カテゴリ:定点観察( 158 )

今日のMF

昨日は結構気温が上がったので、全面氷結していた、遊水地や長都沼の水面も開いたとの予測でその様子見に出かけたが
M遊水地
がっちり凍っていたせいか今日も全面氷結で鳥の姿はなし
長都沼
岸辺とその近くは氷結して居ても中央部は広く開いていて、鴨や白鳥などの水鳥で賑やか
ほぼ1週間前と同じような感じ、オオハクチョウは先週よりも多い感じ、鴨の種類も殆ど同じ
c0360399_20413763.jpg
沢山の鴨の中にアメリカヒドリを一瞬見つけたがすぐ見失ったので双眼鏡で丹念に探していたら・・・・お気に入りのミコアイサが見つかった。
鴨の中でもミコアイサだけは特別なのでカメラで追いかける。
c0360399_20420193.jpg
以下

5倍ぐらいまでトリミング
c0360399_20441246.jpg
c0360399_20442709.jpg
c0360399_20444936.jpg
c0360399_20451141.jpg
c0360399_20475565.jpg

対岸に上がってお休み中の雌
ミコアイサ、これまで泳いでいる姿と飛んでいる姿は見たことがあるが陸に上がってお休みしている姿を見たのは初めて。遠くて豆粒ですが一応証拠写真としてアップしておきます。

c0360399_20482301.jpg



[PR]
by n_moriya0122 | 2017-12-12 20:54 | 定点観察 | Comments(0)

沼の鴨たち

このところ毎日のように観察をしているMFの沼ですが、昨日は撮影はパスしたので
今日は久しぶりにcapri80のセットを取り出してカモを重点にじっくりと観察
マガモ、ヒドリガモが多いですがキンクロの数も増えてきました。ホシハジロも少し居ましたがみなお休みモードなのでレンズは向けず
c0360399_20103284.jpg
展望台付に集中している鴨たちが急に騒がしくなったのは
どうやら上空にオジロかオオタカあたりの猛禽が姿を現したからのようです。
c0360399_20191003.jpg
今季これだけまとまった雄のキンクロを撮るのは初めてですね
他に珍しい鴨はいないかと双眼鏡で探していくと・・・
c0360399_20252010.jpg
中央キンクロハジロの後ろの深緑の頭の鴨はヨシガモ。右下はホシハジロ
c0360399_20265276.jpg
顔を背中に埋めるようなお休みモードだと向きが変わると見つけられなくなってしまう

アメリカヒドリも居ました。
c0360399_20283162.jpg
c0360399_21291413.jpg
これも光線の当たり方により目から後頭部にかかる緑の部分の色が微妙に変わるので
一旦目をそらすと再び探し出すのに苦労する。頬の部分がごま塩模様なので純粋のアメリカヒドリのようだ。目印の顔が見えないお休みモードに入られたら見つけ出すのは困難

今日も一番の目当てはミコアイサ
c0360399_20340748.jpg
c0360399_20342677.jpg
c0360399_20344772.jpg
これまではミコアイサを見つけてからカメラをセットしているとその間に遠くに逃げられるということが多いので手持ちの400mmで撮ることが多かったが、今日は相手が姿を見せる前にCapri 80ED一式をセットして雑草の影に隠れるようにしてじっくりと待つ作戦で何とか手前に寄ってきてくれた(といっても50mぐらいは離れている)












[PR]
by n_moriya0122 | 2017-12-01 21:16 | 定点観察 | Comments(2)

今日の沼と公園 &一昨日の続き(研究林で)

