<   2017年 07月 ( 27 )   > この月の画像一覧

恵庭 花火2017

7月29日の恵庭市の花火大会の花火画像です
c0360399_23160232.jpg
Blogの残り容量が逼迫しているのでこれ以外の画像は
花ブログの方に投稿しました。下にリンクを付けておきました。

花ブログ(もりもりストレージ)


[PR]
by n_moriya0122 | 2017-07-30 23:53

カイツブリ、カワセミ

このところ、雛の誕生が近いと頻繁に様子見に通っているところが2箇所ある
今日はその2箇所へ
最初のポイント
今日か明日には雛が孵化するのではないかと見当をつけていたが、こちらは未だだった。
着いていつものあたりを見ると巣が空 何が起こったのかと驚いて様子を見ていると
すぐに親鳥が戻ってきて、卵を覆って隠していた葉っぱをよけたら
c0360399_20441213.jpg
4個の卵が現れた
c0360399_20443104.jpg
4個がお腹の下に収まらず四苦八苦したが何とか収まって抱卵続行
c0360399_20445065.jpg
孵化は明日以降かな

別のポイント
こっちの方は孵化はまだ数日先かと思っていたら・・・
意外にもすでに孵化してチビちゃんがお腹の下や背中から時々顔を出す
c0360399_20493522.jpg
目立たないので雛の部分を拡大
c0360399_20521594.jpg
まだよたよたしているのでまさに孵化したばかりといった感じ

孵化済みが3羽、未だ孵化していない卵が1個あるので親鳥は抱卵を続け
割と頻繁に交代するのでその一瞬、全部の雛が顔を見せた
c0360399_20535947.jpg
c0360399_20584459.jpg

全部が孵化すれば親も雛を背中におんぶして巣を離れ泳ぐ姿を見られるがそれはもう少し先かな。カイツブリの雛が顔を出すのを待っている間にカワセミが姿を見せたので一寸だけカワセミの方にカメラを向けた。いつもはカワセミが主役だがここしばらくはカイツブリが主役だ
c0360399_21044156.jpg
c0360399_21045194.jpg
他にマガモの母子にも出会った
c0360399_22101603.jpg
ここには鴨のファミリーは3家族ぐらい居るようだが他の家族は子も親と同じような大きさで撮影意欲はわかないが唯一この家族のチビちゃんはまだ小さくて可愛い








[PR]
by n_moriya0122 | 2017-07-30 21:06 | Comments(2)

今日のM湖 

そろそろ孵化を迎えそうなM湖カイツブリの様子見
今日の所はまだのよう
近くの暗がりにカワセミがやって来ますが遠くて暗いです
c0360399_15114280.jpg
足もわずかにオレンジになり顔つきも精悍になってきた1番子です
c0360399_15115299.jpg
c0360399_15120776.jpg
父親は2番子あたりに餌運び?、巣穴の出入りで羽が傷んで何か痛々しい感じなので
(8/6)画像は削除しました



[PR]
by n_moriya0122 | 2017-07-29 15:16 | 定点観察 | Comments(0)

M湖のカイツブリ ほか

昨日撮影済みでアップしきれずにいたI公園のカワセミ画像です
c0360399_20105923.jpg

c0360399_20113576.jpg


予報が雨だったので鳥見はお休みのつもりだったが午前中は雨はなさそうなので、気になっているM湖のカイツブリの様子を見に出かけた。
カイツブリ、巣立ち直後の雛は親の背中におんぶされている姿が可愛いのでその画像を狙っているがおんぶするのは巣立ちから2~3日ぐらいなのでまもなくと予想される孵化を見逃さないように頻繁に観察をしなければならない。

観察だけというのも何なので、しまい込んだままのAF-Borg101EDと現在使っているCapri80ED(f=560mm)の撮り比べでもしてみようと両方持参してみた。
比較画像は下の Moreでご覧下さい


More
[PR]
by n_moriya0122 | 2017-07-28 19:52 | 定点観察 | Comments(0)

I公園のカイツブリ その後

2番子の子育ては順調のようだが どっしりと巣に座り込んで抱卵していたが何か動きが
c0360399_20263247.jpg
一旦巣を離れたが
c0360399_20264717.jpg
5分もしないうちに巣に戻って
c0360399_20271529.jpg
毛繕いなどをした後はまたどっしりと
c0360399_20273364.jpg
カワセミは何度か姿を見せてくれたが明日は雨の予報で鳥見もお休みになりそうなので今日撮影のカワセミ画像は明日にとっておくことにしました。


[PR]
by n_moriya0122 | 2017-07-27 20:33 | Comments(2)

ノビタキ

午前中は一寸忙しかったので、午後になってから先日行って満足な画像が得られなかったアオバトのポイントへ再挑戦
現地着は午後2時過ぎ、平日午後なのでホッキ貝採りの人は4人ぐらいと少ないので、アオバトも降りてくるかと待ったがさっぱり姿を見せない。
暇つぶしに後ろの草地でノビタキをパチリ
c0360399_22030789.jpg
c0360399_22032701.jpg
c0360399_22034912.jpg
多分雌の成鳥だと思う

海の方では遠くで黒い水鳥が潜ったり浮いたり
c0360399_22065099.jpg
クロガモですね。今時期冬鳥のクロガモが残っているのは驚いた
2時間近く待ってもアオバトの気配がないので撤収準備でCAPRI80EDを仕舞い三脚を畳んでいると突然3羽のアオバトが
あわてて手持ちの300mmの一眼レフで
c0360399_22122996.jpg
c0360399_22133037.jpg
しかし海辺に降りることもなく去っていった。あたりを見たらハヤブサが1羽飛んでいた。
これではアオバトもしばらくはこないと判断し撤収












