タグ:オジロワシ ( 54 ) タグの人気記事

今日のオジロワシ

いつものあたりに今日は2羽止まっていました。車を降りてすぐ2羽を1フレームに
c0360399_21571530.jpg
去年までは、つがいが同じ木に止まるときはすぐ傍に止まることが多かったですが
今日の2羽は同じ木に止まっていても結構離れた位置に止まっています。

それぞれを大きく写そうと近寄ろうとすると2羽とも飛び出して
1羽は少し下流の木に止まりました。もう1羽は行方不明
c0360399_22011394.jpg
この木にとまったのを見るのは初めてです。
買い物帰りに再び付近を通るとさっきとは別の木に1羽


c0360399_22060055.jpg
上と同じ個体のようにも見えますが定かではありません。


今日は曇り空で撮影条件はあまりよくなかったですね。

[PR]
by n_moriya0122 | 2017-12-13 22:17 | Comments(0)

オジロワシとカササギ

今日は鳥見の往きと復路にオジロワシの安否確認のため「新オジロの木」のそばを通った。往き姿がなかったが、帰りに先日と同じあたりに先日と同じ個体かと思われる1羽が止まっていた。
c0360399_20363632.jpg
c0360399_20365027.jpg
c0360399_20370172.jpg
一通りのポーズは撮れたので引き上げると少し下流の(旧)オジロの木にもう1羽のオジロ、車を横道にとめて戻ってみたら飛ばれてしまった。
c0360399_20393142.jpg
日も傾いて薄暗くなってきたのでシャッタースピードを稼げない中での飛びものはちょっと厳しい。これで付近に2羽のオジロが居ることは確認できたがこの個体は若鳥っぽいのでつがいではなく親子のように思える。
12/12追記 沼の帰り漁川沿い いつもの場所より2kmぐらい下流で同じ木に2羽 少し離れた木に1羽のオジロがとまっているのを確認したが、近寄れないので撮影はあきらめた。多分つがいと子の親子3羽が来ていると思われる。


今日の鳥見の目当ては北大研究林のフクロウ、前回はお休みモードでお目々ぱっちりの画像を撮れなかったのでその再挑戦のつもりでを出かけたが、フクロウの姿はなく空振りだった。
代わりにというか、研究林近くの市街地でカササギに出会えたのでまー収穫はあった
カササギは半年ぶりぐらいの出会いかな
c0360399_20255024.jpg
カラスの仲間だが、全身真っ黒ではなく羽が濃い青で羽を広げた姿は結構綺麗なのだが
今日は止まりものだけ
c0360399_20275786.jpg
c0360399_20282262.jpg
c0360399_20290484.jpg
c0360399_20292785.jpg
雪の少ない町にしては今日は珍しくそこそこの雪がつもってカササギも喜んで雪遊び
c0360399_20295106.jpg
明日は通院で鳥見はお休みになりそうなので、研究林での鳥は明日に投稿することにします。






[PR]
by n_moriya0122 | 2017-12-10 20:50 | お出かけ | Comments(2)

今年も来ました。

・・・といっても富山の薬売りでは有りません。毎年今時期やってくるオジロワシです。
良く止まっているこの木「新オジロの木」と勝手に呼んでいる木です。
c0360399_17033641.jpg
木の右側が漁川、このあたりに遡上して産卵を終えて息絶えた鮭(通称ホッチャレ)を餌にしていると思われます。
木の手前の交通量の少ない横道に車を停め後は徒歩で木に近づきます。
c0360399_17070038.jpg
枝が込み入っているので枝をかわせるもっと良い場所を探して右往左往
c0360399_17090982.jpg
「この人何ウロウロしてるだろうね」といった顔でこっちを見ています。
400mm望遠だとフレーム一杯ぐらいの近い距離で普通ならあわてて逃げ出す距離ですが
木の枝が間にたくさんあるので近寄ってくる心配はないと安心しきっています。
c0360399_17194861.jpg
c0360399_17200572.jpg
例年、今時期から2月末ぐらいまでこの場所に良く止まっているのに出会えます。
時につがいらしきもう1羽も一緒のことが有るのですが今年は来ているのかな。
野鳥になかなか会えずブログネタに苦労する季節、今後も何度か登場願うかと思いますので宜しくお願いします。




