<   2016年 01月 ( 28 )   > この月の画像一覧

今日の長都沼 ほか

ここ数日の冷え込みで水路で先日まで開いていた部分も薄氷がはってカモの姿は全くなし
オオハクチョウが数百羽、羽を休めている
c0360399_17294781.jpg

氷の薄いところをオオハクチョウが泳いでる様はまるで砕氷船が水路を開いているような感じで細く水路が開いている
c0360399_17302993.jpg

砕氷作業を終わって氷上で一休み
c0360399_17332669.jpg


沼のダイサギはポツンと1羽で寂しそう
c0360399_17351142.jpg


沼に先立って行った茂漁川は今日もカワアイサとダイサギ
もう、飽きるほど撮っているがついカメラを向けてしまう。
c0360399_17404416.jpg

c0360399_1741628.jpg
カワアイサって潜水苦手だったかな

♂も近くに
c0360399_17421270.jpg

c0360399_17423793.jpg


背後の林の中をせせらぎ沿いにカワセミがいないか歩いているとすぐ目の前(10mぐらい)にダイサギが居るのに気づいた400mmだと少し下がらないとフレームに収まらない
c0360399_17492248.jpg
ゆっくり後ずさり太い木の陰に身を隠して
c0360399_17494395.jpg
さすがに近づきすぎたので相手も気が付いて飛んでいったが、本流のカモたちが居るところの岸近くに
c0360399_17551477.jpg
こっちは20m以上離れているのでこちらに気が付いても気にしていない。風で背中の飾りバネが揺れる姿は優雅、ついシャッターを押しすぎて帰宅後PCで確認した後はばっさりと削除
[PR]
by n_moriya0122 | 2016-01-31 18:02 | 定点観察 | Comments(0)

オジロワシ ほか

鳥見はお休みのつもりだったが、青空がきれいなので、昼頃になって家を出た
目的地は、研究林 エゾフクロウに会えればという事で
途中オジロワシが居るかどうか少しだけ回り道
c0360399_21592724.jpg

c0360399_21593720.jpg

枝を交わせる所はこのアングルぐらいしかとれなかった

研究林の鴨の居る下流側の池 一部うっすら凍っているが半分以上は開いている。マガモは人慣れして岸近くにいるが1羽だけいるホオジロガモ♀は岸から離れたところで泳いだり潜ったり飛んだり
c0360399_222761.jpg

c0360399_222203.jpg

目当てのフクロウの所へ向かうが、戻ってきた人に訊いたらいつものウロに居ないというので途中で引き返し
カラ達を相手にシャッターを切る
ハシブトガラ
c0360399_226220.jpg

シジュウカラ
c0360399_2261524.jpg

ゴジュウカラ
c0360399_2263144.jpg

ヤマガラ
c0360399_2265124.jpg
c0360399_227611.jpg
c0360399_2272039.jpg


クロガモが居ないかと漁港にも寄ってみたが、いつものシノリガ、モスズガモしか居ないのですぐに撤収
[PR]
by n_moriya0122 | 2016-01-30 22:17 | お出かけ | Comments(4)

シマエナガ他

茂漁には早めに見切りを付け隣町へ
町中の公園でシマエナガに会えたが・・・動きが激しくAFもしっかり追いつけていないのでピンの甘い写真になった。
c0360399_2234121.jpg

c0360399_2253471.jpg
c0360399_2254468.jpg
c0360399_2255317.jpg

アカゲラも久しぶり
c0360399_2262575.jpg

この際、贅沢は言えないのでヒヨドリにもレンズを向けた
c0360399_2264186.jpg


長都沼へ向かう途中の千歳川本流、道の駅付近
オオハクチョウが10羽ぐらい
c0360399_2283951.jpg
ここで春まで居るつもりのようだ
警戒心の強いキンクロハジロあ対岸よりを泳いでいる
c0360399_22101941.jpg

一寸風があったので 冠毛が逆立っておもしろい
c0360399_22111890.jpg

長都沼は中央部は開いてオオハクチョウがあちこちにあわせて100羽ぐらいいるがほとんどお休みポーズで絵にならず撮影はせずに帰る
[PR]
by n_moriya0122 | 2016-01-29 22:16 | その他の野鳥 | Comments(6)

またまたダイサギとカワアイサ

いつもの散策路では今日も越冬カワセミには出会えず
毎度おなじみのカワアイサ
c0360399_21311818.jpg
車を降りたあたりでは
雌が二羽で
c0360399_21322375.jpg
c0360399_21324577.jpg

上流へ行くとここには番らしき雄と雌
c0360399_21334276.jpg
この付近のカワアイサは♂1♀3の計4羽が居ることになる。
ダイサギ、下流で見た後、上流へいっても居たりするのは1羽が移動していると思っていたが、今日は車をおりて上流側をみたら1羽、下流側にも1羽いたので2羽いることが判ったが、すぐに飛ばれた。
上流へ行くとそのうちの1羽らしき個体
c0360399_214137.jpg
c0360399_2143427.jpg
対岸側の土手の上を散歩の人が来たらとあわてて飛び出した。

しばらくカワセミを待ったがあきらめて長都沼方面へ
[PR]
by n_moriya0122 | 2016-01-29 22:15 | 水鳥 | Comments(0)

久しぶりの長都沼

先週からの寒気も昨日からゆるみ、多分水路も開いたと思われる長都沼へ
沼につながる用水でダイサギが1羽
c0360399_19413757.jpg
このところダイサギばかり撮っているような気が・・・・ダイサギBlogじゃないんだけどね
車を降りたら飛び出して少し先の方に移動
c0360399_1944950.jpg
c0360399_19442225.jpg
c0360399_19444571.jpg
c0360399_19453797.jpg
c0360399_19455076.jpg
c0360399_19462993.jpg



