など
アップする画像はこんな天気を見越して残しておいた昨日の研究林のエゾフクロウ
1羽洞の縁に止まって姿は見えますが・・・お休みモードでなかなか目を開けてくれません
時々薄目をあけるのでそれを待ってパチリ
c0360399_17240039.jpg
薄目のまま向きを変えたらパチリ
c0360399_17263481.jpg
正面向きに戻っても目は薄目のまま
c0360399_17265660.jpg
一瞬下をのぞき込むようなポーズだが目は半開きのままのようだ
c0360399_18091587.jpg
動きが出るのを待ってジーッとして居ると、体の芯まで冷えてくる
1時間ぐらいで我慢しきれず撤収。
もったいぶって出すほどの画像ではなかったですね。

途中の池には今回もホオジロガモの雌
c0360399_17312181.jpg
漁港では雄が3羽と雌が一羽はまとまって行動していた
c0360399_17321887.jpg
雄のほうは名前の通り頬が白いくて可愛いが上の雌の方が目つきが悪いですね。
ホオジロガモも、キンクロハジロ同様に淡水、海水両方OKのようです。





[PR]
by n_moriya0122 | 2017-12-03 17:35 | 猛禽 | Comments(2)

エゾフクロウほか

大荒れの天気もようやく収まって雨も上がったので、太平洋側の天気を確認し晴れマークが並んでいたので研究林のフクロウに会いに出かけた。
天気が回復しての日曜日と会って駐車場は満杯状態
車を降りて広場まで行くとカメラマンが地上に向けてレンズを向けている。エゾリスが出ているらしい。エゾリスは先日飽きるほど撮っているのでパスしてフクロウの居る森の奥へ急ぐ
c0360399_17110459.jpg
いつも瞑想モードが多いが今日は周りにカメラマンが多い(といっても5・6人)せいか
良くお目々をあけてくれる
c0360399_17150754.jpg
c0360399_17155391.jpg
c0360399_17163045.jpg
c0360399_17175979.jpg
 池はいつものようにマガモが沢山だが遠くにに三角おにぎりのような頭のホオジロガモが2羽、つがいではなく雌同士。
c0360399_17220016.jpg
c0360399_17222987.jpg
雄は何時やって来るんでしょうね。キンクロハジロも未だ来ていないですね。
漁港も覗いてみたが海ガモの姿はなし




[PR]
by n_moriya0122 | 2017-11-12 20:23 | 猛禽 | Comments(2)

4日ぶりの研究林


このところ冬に逆戻りしたような天気が続き、これといった鳥にも会えずにいた。
今日は太平洋側の天気予報は晴れマークがあるので冬のいでたちで研究林へ
目当ては青い鳥。ポイントへ到着したが鳥もカメラマンも居ない。寒くて風もあるのでじっと座って待つのも耐えられず(真冬並のもっと厚着をしてくればとちょっと後悔)
寒さしのぎに付近を歩きながら鳥を探す。

池にはマガモのつがい

c0360399_20094580.jpg


繁殖期に入りマガモもカップルで動いている


ホオジロガモの♀

c0360399_19590935.jpg


今時期までも残っていたとは予想外

c0360399_20001216.jpg


苦しいときのカラ頼み
ヤマガラ

c0360399_20020447.jpg

c0360399_20013999.jpg

ゴジュウカラ

c0360399_20070059.jpg


あきらめて車に戻り、下流側に移動して散策しながら探すことにとに

次の投稿に続く




[PR]
by n_moriya0122 | 2017-04-20 20:17 | Comments(2)