[PR]
by n_moriya0122 | 2017-12-07 17:31 | Comments(2)

今日のMF ミコアイサ・オジロワシほか

昨日は午前中雪模様で鳥見はお休みしましたが、今朝の冷え込みは-13.3℃と厳冬期並みだったが青空が広がったので真冬の装いでMFの巡回へ
遊水地の水辺は全面氷結でこのところ徐々に増えてきていた水鳥の姿が全く見られなきなっていた。
緩やかながら流れのある長都沼は両岸近くは氷結はしているが中央部分は水路が開いてカモや白鳥の姿があった
いろんなカモの中にミコアイサ、かなり遠くてかろうじての証拠画像
警戒心の強いミコアイサ、100m以上離れているのにこちらの気配を感じたのか逃げ出した
c0360399_21164980.jpg
つられて他の鴨も飛び出し
c0360399_21171060.jpg
等倍切り出しで
c0360399_21180537.jpg
雌かまだ夏毛の雄? パンダ顔の雄の姿を見られるのはもう少し先かな
端正なオナガガモもちらほら姿があります。
c0360399_21282748.jpg
平穏な沼がにわかに騒がしくなった
c0360399_21324890.jpg
騒ぎはオジロワシが水面近くを飛んだ後対岸の木にとまったため

対岸の木の上のオジロ400mmの望遠には遠過ぎなのでCAPRI80EDをセットして
じっくりピントを合わせてパチリ
c0360399_21345891.jpg
c0360399_21351321.jpg
この沼でのオジロワシは今季初撮り昨日から2日続きの真冬日は明日ぐらいまで続きそう





[PR]
by n_moriya0122 | 2017-11-20 21:41 | 定点観察 | Comments(0)

オオワシ オジロワシ

氷点下まで冷え込んですっかり冬のような気温、日本海側では雪もふっているが
太平洋側は晴れているのでオオワシに会いに日高方面へ
前回と同じポイントへ着くとやはり崖の上の木に白黒のポチ
オオワシの成鳥です。飛ばれる前に400mmの一眼レフで証拠画像確保
c0360399_20493277.jpg
この距離ではやはり豆粒だ。前回は5,6羽は居たのだが今日は1羽だけとは少ないなぁ・・・

なんて言ってると上空にオオワシが飛来
c0360399_20522089.jpg
どうやらそばの川の方に降りたようだ
河畔林や、高くのびたススキの隙間から覗くと意外に近くに
ススキや河畔林があるので相手はこちらの存在には気が付いていないので
capri80EDをセットしてじっくりとピントを合わせる
c0360399_20533503.jpg
どうやってもススキが写り込むが何とかオオワシは綺麗に写せた
c0360399_20564488.jpg
capri80EDは等倍ぐらいまでトリミングしてもほどほどの解像が得られる

さっきの崖の方に戻ってみたら1羽増えていた
c0360399_20595681.jpg
右の1羽を5倍ぐらいにトリミング拡大
c0360399_21080379.jpg
昼が近いので一旦撤収 隣町のスーパーでお昼の食料をかって
こっちの川でオオワシ探し
こんなところで見つけました
c0360399_21103550.jpg
日高線の鉄橋の上です

上空にオジロワシが姿を見せたが
c0360399_21124139.jpg
カラスが執拗につきまとっている
c0360399_21140381.jpg
怒ったのか逆にカラスを追いかけて大きな声で威嚇
c0360399_21150265.jpg
再び最初のポイントに戻ってお昼休みしながら待機

しばらくしてさっきよりは少し近いがけの上に1羽
c0360399_21180611.jpg
まずまずの成果をえて撤収。かえり港の方も覗いてみたがウミガモには出会えなかった














[PR]
by n_moriya0122 | 2017-11-16 21:20 | 猛禽 | Comments(2)

遊水地でオジロワシほか

MFの遊水地
入り口近くの未だ水面が凍っている所にぽつんとオジロらしき猛禽
最も近い場所からEF400/eos7DⅡで撮っても豆粒
c0360399_16393221.jpg
(35ミリ換算640mm)

これではどうしようもないのでCapri80のシステムを取り出す
トリミングで3倍に引き伸ばし
c0360399_16451687.jpg
(35ミリ換算3360mm)