ところで沼の方は予想通り水路の真ん中は開いてあちこちにオオハクチョウが戻っていた。
c0360399_19483826.jpg
c0360399_19485868.jpg


今日は気温は上がり日射しもあったが風が強く吹き晒しの茂漁川は一寸歩いたけど風をまともに受けて寒いので途中で引っ返し行き先を長都沼に切り替えた。
[PR]
by n_moriya0122 | 2016-01-27 19:51 | 定点観察 | Comments(2)

カラスに絡まれるトビ

いつものようにカワセミ待ちをしているとバックの林でトビにカラスがちょっかいを出している
c0360399_20214895.jpg

トビのこのポーズは・・・自分を大きく見せて相手を威嚇しているつもりかも
c0360399_20241056.jpg
カラスが去ってもこの姿勢
c0360399_202554.jpg
猛禽にしてはイマイチ迫力に欠け、羽色も余りきれいといえない。トンビを見つけても滅多にカメラを向けることはないが、これでも載せないと毎日同じ鳥ばかりになってしまうので

カワセミは今日も空振り、カワアイサとダイサギは今日も元気です。
c0360399_20285996.jpg
c0360399_20291422.jpg


別のポイントも予想以上に水面が開いていたがカワセミの姿はなし
鴨は、カルガモに代わってヒドリガモが幅をきかせていた。琴奨菊のまね?
c0360399_20321349.jpg

潜水の得意でない鴨はこんな感じで餌をとっていのがおもしろい。シンクロナイズドスイミングとしてはイマイチのできかな
c0360399_20324551.jpg

[PR]
by n_moriya0122 | 2016-01-26 20:41 | Comments(2)

ダイサギとカワアイサ2

今日もカワセミ探しに出かけたが昨日同様空振り
なので撮影できたのは昨日と同じダイサギとカワアイサ
c0360399_16575373.jpg
今日のダイサギは車を降りたすぐ脇の水路付近
c0360399_16593127.jpg
c0360399_16595387.jpg
c0360399_1707100.jpg

今日は散策路のすぐ傍の細い水路に居たのでかなり接近して写せた。他の場所なら50mぐらいの距離でも逃げるのだがここでは傍を散歩する人が通ったりして人慣れしているので物陰からゆっくり近づけば10mぐらいまで近づける。
昨日、雄が居ないと書いたせいか、雄のカワアイサが姿を見せた
c0360399_1712027.jpg
雌は雄のいる場所から500mぐらい上流の昨日の場所の近く
c0360399_1723570.jpg

カワセミ待ちの場所には今日もマガモが沢山
c0360399_1732890.jpg

雪が降ってきたので1時間ぐらいで撤収
[PR]
by n_moriya0122 | 2016-01-25 17:05 | 定点観察 | Comments(6)

ダイサギとカワアイサ

越冬カワセミねらいでいつもの川縁を歩くが・・・
きょうもカワセミは現れず
カモはいつもの面々、マガモの中に1羽だけカワアイサの♀
c0360399_1752850.jpg

このごろ雄の姿が見えないね
c0360399_17535232.jpg

マガモの多くは岸に上がってひなたぼっこやお休み中だがカワアイサは毛繕いしたり水中に顔をつっこんだり休になく動き回っている。
c0360399_17541689.jpg

カモの中でもカワアイサの雌は愛嬌があってかわいい顔がイイネ
c0360399_181188.jpg

ダイサギもやってきた
c0360399_1802789.jpg

c0360399_17575685.jpg
c0360399_17581828.jpg
背中にレースのような薄い飾りバネも見える
c0360399_17594396.jpg

[PR]
by n_moriya0122 | 2016-01-24 19:10 | 定点観察 | Comments(4)

オジロワシ

越冬カワセミ探しに行く途中、いつものオジロワシに出会えた。
c0360399_1885490.jpg
場所は「新オジロの木」
c0360399_1892720.jpg

c0360399_1895080.jpg
じっとこっちを見ていたが間に沢山の枝があるのでまったく気にしている様子はない。
c0360399_18115474.jpg

c0360399_1812892.jpg

帰り(2時間ぐらい後)に通ったら姿はなかったので、下流へ行ってみたら3kmぐらい下流の河畔林に姿があったが、雪が深くなって近づけないので撮影は出来なかった。
今季はまだ2羽そろった姿を見ていないのが一寸気になる
[PR]
by n_moriya0122 | 2016-01-24 18:15 | 猛禽 | Comments(0)

シノリガモとスズガモ・ホシハジロなど




漁港の中は波もなく水面が穏やか
ハジロカイツブリが潜水を繰り返している
c0360399_1735209.jpg

c0360399_17363953.jpg

でかい顔は・・・
c0360399_17372135.jpg
ホシハジロです
c0360399_17375917.jpg

ホシハジロとスズガモ♀
c0360399_17395449.jpg

キンクロハジロの♀と似ているがスズガモ♀は嘴の付け根に白斑がある
c0360399_174210100.jpg

c0360399_18372557.jpg
雄はかなり個性的、まるで前衛画家が描いたかのような模様
c0360399_1837531.jpg
比べて雌は地味すぎ
c0360399_18405740.jpg

スズガモが近づいてきた
c0360399_18431749.jpg
スズガモ、キンクロハジロに似ているがキンクロハジロは背中が黒いので見分けは簡単。
c0360399_18445751.jpg
キンクロよりも首が長いような気もする
c0360399_184820100.jpg
今季はなかなかクロガモに出会えない
[PR]
by n_moriya0122 | 2016-01-23 18:49 | 水鳥 | Comments(2)