カテゴリ:猛禽( 43 )

アオバズク

このところ、カワセミには見放された感じで、バンやキセキレイの画像ばかりが増えていくばかり。今日は気晴らしにアオバズクに会いに。ほぼ3週間ぶりで3度目
前回とほぼ同じあたり、名前のように青葉に囲まれていた
c0360399_21544281.jpg
夜行性といっても結構お目もぱっちり
c0360399_21583402.jpg
c0360399_21591716.jpg
c0360399_21570169.jpg

blogの残容量が少なくなってきました。容量確保のため画像は一部削除しました




[PR]
by n_moriya0122 | 2017-06-30 22:03 | 猛禽 | Comments(2)

エゾフクロウ 

今朝も気温は1桁、昼頃にはなんとか2桁まで行くかといった感じだが小雨も止みそうもないので鳥見は完全おやすみ。
幸い?先日撮影してこの天気を見越して温存していたエゾフクロウの画像があるので、これでご容赦を
その日、森の入口近くの広場で出会った(多分)地元の人が「今日はフクロウ2羽出ているよ」と教えてくれたのでさらに奥に向かった。
現場についていつもの洞をみたら姿はなかったが、少し離れたところで数人のカメラマンが上を見上げていたのでその先を見たら簡単に見つかりましたが・・・
c0360399_11365540.jpg
1羽は見やすい場所でこっち向きだがもう1羽は向こう向き、何とか2羽とも顔が見える場所はないか木の周りを回って探したが・・・
c0360399_11394508.jpg
こんなところが精一杯

木漏れ日というほどの日差しはなかったが周囲の緑が綺麗です]c0360399_11432752.jpgc0360399_11440726.jpg

洞(うろ)の中にいるフクロウはよく見るが、こうした若葉をバックにした姿も良いモンだ。

往復の遊歩道脇を流れる川のそばにはクリンソウ
c0360399_11450593.jpg

ズミの花も満開
c0360399_11453238.jpg


[PR]
by n_moriya0122 | 2017-06-04 12:03 | 猛禽 | Comments(4)

初見・初撮り アオバズク

図鑑やBlogなどでこの鳥の存在は知っていたが、北海道では見られない鳥だと思いこんでいたが
あるところで見られるという情報を頂き、図鑑で確認したら北海道にも夏鳥としてやって来て繁殖もするとの記述があった。今日は予報は雨だったが朝起きて空を見たら薄曇りなので早速アオバズク探しに。教えて頂いた場所の少し手前で5・6人のカメラマンが木の上の方を見上げている。意外に簡単に出会えた。
c0360399_2116126.jpg
お顔をアップで 大きな金色のお目々が目立ちます。
c0360399_2121955.jpg
 周りの新緑が又綺麗
c0360399_21221855.jpg
さらに森の奥でもう1羽 こっちは松の細い葉っぱがかかって綺麗に撮すことが出来ません
c0360399_21253629.jpg
この後 6/7および6/30に同じアオバズクを撮っていますのでここの画像は半分ほど削除シマした。理由はBlog残量の確保のためです)

情報を頂いたKさんには感謝です。

この後、クマゲラにも会うことが出来ましたが画像整理が追いつかないので明日以降の投稿になります。
[PR]
by n_moriya0122 | 2017-06-02 21:31 | 猛禽 | Comments(4)

エゾフクロウ 

久しぶりに研究林のエゾフクロウに会いに
いつもの場所について洞を見上げたら・・・姿がない。付近の木の上などを探したが見あたらない。
そうこうしていたらいつの間にか洞に
c0360399_201016.jpg

どうやら洞の奥でお休みしていて人の声がしたので出てきたようです。

寝起きなのでストレッチなんぞして・・・
c0360399_20104357.jpgc0360399_20112433.jpg
↑クリックで倍ぐらいのサイズでごらんいただけます。

c0360399_2016073.jpg
つぶらな瞳でじっと見つめています。

c0360399_20184890.jpgc0360399_20192461.jpg
↑クリックで倍ぐらいのサイズでごらんいただけます。
いつもは瞑そうモードばかりだったが、今回はぱっちりモード2羽並びは見らみれなかったがまずまず
c0360399_20255942.jpg

眠くなってきたようなのでバイバイ
[PR]
by n_moriya0122 | 2017-05-31 20:28 | 猛禽 | Comments(2)

遊水地のオジロワシ



今日は青空が出ているが強風がふいているので、鳥見は車内から
市内を流れる漁川そばのオジロワシが漁川が千歳川に合流した先のあたりの遊水地に居るらしいという情報をいただいたのでまずはこの遊水地を回ってみた
雪原に鳶?と見間違えそうなオジロの幼鳥が見えたが遠いのと逆光なので確認しただけで先に進むと、道路脇の雪山にオジロワシ。風が強いので風上に向かって前屈みの姿勢
c0360399_18111851.jpg
一応成鳥ではあるがマダラ模様が残っているので若鳥といった感じ
運転席からの撮影なので前方の目標は非常に撮りにくく、飛んだ先を追うことが出来なかった
c0360399_18150586.jpg
ここでは3羽の存在を確認できたがこれまで観察を続けてきた漁川のオジロワシとは別の個体のように思える。
この遊水地の間の道路は雪解け水で泥水がいっぱい、車も泥だらけでガソリン代の他に洗車代もかかる