[PR]
by n_moriya0122 | 2017-07-26 22:20 | Comments(2)

オシドリの母子 ほか

今月6日に巣立ったばかりと思われる姿を見、その後11日に再び姿を見て以来、何度かこの沼を訪れて居るがさっぱり姿が見られなかったオシドリの母子
今日久しぶりに出会うことが出来た。
c0360399_21514202.jpg
母親に従って9羽のチビちゃん。最初にあったときも子は9羽だったのでそれからここまで1羽もかけることなく生き延びてきたとはすごい生存率。ひどいときには2~3羽ぐらいまで減ってしまう事が多いがこの場所は岸の木が倒れ込んでその陰に入ったりしてカラスなどの天敵に見つからずに済むので子育てには良い場所なのかも。
比較のため前回(2週間前)撮影の画像を下に
c0360399_21324376.jpg
再掲してみました(撮影7/11日)

c0360399_21515843.jpg
↑チビちゃんもうっすらとアイリング(目の回りに白い輪)が出来てきている
c0360399_21521959.jpg
このような場所にはいるとカラスなどに見つかる心配はないね
c0360399_21523700.jpg
木陰の暗がりに入って枝がじゃまなのでかなり近いのだが安心しているようだ
c0360399_21525402.jpg
↑換算1120mmのcapri80EDを使ったらフレームに収まらない。
次に出会うときには親子の区別が付かないぐらいに大きくなっていそう

他に出会った鳥は

カワセミが一瞬姿を見せ
c0360399_22105329.jpg
すぐに飛び去った。

c0360399_22110828.jpg
ここの抱卵中のカイツブリは今時期でまだ1番子
c0360399_22122644.jpg
このカイツブリ、何度か巣を放棄してここに落ち着いてから多分2週間ぐらいだが
時々巣を離れて20分ぐらいどこかに行っていたりでどうも心配なカイツブリだ。
去年もここでは繁殖失敗しているという過去がある。




[PR]
by n_moriya0122 | 2017-07-25 22:20 | Comments(2)

公園の沼で② カワセミ

先週からほぼ一日おきにこの公園を訪れてカワセミを写せているが
今日も結構何度も姿を見せてくくれた
対岸まで20mぐらいだが400mm(35ミリ換算で640mm)の望遠でも豆粒に近い
c0360399_21484192.jpg
capri80EDの560mm(35ミリ換算1120mm)のノントリ画像↓でも
c0360399_21522143.jpg

以下の画像は3~6倍にトリミングで引き伸ばした画像

幼鳥だが巣立って大分たって黒ずみもだいぶ薄れてきた
c0360399_21543034.jpg
今日は日差しもあって順光で光線状態が良いので400mmの画像でも何とか拡大してもまずまずの画像
c0360399_21561969.jpg
父親らしき成鳥もやって来た
c0360399_22071745.jpg




 
[PR]
by n_moriya0122 | 2017-07-24 22:08 | Comments(2)

公園の沼で① カイツブリとバン

千歳川の下流に出来た三日月湖の周り公園としたところの沼で
カイツブリは2番子の抱卵中
c0360399_21313643.jpg
もう1羽はあちこち浮かんでは潜って餌探しを繰り返したあとゆっくりと毛繕い
c0360399_21322926.jpg
c0360399_21325394.jpg
c0360399_21315153.jpg
ここの沼は細長く対岸までは20m前後と狭いので
水鳥も他より近いところで写せるのが良い。
等倍切り出しでここまで大きくなる。
c0360399_21321238.jpg
カイツブリは小さいくせに気が強く顔つきにもそれが現れている。
今日は一番子の姿を見なかった
バンも親が同時に姿を見せることはなかったので多分2番子の抱卵中か
c0360399_21331659.jpg
一番子は大きさは親と余り違わないぐらいになってきた。
c0360399_21333100.jpg







[PR]
by n_moriya0122 | 2017-07-24 21:42 | Comments(0)

海辺のアオバト

この夏、これまで行ったことのないアオバトポイント2箇所へ行ってみたが2度とも空振りだった。
今日は過去に何度か行った太平洋側の海辺のアオバトポイントへ
ここは比較的近くで1時間ぐらいの場所なので空振りでもガソリン代を損した気分にならなくて済む。
しかし、予報は晴れのはずが着いたら霧がひどい
さらにホッキ貝採りの人が随分多い
それでもアオバトの群が何度かやって来て付近を旋回しては戻っていく
c0360399_20395135.jpg
c0360399_20402004.jpg
何度目かにやってきた群はテトラブロックの防波堤の先端なら安全と思ったのか降りてきた
c0360399_20421055.jpg
c0360399_20430154.jpg
c0360399_20433944.jpg
しかし落ち着いて居られないようですぐに飛び去った。
普通ならもっと近くの防波堤の付け根のあたりにも降りるのだがこう人が多くては近くには降りてこない。
霧もなかなか晴れず、シャツもジットリと濡れ肌寒いぐらいなので1時間弱で撤収。
ただ、群は何回かやってくるので人出の少ない平日にでも再挑戦することにしよう。
帰りに寄った森で久しぶりにキビタキを見た
c0360399_20593039.jpg







[PR]
by n_moriya0122 | 2017-07-23 20:51 | Comments(2)