これでも小さいので5倍に引き延ばしてみる
c0360399_16490653.jpg
(換算5600mm)
この場所には幼鳥が多かったがこれは立派な成鳥ですね

急に飛び出した
3倍でははみ出すので2.45倍(換算2700mm)で
c0360399_16530206.jpg
(
↓(換算2610mm)
c0360399_16541950.jpg

↓(換算3360mm)
c0360399_17011974.jpg

飛び去るのかと思ったら近くで餌を捉えた鳶から餌を奪って食べた後戻ってきた
さっきよりさらに遠いのでそろそろ限界の距離
5倍までトリミング(換算で約5600mm)

c0360399_17051651.jpg
カラスに絡まれさらに遠くに逃げていった。

奥の水路のあたりは今日も沢山のオナガガモがいるがいつも同じような豆粒の鴨の大群を撮ってもしょうがないので観察だけ。今日のオナガガモ一昨日に比べて数は半分以下だがウジャウジャ居るのに代わりはない。大半はオナガガモだがわずかにコガモなどもいるようだ。スコープで観察している人に依れば遠くのコガモの群の中にアメリカコガモが1羽いるとのことだが自分の双眼鏡では小ガモの群れも探せない。
代わりにミコアイサを見つけたので、Capri80EDで撮っては見たが
c0360399_17132823.jpg
じっとしていないミコアイサのMFでのピント合わせは難しい

c0360399_17145128.jpg
真白でなく茶色っぽいところがあるのは汚れではなく夏毛に代わり始めたからか?



[PR]
by n_moriya0122 | 2017-04-03 17:30 | Comments(6)

今日も・・・・


久しぶりに隣町のヤマセミポイントへ。ヤマセミは来てくれないがシマエナガが姿を見せたのだが・・・・小枝の多い木の天辺付近をチョコマカ、今日もすっきり写せません
c0360399_16311686.jpg

c0360399_17352742.jpg
ヤマセミは今月に入って非常に出が悪いとのこと、早々にあきらめて長都沼とM遊水地へ
沼は今日も閑散、わずかにサギがポツポツと
遊水地は今日もオナガガモの大群
c0360399_17362303.jpg
後方(200mぐらい先)に、この鴨がねらいなのか鳶よりは大きいような猛禽の姿がみえた
Capri80ED+E-P5で2倍ぐらいにトリミングしてなんとかオジロワシと判明。
c0360399_17375657.jpg
どうやら3羽いて すべて幼鳥のよう。
c0360399_18025006.jpg
さらに等倍切り出しにトリミング
c0360399_18064024.jpg
c0360399_18080177.jpg
幼鳥でもやっぱり猛禽、目つきは鋭い
遊水地の土手を一周してさらに別のオジロとオオワシらしき1羽も見えたが300mぐらい先と遠過ぎなのでパス。

ヒシクイは先日よりも数が増えてきた
c0360399_20184876.jpg
西側の土手をすすむと向こうからキタキツネ
c0360399_20373012.jpg
車を停めてカメラを向けても気にせずに車のすぐ横にきてこちらを一瞥して通りすぎた
c0360399_20550019.jpg
この顔つきと車をおそれずに近づいてくるあたり、先日(3/4)長都沼そばの道路で出会った狐のような気が・・・
帰り大分自宅の近くまで来て電柱ノスリ
c0360399_20575616.jpg






[PR]
by n_moriya0122 | 2017-03-26 21:10 | 定点観察 | Comments(4)

遊水地のオジロワシ



今日は青空が出ているが強風がふいているので、鳥見は車内から
市内を流れる漁川そばのオジロワシが漁川が千歳川に合流した先のあたりの遊水地に居るらしいという情報をいただいたのでまずはこの遊水地を回ってみた
雪原に鳶?と見間違えそうなオジロの幼鳥が見えたが遠いのと逆光なので確認しただけで先に進むと、道路脇の雪山にオジロワシ。風が強いので風上に向かって前屈みの姿勢
c0360399_18111851.jpg
一応成鳥ではあるがマダラ模様が残っているので若鳥といった感じ
運転席からの撮影なので前方の目標は非常に撮りにくく、飛んだ先を追うことが出来なかった
c0360399_18150586.jpg
ここでは3羽の存在を確認できたがこれまで観察を続けてきた漁川のオジロワシとは別の個体のように思える。
この遊水地の間の道路は雪解け水で泥水がいっぱい、車も泥だらけでガソリン代の他に洗車代もかかる