沼の横の道路にキタキツネ、子狐のように見えます。栄養状態は良さそう
c0360399_20385562.jpg
この場所のキタキツネは車を停めると近寄ってきて餌でもくれるのかといった態度
多分、車を停めて餌をくれる人が結構居るのではないかと思われます
もらえないと判ったら道路から沼の方にはいっていったが未練がましくこちらを一瞥
c0360399_20424572.jpg
オオハクチョウ、昨日より大分少ないと思っていたが
三々五々戻ってきて徐々に数が増えてきた
c0360399_20453527.jpg
マガン、2羽だけ・・・もしかして昨日の2羽かな
c0360399_20481287.jpg
カモの多くはヒドリガモだが珍しくホシハジロも群で居たり
今日もミコアイサを探す、何とか見つけたが近寄ると逃げ出すので遠くから
c0360399_20504375.jpg
それでも気配を感じたらしく飛び出し
c0360399_20523594.jpg
c0360399_20531147.jpg
今日も似たような画像しか撮れず

水辺で水鳥を待っていると、さっきの狐が凍ってあるきやすくなった湿地にやって来た。
c0360399_22043715.jpg


ウオーキングを兼ねての鳥見に中央公園へ
ここにもカモがいろいろ
ヒドリガモ、マガモ、カルガモは画像は省略
コガモが少し
c0360399_20551999.jpg
オナガガモは1羽だけ
c0360399_20570671.jpg
ホオジロガモの雌も1羽だけ
c0360399_20580155.jpg
オナガガモもホオジロガモもここで見るのは初めて


ここからは11月25日の北大研究林

ダイサギは画像削除しました

エゾリス
c0360399_21461098.jpg
このところ何度も登場しているエゾリスですが、姿を見るとついカメラを向けてしまいます
c0360399_21472458.jpg
c0360399_21483636.jpg
もう1匹は・・・
c0360399_21493411.jpg
木の皮を一生懸命剥いでいます。
c0360399_21510595.jpg
木の皮は食べるのではなく冬越のベッドを作る材料を集めて巣穴に運ぶつもりのようです


駐車場まで戻ってきたら脇の低木にちっちゃな鳥
c0360399_20275782.jpg
キクイタダキです
c0360399_20283981.jpg
なんとか頭の黄色が写っていました。
ゴジュウカラもお見送りに来てくれたが画像は削除














[PR]
by n_moriya0122 | 2017-11-27 22:00 | 定点観察 | Comments(2)

今日の長都沼(ミコアイサ) & 昨日の続き(漁港の海ガモ)

朝まで10cmちょっとの降雪 今季初の雪かき作業をしました。
今日の鳥見は近場の沼へ
今日の長都沼
オオハクチョウのファミリーが少々(画像は削除
沼も開水面以外の所に雪がつもって岸近くはシャーベット状

珍しくマガンが2羽だけ、仲間とはぐれてしまったのでしょうか
c0360399_19471265.jpg
先日から毎回探しているミコアイサの姿がありましたが相変わらず遠く
水辺まで結構距離が有るところなのでミコアイサの居るあたりは100m近くです。

少し近いところに雄と雌
c0360399_19505220.jpg
対岸の所には雄が3羽、雌も4羽ぐらい集団で居ましたがカメラを向けた途端に飛び出し
c0360399_19545175.jpg
c0360399_19551962.jpg
今日一番近いところで撮れたのは
c0360399_19572544.jpg
c0360399_19575304.jpg
c0360399_19582197.jpg
証拠画像としては良く撮れた方かな


漁港で海ガモ(昨日11/25の続き
湾内にはスズガモがすこしだけ、海ガモは潜水が上手
c0360399_20321382.jpg
c0360399_20325394.jpg
スズガモだけとは寂しいなぁ・・と思っていると
沖の方から10羽ぐらいの鴨が湾内に入ってきた。
双眼鏡で確認するとシノリガモだ。岸壁を回り込んで近寄ってパチリ
c0360399_20363885.jpg
アートのような模様の雄に対し地味な雌(下の画像の左の手前の1羽)
c0360399_20380078.jpg
↓手前が雄、後ろが雌でその間にスズガモ(多分雌)
c0360399_20425588.jpg

シノリガモは仲良く隊列を整えて集団で移動することが多いが
時には、仲間でいさかいも
c0360399_20393381.jpg
c0360399_20475536.jpg
c0360399_20482979.jpg
クロガモはまだかな