その後はいつものオジロの木のそばを通り長都沼向かうが、オジロは往きも帰りも確認できなかった。
長都沼は3カ所にポツポツとオオハクチョウが全部で20羽ぐらい、ヒシクイが3羽、鴨もほんの少しと超閑散
目立ったのは一カ所に集まって朝会?中のサギぐらい
c0360399_18180695.jpg

[PR]
by n_moriya0122 | 2017-03-16 18:36 | 猛禽 | Comments(4)

エゾシカ・オジロワシなど

ヤマセミねらいで1時間強、川の畔で待っている間
暇つぶしにキンクロハジロ
c0360399_22194916.jpg

今年はあまりキンクロは撮っていなかった
c0360399_22214270.jpg
ちょっと距離があるのでのんびりと過ごしているが、流れは速いので足は激しく水をかいているのだろうね
c0360399_22221394.jpg

ホオジロガモの雌
c0360399_22252617.jpg
最近雄はよく見るけど雌は久しぶり
c0360399_22254672.jpg


帰り道路そばの林でエゾシカに出会った
c0360399_2217045.jpg
子鹿ですね
c0360399_22174551.jpg


さらに下流側に来たらオジロが川向こうの高木に
c0360399_22284631.jpg

c0360399_22292479.jpg
c0360399_2230488.jpg

高く飛んでいったのでカメラで追いかけるのをやめ、付近を見たら
離れた木に3羽、これは400ミリでは入らないのでズームで200mmぐらいで1枚に入った
c0360399_2232226.jpg

さっきの木よりも大分遠いし逆光なのでアップに耐えないのでちょっと小さく(クリックすれば大きくはなります)
c0360399_22362314.jpgc0360399_22364860.jpg

左のオジロはクチバシの先が黒っぽいので幼鳥ですね

我が町のオジロ、往きにいつもの場所を通った時には姿が見られなかったが、ちょうど三脚をもったカメラマンが車の方に戻ってきたので直前までは居たらしい。
[PR]
by n_moriya0122 | 2017-02-15 22:44 | 猛禽 | Comments(4)

オジロワシ 久しぶりの2ショット

今朝はイマイチすっきり晴れてくれず、鳥見はお休みにしようか迷ったが明日から3日ぐらい雪の予報で休みが続きそうなので結局出かけることにした。
いつものオジロ、光線状態も悪いので1羽だけだったらパスしようと思ったら
2羽とまっている。
c0360399_21543076.jpg
2ショット画像は久しぶり
2羽を1枚に入れるにはレンズを70-300ズームに付け替えてパチリ
400ミリにもどして大きく、上の1羽
c0360399_22180813.jpg
下の1羽枝がかぶらないポイントを探しているうちに飛んで行ってしまった。
あれあれ、なんて言ってたら上の1羽も居なくなった
軽く下流側を探索したが見つからず。

余計な時間を取ってしまったので隣町に行くのはやめて
市内を巡回しナナカマドの並木に小鳥
c0360399_22231649.jpg
なんだヒヨドリかとがっかりしたがツグミも居ました
c0360399_22245273.jpg
c0360399_22251327.jpg
アトリの姿その後見なくなりました。待ちわびているレンジャクはまだか
M川あたりでダイサギでもと思ったが、ダイサギどころか鴨もほとんど居ない。
午後から札幌へ出かけるので早めに鳥見は切り上げて戻る途中もう一度オジロの所を通ると1羽が戻っていました。
ついカメラを向けてしまうなぁ
c0360399_22303389.jpg
c0360399_22305389.jpg
変わった動きはないが顔の表情はいろいろ
c0360399_22314869.jpg
c0360399_22331309.jpg
c0360399_22332870.jpg
このところ代わり映えしないBlogネタばかりだが
来月にはオジロワシも北へ帰り来冬まで会えないので今のうちたっぷりと







[PR]
by n_moriya0122 | 2017-02-11 22:40 | 猛禽 | Comments(4)

隣町でオジロワシほか

隣町の鳥見ポイントからの帰り道路脇の崖のうえの木の上にとまっているオジロワシ2羽を発見、車を手前の路肩に寄せて停車、車をおりて前にすすむと手前の方の1羽が飛び出したのでその先の1羽の方にすすんでパチリ

c0360399_18543854.jpg
崖が20m以上さらに木の上なので結構遠い。上を見上げての撮影は首が痛い。
程なく飛び出し
c0360399_18561663.jpg
地元のオジロの場合とまっている場所は近いが、とんだ後はとまっていた木の向こう側に行くのでこんな飛び姿は撮れない

c0360399_18565869.jpg
胸のあたりのマダラ模様も消えているので成鳥のようだが、まだ若い感じ
c0360399_18572826.jpg
青空も綺麗

c0360399_22090175.jpg
飛び去ったのかと思い車に戻っていくと車の後方100mぐらい先のがけの上に
1羽がとまっている。先に飛んだ1羽がとまったのかもしれない
c0360399_18591600.jpg
ゆっくり近づいていくがまたすぐ飛び出し
c0360399_19405312.jpg
今日は日本海側が雪模様なので太平洋側の隣町の川の上流へ
ねらいはヤマセミだが2時間以上待っても気配なし、昼になったので撤収しその帰り道でのオジロの撮影だった。ヤマセミに会えず消沈しての帰路だったのでオジロワシの飛翔を撮れて良かった。

