タグ:ゴジュウカラ ( 11 ) タグの人気記事

4日ぶりの研究林


このところ冬に逆戻りしたような天気が続き、これといった鳥にも会えずにいた。
今日は太平洋側の天気予報は晴れマークがあるので冬のいでたちで研究林へ
目当ては青い鳥。ポイントへ到着したが鳥もカメラマンも居ない。寒くて風もあるのでじっと座って待つのも耐えられず(真冬並のもっと厚着をしてくればとちょっと後悔)
寒さしのぎに付近を歩きながら鳥を探す。

池にはマガモのつがい

c0360399_20094580.jpg


繁殖期に入りマガモもカップルで動いている


ホオジロガモの♀

c0360399_19590935.jpg


今時期までも残っていたとは予想外

c0360399_20001216.jpg


苦しいときのカラ頼み
ヤマガラ

c0360399_20020447.jpg

c0360399_20013999.jpg

ゴジュウカラ

c0360399_20070059.jpg


あきらめて車に戻り、下流側に移動して散策しながら探すことにとに

次の投稿に続く




[PR]
by n_moriya0122 | 2017-04-20 20:17 | Comments(2)

ゴジュウカラ・アカゲラほか 


MFの沼と遊水地を覗いた後、森林公園の広場へ
昨日からの暖気で広場の方は積雪の少なかった木の根本付近は地面が出てきたが、散策路の踏み固めた道は融雪が進んでいないのでズボズボ埋まって歩きにくい。奥には入らずに入口広場で鳥を待つが・・・鳥はなかなかやってこない。
ヤマガラやハシブトガラなどのカラ類がちらほら
ハシブトガラ
c0360399_22023045.jpg
ヤマガラ
c0360399_22031502.jpg
ゴジュウカラ
c0360399_22051159.jpg
幹を下向きに降りたり出来るのはゴジュウカラの特技
c0360399_22124773.jpg
c0360399_22064733.jpg
黒い過眼線と一体化して黒目がちな眼はわかりにくいがアップして何とか
c0360399_22114165.jpg
カラ類の中ではシジュウカラとハシブトガラは多いがヤマガラは暖かくなってきたら数が少なくなってきた感じでゴジュウカラもあまりいなかった。

アカゲラもちょっとだけ姿を見せた
c0360399_22173800.jpg
c0360399_22180447.jpg
c0360399_22184946.jpg


長都沼はアオサギが少々居たぐらいでほかの鳥の姿はなかった
遊水地のオナガガモは昨日・今日千羽以上は残っているがピークに比べたら1/10以下
オジロワシの幼鳥も3羽ぐらい。鳶の数がかなり多くなって遠くのものはオジロか鳶かよくわからない。雁はヒシクイが少し白鳥は数羽しか見えなかった。

移動途中の道路脇で小さな群のオオハクチョウがちらほら
c0360399_22253746.jpg
明日の予報は雨で雪解けもすすんで森の中の雪も一気に融けて歩きやすくなればクマゲラ探しに森の奥に入れるのだが・・・

今日も南へ北へ走り回った割に成果に乏しい一日だった



[PR]
by n_moriya0122 | 2017-04-06 22:36 | Comments(2)

研究林のカラ達

このところ会いたい鳥には出会えず、撮れる鳥は似たようなものばかり
おまけに今日は曇り空、曇り空では出足も鈍る。そんなこんなで今日は鳥見はお休み
先日研究林で会ったがアップしそびれていたヤマガラほかの画像でお茶を濁すことにします。ここのカラ達は人慣れして人の姿を見ると逃げるどころか向こうからやってきます。
ヤマガラが多いですね。
c0360399_16091496.jpg
c0360399_16104002.jpg
c0360399_16094369.jpg
ハシブトガラもやってくる
c0360399_16125576.jpg
c0360399_16100244.jpg




c0360399_16105717.jpg
c0360399_16132547.jpg
c0360399_16141162.jpg
シジュウカラは胸に黒いネクタイ
c0360399_16143832.jpg
c0360399_16150626.jpg
ゴジュウカラはこの日はあまり姿を見せなかった

(2017/1/26苫小牧にて)




[PR]
by n_moriya0122 | 2017-01-30 16:27 | Comments(2)

ダイサギ

今日も寒気団が居座って寒い一日でした。冬型の天気の時は太平洋側は良い天気になるので太平洋岸の北大演習林へ

池のそばの車内で休んでいたらダイサギが飛んできましたが・・・
c0360399_20551140.jpg
ダイサギにしてはちょっと小さい感じだがチュウサギやコサギでもない
c0360399_20571437.jpg
ダイサギの亜種チュウダイサギあたりかも
c0360399_20580691.jpg
他の場所では近寄ろうとするとすぐ逃げ出すサギだが、ここでは近くを散歩の人が頻繁に通るので人慣れしていてゆっくり近づけば結構近寄れるのが良いところ