この後昼食を摂って研究林へ・・・続く















[PR]
by n_moriya0122 | 2017-11-26 20:53 | 定点観察 | Comments(0)

今日の長都沼 ほか

遊水地
結局きのうの暖気でも殆ど融けず、今朝の冷え込みでまた完全氷結して又鳥は姿を消しました。
長都沼
水面の開いている長都沼は白鳥、鴨の数は増えた。
オオハクチョウは出かける群がいれば戻ってくる群もある
c0360399_21114259.jpg
わずかだがヒシクイのファミリーも散見される
c0360399_21124808.jpg
もう南へ渡ったと思っていたカイツブリが未だ居ました
何に驚いたのか水面を走って飛び出し
c0360399_21144394.jpg
c0360399_21150662.jpg
c0360399_21152803.jpg


ヒドリガモとアメリカヒドリ

千歳川の本流にヒドリガモが沢山来ていたが
c0360399_21164992.jpg
その中にアメリカヒドリが
c0360399_21191685.jpg
生粋のアメリカヒドリは頬のあたりは灰白色(ごま塩状)だがこの個体はちょっと赤みを帯びた白
もしかしてアメリカヒドリとヒドリガモとの交雑種かも知れない
胸から横腹の色はヒドリガモ↓は胸は赤茶だが横腹はグレイ
↑は胸も横腹もほぼ同じ赤茶色でアメリカヒドリの特徴
c0360399_21260297.jpg
雄のアメリカヒドリのそばの雌はアメリカヒドリの雌かな
手元のガイドブックに拠れば「アメリカヒドリの雌はヒドリガモの雌に比べて全身が赤味が強い褐色」とありこの雌はそのように見える
c0360399_21352253.jpg
アメリカヒドリ本来は北米大陸で繁殖するらしいがヒドリガモの群に混じって
日本にもやってくる。このためヒドリガモとの交雑もよく見られるとのこと
18日投稿のアメリカヒドリ(証拠画像)も今日の個体とかなり似ている気がしてきた

↓11月18日投稿の画像を再掲してみました。
c0360399_21350259.jpg




 

[PR]
by n_moriya0122 | 2017-11-24 22:07 | 定点観察 | Comments(2)

今日のMF ミコアイサ・オジロワシほか

昨日は午前中雪模様で鳥見はお休みしましたが、今朝の冷え込みは-13.3℃と厳冬期並みだったが青空が広がったので真冬の装いでMFの巡回へ
遊水地の水辺は全面氷結でこのところ徐々に増えてきていた水鳥の姿が全く見られなきなっていた。
緩やかながら流れのある長都沼は両岸近くは氷結はしているが中央部分は水路が開いてカモや白鳥の姿があった
いろんなカモの中にミコアイサ、かなり遠くてかろうじての証拠画像
警戒心の強いミコアイサ、100m以上離れているのにこちらの気配を感じたのか逃げ出した
c0360399_21164980.jpg
つられて他の鴨も飛び出し
c0360399_21171060.jpg
等倍切り出しで
c0360399_21180537.jpg
雌かまだ夏毛の雄? パンダ顔の雄の姿を見られるのはもう少し先かな
端正なオナガガモもちらほら姿があります。
c0360399_21282748.jpg
平穏な沼がにわかに騒がしくなった
c0360399_21324890.jpg
騒ぎはオジロワシが水面近くを飛んだ後対岸の木にとまったため

対岸の木の上のオジロ400mmの望遠には遠過ぎなのでCAPRI80EDをセットして
じっくりピントを合わせてパチリ
c0360399_21345891.jpg
c0360399_21351321.jpg
この沼でのオジロワシは今季初撮り昨日から2日続きの真冬日は明日ぐらいまで続きそう





[PR]
by n_moriya0122 | 2017-11-20 21:41 | 定点観察 | Comments(0)