その後はいつものオジロの木のそばを通り長都沼向かうが、オジロは往きも帰りも確認できなかった。
長都沼は3カ所にポツポツとオオハクチョウが全部で20羽ぐらい、ヒシクイが3羽、鴨もほんの少しと超閑散
目立ったのは一カ所に集まって朝会?中のサギぐらい
c0360399_18180695.jpg

[PR]
by n_moriya0122 | 2017-03-16 18:36 | 猛禽 | Comments(4)

3/11 ヒシクイが来て、オジロワシが去ってゆく

朝は水鳥の姿が無かった長都沼も午後、ウトナイ湖の帰り再び覗いてみたら
オオハクチョウが姿を見せわずか4羽だけだがヒシクイもやってきて少し活気が出てきました。
c0360399_21534983.jpg
c0360399_20575933.jpg
その後続々と10羽程度の群がやってきますが
c0360399_20525945.jpg

c0360399_20534522.jpg
c0360399_20542128.jpg
細長い沼の人影のない下流側に降りようと頭上を低空で通過するものが多い

今日は朝から良い天気なので朝一でこの沼に来てみたが朝はダイサギぐらいしか居なかった。
c0360399_20595514.jpg
そのままウトナイ湖に向かった。が、すでに1万以上のマガンが来ているというウトナイ湖も日中は水鳥の姿はない。ネーチャーセンター付近でアカゲラ
c0360399_21040259.jpg
他には餌台にやってくるカラ達しかいない。


いつものオジロワシ
朝、行きがけには姿がなかったが帰りに寄ったら
c0360399_21105614.jpg
昨日の個体と似た感じだが
c0360399_21113744.jpg
風で御髪が乱れると風貌も一変してしまう
c0360399_21513001.jpg
この撮影を終えて車に戻ったら別のオジロ2羽が上空通過
さっきのオジロも後を追ったのか姿が見えなくなっていた。

去年に比べて今年は結構遅くまで居てくれてた。

以上は3/11の投稿

3/18追記
この後3/14にいつもの木にとまっている姿を確認したが写真は撮らなかった
その後今日(3/18)まで毎日1度はいつもの木のそばを通っているが姿は見ないので
この日(3/11)の画像が今季の最終画像になったようだ








[PR]
by n_moriya0122 | 2017-03-15 17:05 | 定点観察 | Comments(2)

可愛い猛禽 ハイタカ



今日の鳥見はあちこち回ったがあまり成果がなく引き上げる途中
道路脇の電線にハイタカがとまっていた
c0360399_22352962.jpg
大きさは鳩ぐらいなので遠くからはツグミあたりかと思ってそのまま近づくにつれてどうも違う。一旦車を停めて双眼鏡で確認。カメラを準備してゆっくりと車で近づく。これ以上はまずいかなというところで車を停めそーっと降りて車の陰からパチリパチリ
ノスリなら逃げられる距離だがノスリほどの警戒心は無いようだ
c0360399_22390584.jpg
c0360399_22394225.jpg
オオタカと似ているが一回り以上小さくて可愛い顔
初見ではないが何年ぶりかの撮影
(昨年12月と今年の1月に撮ったのを忘れていました。)

今日も出がけにいつものオジロに会いによると
c0360399_22441069.jpg
1羽がいつもの木にとまっていたが・・・昨日の個体とは顔つきがちょっと違う感じ


c0360399_22452029.jpg
とまった位置も少し違うような
c0360399_22473150.jpg
昨日の方が穏やかな顔でこっちは少し険しい感じ

長都沼付近の電柱でノスリ
c0360399_22494089.jpg

c0360399_22500357.jpg
道路脇に居る割には車が止まるとすぐ逃げ出すので電柱ノスリは意外に手強い

今日の長都沼、やたらダイサギが目に付いた
c0360399_22531285.jpg
7羽ぐらいの群が2カ所ぐらいに

c0360399_22541625.jpg
あまり群れずに単独行動が多いダイサギが編隊飛行なんてあまり見ない
c0360399_22544176.jpg
沼の他にヤマセミポイントでも1時間以上待ったがヤマセミはおろかカワセミも姿を見せず





[PR]
by n_moriya0122 | 2017-03-10 23:03 | 定点観察 | Comments(2)