森の中に入って小鳥たちをと思ったが、遊歩道が氷結してツルツルでスパイクつきの靴でもないと滑って歩けない。やむなく森の入り口でやってくるカラ達を待ち伏せしての撮影
ハシブトガラ
c0360399_21022762.jpg
シジュウカラ
c0360399_21051219.jpg
c0360399_21053521.jpg
ヤマガラ
c0360399_21061215.jpg
c0360399_21071012.jpg
ゴジュウカラ
c0360399_21074018.jpg
c0360399_21080070.jpg
森にはいってフクロウやクマゲラなんかをと思っていたのだがあきらめて撤収












[PR]
by n_moriya0122 | 2017-01-12 21:09 | お出かけ | Comments(2)

今日も厳寒

今朝は一段と冷え込んでー18.2゚C
ケアラシや霧氷は昨日撮っているので今日はゆっくりと家を出た
長都沼は今朝の冷え込みで開水面はさらにせまくなってついに水鳥の姿はなし
千歳市内の千歳川へ
c0360399_21560060.jpg
c0360399_21563311.jpg
このあたりでは冬中凍ることもないので白鳥や鴨もここで越冬するものが居る。
マガモ・ヒドリガモは人慣れして手前の岸近くに寄ってくるが
カワアイサやホオジロガモ、キンクロなどは向こう岸こちら側にはこない
c0360399_21582930.jpg
カワアイサの雄
カワアイサは雌の方が愛嬌があるので探したが見あたらず
c0360399_22024502.jpg
街中の公園へ行ってみたが、散策路は道が付いているのは一本だけ
 他はスノーシューでもないと歩けないので小鳥が来そうなところまでは近寄れず
かろうじてゴジュウカラ
c0360399_22120647.jpg
c0360399_22130338.jpg
この寒気まだ続きそうとなると長都沼は全面氷結?
森や林は雪で入れないとなると行くところが無いよ















[PR]
by n_moriya0122 | 2016-12-16 22:26 | 定点観察 | Comments(0)

北大研究林へ②

久しぶりの研究林 もう紅葉も見頃をすぎてその名残が少し
c0360399_22172983.jpg
c0360399_22175192.jpg


シジュウカラ
c0360399_2220318.jpg
我が家の庭ではもっともよく見るカラだがここでは少数派?

ゴジュウカラ
c0360399_22221591.jpg
c0360399_22224975.jpg


鴨はマガモはうじゃうじゃ居るがほかの鴨は上流側の池にホオジロガモに雌が1羽だけ
c0360399_22251357.jpg



ついでに漁港を覗いてみたが

シノリガモも居たがカメラの準備をしている間に姿が無くなっていて後はスズガモがたくさん居るだけ
c0360399_22284911.jpg
c0360399_22291471.jpg


漁港の外側遠くにカンムリカイツブリが居たが遠すぎて
c0360399_22303499.jpg
c0360399_22311648.jpg

間にフェンスがあって金網越しなのでこんな画像が精一杯
[PR]
by n_moriya0122 | 2016-11-05 07:01 | Comments(2)

アカハラ ほか

久しぶりに地元で鳥見

アカハラが地面をうろうろ
c0360399_16223363.jpg
c0360399_16225368.jpg


キンクロハジロ
今季はあまり出会いが無かったがシーズン終わりに会えました。
c0360399_1624542.jpg
c0360399_16251142.jpg


ヒガラも久しぶり
c0360399_16255738.jpg


アオジ
c0360399_16263868.jpg


ゴジュウカラ この時季のゴジュウカラのさえずりは力強い
c0360399_16272115.jpg

c0360399_16293370.jpg


森の中 地面には
エゾエンゴサク
c0360399_16304765.jpg

ニリンソウ
c0360399_16312090.jpg

オオバナのエンレイソウはまだこの3輪しか見あたらなかった
c0360399_16323135.jpg

[PR]
by n_moriya0122 | 2016-05-03 16:34 | 小鳥 | Comments(0)

冬に逆戻り? 鳥見はカラぶり

昼まえからチラホラだった雪が昼過ぎには激しい雪になって冬に逆戻りしそうな勢い
。芝生はうっすら雪化粧
c0360399_19475840.jpg

朝はいい天気なのでいつもの公園に鳥見に出たが、カラ類以外鳥の姿は無し。
毎朝散策に訪れる人たちが、ひまわりの種などをおいていくのでカラ類が集まってくる
c0360399_19443691.jpgc0360399_1945777.jpg