シマエナガに会ったが、またまた・・・・



今年になって3回目 エゾフクロウに会いに行ったが またも瞑想モード
c0360399_21501454.jpg
もう一羽は近くの松の木にいるのは判ったが常緑樹で茂った葉がじゃま、何とか隙間から見えたのはおしりだけなので画像はボツ
お目々を開けてくれるのを待っていると付近にシマエナガがやってきた
c0360399_22003428.jpg
少し横にづれれば枝のかぶらないポジションで撮れるのだが、周りは未だ雪が深く1歩1歩確かめながら動かないと転んでしまう。そう簡単には動けないのが残念
c0360399_21540346.jpg
c0360399_21551621.jpg
c0360399_21555813.jpg
ヤマブドウ?の枝などが複雑に絡み合った場所、居るのが判っても枝がじゃまで顔が見えなかったり向こう向きだったり
お顔が見えたのはこのショットだけで今日も満足のいく画像はなし。
本当にシマエナガは手ごわい

久しぶりにホオジロガモ
c0360399_22125264.jpg
雌だが何か親爺顔





[PR]
by n_moriya0122 | 2017-03-27 22:14 | 小鳥 | Comments(6)

ヤマセミ(証拠画像)

今日は予報通り、荒れ模様の天気で鳥見はお休みしました。
これを予測し昨日撮影画像の未投稿分を

(昨日の)午後、再び上流側へ。ヤマセミを撮しているカシャカシャさんの後ろに車をとめてヤマセミの姿を探します。。鳴き声は聞こえるので近くにいるのは判ったのですが、雪が保護色になってなかなか姿を見つけることが出来ません。ようやく止まっていた枝からダイビングしたあと岩の上に止まった1ショットだけ写せましたが・・・遠いうえに手持ちでは解像度が上がらず証拠画像にしかなりませんでした。
c0360399_14274053.jpg
去年の台風以来地元のヤマセミポイントは復旧工事が続きいているため1年以上ヤマセミを見ていませんでした。会えただけでもうれしかった一瞬です。

帰る前に少し下流で鴨を
鴨の中でも好きな鴨ベスト5ぐらいに入るカワアイサの雌です
c0360399_14314442.jpg
こちらは雄
c0360399_14364063.jpg
c0360399_14372037.jpg
道路から川まで距離は近いのですが、間に木々があるので車の中にいると逃げずに居てくれるのですが・・・木々の間から見える一瞬をねらうしかないので結構撮影は難しいですね
c0360399_14401919.jpg
ホオジロガモとの2ショット
カワアイサの頭の毛色が雄とも雌ともつかない
もしかしてエクリプス

注 エクリプスとは、繁殖期を終えたあとのカモ類の雄で一時的に
見られる、雌に似た地味な羽色。またその羽色の状態。




[PR]
by n_moriya0122 | 2016-12-01 14:49 | Comments(2)

ホオジロガモ ほか

オオワシを撮った帰り道 港によってみると沖にウミガモの群が居るがほとんどスズガモ、これは見飽きているのでほかの鴨は居ないかさがしたら、クロガモが2羽離れたところを泳いでいる
c0360399_2281448.jpg

真っ黒でシルエットみたいな姿が半逆光だとますますシルエット状、露出補正が難しい
c0360399_22101629.jpg


こっちにはハジロカイツブリ
c0360399_2214819.jpg

560mmを出したいところだがどんどん遠ざかるのでそんな暇はなし
c0360399_22143210.jpg
c0360399_22145313.jpg


ホオジロガモの雄が1羽
c0360399_22165094.jpg

まさにぴったりのネーミング 頬が白い 三角おにぎりのような頭がおもしろい
c0360399_22191912.jpg

ウミガモはみな潜水が得意
c0360399_22193535.jpg

[PR]
by n_moriya0122 | 2016-11-11 06:59 | 水鳥 | Comments(0)

北大研究林へ②

久しぶりの研究林 もう紅葉も見頃をすぎてその名残が少し
c0360399_22172983.jpg
c0360399_22175192.jpg


シジュウカラ
c0360399_2220318.jpg
我が家の庭ではもっともよく見るカラだがここでは少数派?