ヤマセミポイントに来た鳥たち

ミヤマカケス
c0360399_19454041.jpg
ゴジュウカラ
c0360399_19464199.jpg
カワアイサ
c0360399_19490504.jpg
c0360399_19472487.jpg
キンクロハジロも


c0360399_19481177.jpg
c0360399_19510630.jpg
おまけは、向こう岸にはタヌキまで
c0360399_19514515.jpg







[PR]
by n_moriya0122 | 2017-02-07 19:56 | 猛禽 | Comments(2)

オジロワシ吼える


今朝もいつもの木に1羽でとまっていたが光線状態も悪いのでパス、午後ウトナイ湖の帰りに再び通ったときは薄日も出てきたので車を降りてレンズを向けた。
昨日と違って向こう向きにとまっていたので見返りの図
c0360399_21242048.jpg

別のオジロが上空を通過し上流へ行ってしまった、それを見送ったあと
c0360399_21194916.jpg
大きな鳴き声
c0360399_21214444.jpg
飛び去った相手に向かって何か呼びかけているような感じだった。
しばらくしたら・・・
おっとこの姿勢はフン射の体勢か
c0360399_21311111.jpg
その瞬間
c0360399_21321342.jpg
(あまりお見せできる場面ではないので小さくしてありますがクリックで拡大表示は出来ます)
大概そのあとは飛び出すことが多いので待機していたら
c0360399_21335155.jpg
ここでの飛び出しは木の枝が多くてうまく撮れないが
c0360399_21355466.jpg
何とか全体像がわかるものが1枚だけあった
しかし、これは飛び出しではなく、別の枝に飛び移っただけだった
少し場所を変えたらまたほぼ全身が写せたが動きがないので撤収。
c0360399_21373495.jpg
今日はウトナイ湖のサンクチュアリーへ、しかし散策路を歩いても鳥影はなし。
早めの撤収。新千歳空港が近いので離着陸する飛行機などを撮っり千歳の街中で昼食をとっての帰途でオジロの撮影を20分ぐらいして帰宅

More(ウトナイ湖上空、着陸態勢の旅客機画像)
[PR]
by n_moriya0122 | 2017-02-04 22:18 | 猛禽 | Comments(0)

今日のオジロワシ

街路樹のツグミを撮ったあと、帰り道いつものオジロの所を回ってみると
「新オジロの木」に1羽 
昨日は素通りしたので今日は車を降りる
c0360399_20390596.jpg
いつも同じような画像なのでたまには違った方向から撮れないかなんてうろうろしていたら
上流へ向かって飛び出した後すぐに戻ってきたが同じ木にはとまらずそのまま下流へ飛び去った。
車に戻って、下流に向かって車を走らせ探索に(撮影よりこっちの方が楽しいかも)。
昨日車がスタックしたあたりにいるかと思ったら見あたらず。さらに下流へ向かったり対岸側の道路を走ったり、20分ぐらい探し回ったが1羽も見つけられず再び元の「新オジロの木」に戻ってきたら・・・・
ビックリポン!! オジロも1羽戻っていた
さっきと同じ場所なので撮るまでもないとそのまま帰宅のつもりで下流へ車を走らせると・・・

途中の木に1羽、
c0360399_20550574.jpg
この木は「(旧)オジロの木」一昨冬まではいつもこの木にとまっていたのだが昨冬から「新」の方にとまることが多くなり、今冬はまだこの木にとまったのは見たことがなかった。
手前の太い枝がじゃまだがどうやっても避けるのは無理
c0360399_20581964.jpg
向きの違ったものをなんてやっていたら
上空を別のオジロ、遠いが何とか成鳥だと判る。たぶんさっきの1羽
c0360399_21000076.jpg
同じ木にとまる積もりはないらしく上空高いところを通り過ぎた。
しばらくしたら今度は上空を気にするようなそぶり
c0360399_21062608.jpg
上を見ると又1羽のオジロが下流から上空へ向かって通過
c0360399_21072221.jpg
さっきの1羽と違ってお腹のあたりがマダラ模様だったり尾が真っ白でないのは
幼鳥の特徴。先日の3羽が写った画像では成鳥幼鳥の区別までよくわからなかったが
どうやら両親と子の組み合わせと推測できる。






[PR]
by n_moriya0122 | 2017-02-01 21:26 | 猛禽 | Comments(2)