地元の水辺

未だ完成していない近くの遊水地です
一部は数年前から水をためていて渡りの時期には渡り鳥がやって来ます。
日曜の今日は工事も休みなのでのぞいてみました
池(沼?)が大きいとカモなどは池の中央にいるので遠くてカモの種類などはよくわかりません。
少し手前に雁が居ます
今季余り出会えていないヒシクイの姿がみえます。普通ならこの距離では逃げられるのですが間に高くのびた雑草があるのでこちらの存在には気が付いていないようです。
c0360399_22330942.jpg
capri80をセットして雑草の隙間から
c0360399_22332238.jpg
c0360399_22334011.jpg

続いて漁川上流のかつてのヤマセミポイント
先日の台風のせいか、またも工事が・・・

取水ダムの水が抜かれて大雨で流れ込んだ土砂を取り除く工事のようです。
c0360399_22385874.jpg

ここ3年台風で大雨になるたびにあちこち被害に見舞われ、絶え間なく工事が行われています。そのためヤマセミには殆ど会えなくなってしまいました。
ヤマセミポイントとして復活するのは何時になるのでしょう。






[PR]
by n_moriya0122 | 2017-11-05 22:53 | 定点観察 | Comments(0)

オオハクチョウ・ヒシクイ・マガン

遊水地の水辺にも大分水鳥が増えてきました。
c0360399_22320384.jpg
次々と雁の群はやってみますが降りずに通過する群が多いです。この群はヒシクイの群
こちらはマガンです。上空を飛んでいるときは編隊の体型が綺麗です
c0360399_22380488.jpg
ヒシクイの小さな群は目の前の水辺に着水(画像削除)
オオハクチョウはどこかにお食事にお出かけ(画像削除)
さっき降りたヒシクイ100m以上先に居るので久しぶりにCapri80EDを取り出して
3倍ぐらいにトリミング、すぐそばにいるみたいに見えますね。
c0360399_22453428.jpg
鴨も数は増えてきたがマガモやカルガモなど見飽きた鴨ばかりだががハシビロガモが1羽見つかった。(画像は削除2017.12.11)




[PR]
by n_moriya0122 | 2017-10-28 22:53 | 定点観察 | Comments(1)

長都沼の黄昏れ

今週は秋らしい良い天気の日が続いています
午前中に長都沼に出かけても鴨が少々居るだけで白鳥や雁の姿がありませんが
帰り道の脇の畑にオオハクチョウがいました
c0360399_22053765.jpg
大豆の収穫が終わった後かな落ち穂ならぬ落ち豆でもあさっているのかも
夕方再び長都沼へ
c0360399_22091428.jpg

ヒシクイが戻ってきました
c0360399_22100602.jpg

c0360399_22120915.jpg
c0360399_22123543.jpg
オオハクチョウの着水はダイナミックです

寂しかった水面も大分賑やかになってきました、ねぐら入りはさらに暗くなってからがピークらしいが夕食の準備もあるというので切り上げて帰路へ






[PR]
by n_moriya0122 | 2017-10-27 22:16 | 定点観察 | Comments(2)

再開しました

台風21号か来る前にとあわてて一昨日の午前の便で帰宅しました。
昨日は台風の余波で雪交じりの雨で夏タイヤの車では外出も出来ず
ようやく今朝鳥見を再開できました。
不在の間にMFの沼や遊水地はだいぶ感じが変わっていました。
遊水地にはオオハクチョウの小さな群が
c0360399_21261219.jpg
待っている間にも小さな群がやって来ます
ヒシクイもやって来ますが殆ど上空を通過
c0360399_21302364.jpg
南に向かって飛んでいく。行き先は?ウトナイ湖あたりかな

ウトナイ湖まで足を伸ばして見ましたが
雁や白鳥は湖の真ん中よりもさらに向こうに
道の駅脇の岸辺には、渡らずに夏を過ごしたヒシクイが1羽いるだけ

c0360399_21344023.jpg
街路樹などの紅葉はピークを過ぎて散ってしまったものが多いが、中にまだ錦を保った木も散見される
c0360399_21372837.jpg








[PR]
by n_moriya0122 | 2017-10-24 21:38 | 定点観察 | Comments(2)