ゴジュウカラ(左)とヤマガラ(右)



c0360399_19494944.jpgc0360399_19505897.jpg

普通ならシジュウカラが一番よく見かけるのに、ここでは余り見ないのが不思議、ハシブトガラもヤマガラに遠慮して餌を拾ったらすぐに逃げていく。
c0360399_195735100.jpgc0360399_19575856.jpg
近くでキツツキ音がするのでアカゲラかヤマゲラかと思って探したが見当たらず。
よく見たらヤマガラが一生懸命、木をつついている、木に空洞でもあるせいか結構しっかりしたドラミングになっていた。紛らわしい
雪もちらついてきたので早めに切り上げ、途中タイヤ屋さんによってタイヤ交換をして帰宅。
[PR]
by n_moriya0122 | 2016-04-11 20:05 | 小鳥 | Comments(2)

北大研究林(苫小牧市)へそのⅠ

昨夜寝る前に今日の天気予報を確かめたら、曇りや雨や雪のマークなので今日の鳥見はお休みのつもりでいた。が、朝起きると青空。、YAHOOのピンポイント天気で天気を見ると苫小牧も晴れているので急遽お出かけ、目的は研究林のエゾフクロウ

駐車場から歩き始める、最初にお出迎えはカラ達

ヤマガラとハシブトガラ
c0360399_21555715.jpg

ヤマガラのあどけない顔
c0360399_2157678.jpg

我が家の庭のえさ台にたまにやってくるがここのように撮れない
c0360399_21584230.jpg

ハシブトガラ
c0360399_21592645.jpg

この鳥は毎日我が家の庭にやってくるのだがガラス越しにだとここのようには写らない
c0360399_21594647.jpg

c0360399_2204492.jpg

シジュウカラもいたが写しそびれていた
ゴジュウカラ
c0360399_2232252.jpg
幹を下向きにでも進めるのはゴジュウカラぐらい
c0360399_2243724.jpg
ゴジュウカラはキツツキほど激しくないが木突き音がコツコツ、これで所在が判ることがある

ヒガラ
c0360399_2262557.jpg


池まで来たらマガモ(画像は略)と雌のホオジロガモ
c0360399_2292350.jpg

とても女とは思えないすごみのある目つき
c0360399_22102215.jpg


更に進むとエナガ(シマエナガ)と予期せぬ出会い・・・・(続く)
 
[PR]
by n_moriya0122 | 2016-03-24 23:07 | お出かけ | Comments(0)

久しぶりのM川

予報が良い方にはずれてほぼ青空
久しぶりに越冬カワセミ探し・・・しかし,やはり居ません。ダイサギも上空を飛んだけど同じようなダイサギ画像が続いているのでパス
後はマガモぐらい
c0360399_1844722.jpg

いつも見ていてもほとんどレンズを向けたことがないマガモもその気で見ればきれい
マガモに限らず雌の鴨は地味
c0360399_1893715.jpg
なんか開き直っているような

背後の林で「みゃーみゃー」と子猫が鳴くような鳴き声、音の主を見たら
c0360399_18114981.jpg
ゴジュウカラがこんな声で鳴くとは知らなかった
鳥見ポイントで雀に出会うのは珍しい
c0360399_18141330.jpg

これといった鳥も来そうもないので早々に次へ

長都沼 今日も鳥はサギが居るぐらいだが、いつものタゲリポイントにカメラマンが・・・
タゲリが居た、4日ぶりぐらいかな。しかし今日も対岸で遠い
c0360399_18445658.jpg
冠毛が長いのが何とか判る。雄らしい

ダイサギが近づいていくと
c0360399_18465197.jpg

タゲリはサギが嫌いらしく飛び出して遠くに
c0360399_1851770.jpg

c0360399_18512243.jpg

少し離れたところにもう一羽
c0360399_18534779.jpg
こっちは冠毛が少し短いので雌かな

雁は今日も上空通過ばかり
c0360399_18545465.jpg
この群れは珍しくマガンが多い(ヒシクイは右端の1羽だけ)
訂正(よく見ると最後尾の1羽 嘴の付け根が白いのでマガン、お腹の横縞がないのは幼鳥だかららしい)
しかし今日もタゲリに出会えたのはうれしいがこう遠くばかりではイヤになっちまうよ。
[PR]
by n_moriya0122 | 2016-03-10 18:59 | 定点観察 | Comments(2)