ゴジュウカラ
c0360399_22221591.jpg
c0360399_22224975.jpg


鴨はマガモはうじゃうじゃ居るがほかの鴨は上流側の池にホオジロガモに雌が1羽だけ
c0360399_22251357.jpg



ついでに漁港を覗いてみたが

シノリガモも居たがカメラの準備をしている間に姿が無くなっていて後はスズガモがたくさん居るだけ
c0360399_22284911.jpg
c0360399_22291471.jpg


漁港の外側遠くにカンムリカイツブリが居たが遠すぎて
c0360399_22303499.jpg
c0360399_22311648.jpg

間にフェンスがあって金網越しなのでこんな画像が精一杯
[PR]
by n_moriya0122 | 2016-11-05 07:01 | Comments(2)

海ガモほか

このところの鳥見、行くところが近場ばかりで撮れる鳥も同じようなものでマンネリ気味なので久しぶりに海辺の町へ海ガモ(出来ればクロガモに合いたいなぁ)でもと出かけた
まず漁港で スズガモ♀
c0360399_20395934.jpg

数は少ないが♂も
c0360399_20415974.jpg

三角おにぎりのような頭はホオジロガモ♂
c0360399_20431024.jpg

♀は見かけない。
シノリガモは集団行動
c0360399_20442589.jpg

♀は一寸地味。雌雄一緒にいると間違えずに済む
c0360399_20462353.jpg

結局きょうもクロガモの姿はなかった。今年は出会えずに終わってしまうかも
先日TVで増えすぎで問題になっているカワウが1羽
c0360399_2057812.jpg


ついでに寄った研究林
c0360399_2048327.jpg
c0360399_20481696.jpg


池に珍しく1羽だけだがオオハクチョウがいて、マガモの間で大きな顔をしている
c0360399_20511943.jpg

漁港には♂しか居なかったホオジロガモ、ここの池には♀だけ
c0360399_20584089.jpg

ここの鷺も木陰などから近づくとかなり近くまで逃げずに居てくれる
c0360399_20524313.jpg
この鷺、ダイサギにしたらかなり小さいが嘴や足の色などはコサギとは明らかに違う
上流側にいた鷺は普通にダイサギ
c0360399_2056863.jpg

[PR]
by n_moriya0122 | 2016-02-16 21:20 | 水鳥 | Comments(2)

オジロワシ ほか

鳥見はお休みのつもりだったが、青空がきれいなので、昼頃になって家を出た
目的地は、研究林 エゾフクロウに会えればという事で
途中オジロワシが居るかどうか少しだけ回り道
c0360399_21592724.jpg

c0360399_21593720.jpg

枝を交わせる所はこのアングルぐらいしかとれなかった

研究林の鴨の居る下流側の池 一部うっすら凍っているが半分以上は開いている。マガモは人慣れして岸近くにいるが1羽だけいるホオジロガモ♀は岸から離れたところで泳いだり潜ったり飛んだり
c0360399_222761.jpg

c0360399_222203.jpg

目当てのフクロウの所へ向かうが、戻ってきた人に訊いたらいつものウロに居ないというので途中で引き返し
カラ達を相手にシャッターを切る
ハシブトガラ
c0360399_226220.jpg

シジュウカラ
c0360399_2261524.jpg

ゴジュウカラ
c0360399_2263144.jpg

ヤマガラ
c0360399_2265124.jpg
c0360399_227611.jpg
c0360399_2272039.jpg


クロガモが居ないかと漁港にも寄ってみたが、いつものシノリガ、モスズガモしか居ないのですぐに撤収
[PR]
by n_moriya0122 | 2016-01-30 22:17 | お出かけ | Comments(4)

ハジロカイツブリ ほか

一昨日の鳥見ドライブ
研究林の池で ホオジロガモは雌が1羽いるだけ
c0360399_22353321.jpg
c0360399_22355314.jpg

最後は、漁港に行ってみた
ハジロカイツブリ 久しぶりだ
c0360399_22323716.jpg
c0360399_22325074.jpg
c0360399_22331436.jpg
c0360399_22333525.jpg


シノリガモ♂
c0360399_22341124.jpg
c0360399_22342391.jpg


スズガモ♀
c0360399_2238046.jpg

[PR]
by n_moriya0122 | 2015-12-04 15:00 | 水鳥