カテゴリ:風景( 17 )

桜前線を追いかけて 2017花見最終章

我が町や近郊の桜はすでに見頃をすぎたようだ。
過ぎ去った桜前線を追って石狩市の厚田地区へ片道60kmあまりの花見ドライブ
目的地は創価学会戸田記念墓地公園
ここの桜は素晴らしいく一般の人にも公開されているという話を聞いてはいたが、学会とは無関係なのでちょっと躊躇していたのだが今回思い切って行ってみた。

広い道路の両側や墓地の中の道路などあちこちの桜並木は満開
c0360399_20441811.jpg
北海道ではあまり無いソメイヨシノがここには8千本もあるとか。品種がそろっているので花期もばらつきが無く咲きそろっているのはまさに壮観
c0360399_20531900.jpg
やっぱり桜はソメイヨシノだね。
c0360399_20315711.jpg
綺麗に並んだ墓石は皆同じ形で小さく芝生があたりを覆っているので一般的な墓地の陰気なイメージはない

園内のあちこちに駐車場もあり、また道路も道ばたに駐車してもいいのでかなりの車が入っても駐車場所に困ることはない。
c0360399_20490961.jpg
墓地内の道路は一歩通行になっていてここも車を停めても大丈夫
公園は小高い丘なので残雪が残った山並みを背景に並木が見えたり眺めも良い
c0360399_20505728.jpg
今日の天気は昼前まで晴れたので何とか青空の下の花見ドライブが出来たが、帰る頃には厚い雲がかかり風が強くなって今回の花見は何とかセーフだった。






[PR]
by n_moriya0122 | 2017-05-10 21:06 | 風景 | Comments(2)

昨日の宮島沼 マガンのねぐら入り



昨日は午後3時過ぎに家をでて4時半頃宮島沼付近に到着しましたが沼は閑散
付近の農道を雁を探し回ってなんとか姿を見つけることが出来ました
c0360399_18151821.jpg
雁はマガン、MFの長都沼付近では圧倒的にヒシクイが多いのに比べこのあたりはマガンが多いですね。マガンとヒシクイでは渡りのルートも違うのでしょうね。
c0360399_18181078.jpg
沼に戻って帰ってくるマガン達を待つ
日没が近づいてようやく雁の群が戻ってきました。
c0360399_18194974.jpg
まもなく日没
c0360399_18232736.jpg
戻ってくる群れもだんだん多くなってきました。
c0360399_18284986.jpg
18時15分頃 日没です
c0360399_18245923.jpg
それでもまだ沼の雁はあまり多くはありません。(1万とかのレベルではないかな)

18:20頃
戻ってくる群が多くなってたちまち沼の雁の数が増えていきます
c0360399_18312080.jpg
18:25頃
c0360399_18335808.jpg
18:30頃 突然沼に降りていた雁達が一斉に飛び立ちました
c0360399_18353546.jpg
オジロワシとかが来たのでしょうか・パニック状態です。

向こう岸寄りから手前の方に移動してきました
c0360399_18375013.jpg
多分6万以上は居ると思われる大群が目の前に飛び交う迫力は画像では表し切れませんでした。
(Blog宮島沼日記では4/13日のねぐら立ちは8万4千羽と記述されているのでこれに近い数がいるとおもわれます。)





[PR]
by n_moriya0122 | 2017-04-15 19:08 | 風景 | Comments(4)

モノトーンの世界

もうすぐ3月だというのに今朝は-19.8℃と第一級の冷え込み、風もなく青空が広がっりうっすら積もった新雪であたりは綺麗な銀世界、霧氷が融けて消えてしまわないうちにと朝ドラも見ないで急いで家を出た。遠くの山々もくっきりとして綺麗
c0360399_21590681.jpg

木々は霧氷で白く装い、川には水面から立ち上がった水蒸気が湯気のようになった「ケアラシ」
c0360399_21275274.jpg
c0360399_21292004.jpg
↑漁川18号橋から
去年河川敷の木々がかなり伐採されたのでちょと雰囲気が出ないですね。

千歳川の方はケアラシの中に白鳥の姿がぼんやり(長都大橋から)
c0360399_21180161.jpg
c0360399_21342431.jpg
ダイヤモンドダストが朝日をうけてキラキラ
c0360399_21310676.jpg
大分修行が足りないようでうまく写せないです(m(__)m)
帰りいつものオジロは?少し回り道すると
いつもの木の対岸の水辺に近い木に2羽
c0360399_21403640.jpg
昨日は姿が無かったので北に旅立ったのかとも思ったが未だ居たようです
いつもならこれから出発といった時間に一旦帰宅

昼頃からヤマセミに会いに行ったが今日もヤマセミには会えず
越冬カワセミは姿を見せたが先日と同じでごま粒、枝かぶりばかりで代わり映えしないのでカワアイサだけ撮ってすぐに撤収
c0360399_21501229.jpg
c0360399_21503480.jpg
再びオジロのご機嫌を伺って
c0360399_21480307.jpg
c0360399_21492786.jpg
ジャンケンポン 最初はグー
c0360399_21482633.jpg




[PR]
by n_moriya0122 | 2017-02-27 22:02 | 風景 | Comments(4)

厳寒の朝 長都沼付近

今朝もほぼ昨日と同程度の-21.6℃まで冷え込んだ。昨日は途中であきらめた冬景色撮影のためいつもより早めに家を出た(オジロの木は後回し)

雪原の向こうに三角形の山容が特徴的な恵庭岳
c0360399_17440647.jpg
防風林も霧氷で白化粧 
c0360399_17451071.jpg
長都大橋から千歳川、その向こうは高速・道東道の橋
c0360399_17460346.jpg
川面には川から立ち上った水蒸気が湯気のようになった「けあらし」
両岸の河畔林も霧氷ができて白くお化粧
c0360399_17531958.jpg
c0360399_17501201.jpg
ケアラシの中にぼんやりとハクチョウの姿が見える
橋の下をマガモが下流に向かって飛んでいった
c0360399_17512574.jpg
長都沼へ 沼沿いの道路も両脇の木々も霧氷に覆われている
c0360399_17571096.jpg
沼も完全氷結 鳥の姿もなく静まりかえっている
c0360399_17581278.jpg
今朝は往きに回避した漁川沿いのオジロワシ探し帰りに寄ってみたら姿がなかった。
時間もあったので下流に向かってオジロ探し、あっさりと2kmぐらい下流で見つけました。
道路が川から離れる所なので河畔のこの木まではかなりの距離(150mぐらい)

交通量の少ない道路なので車を路側に寄せてCapri80ED(換算1120ミリ)のセットを取り出して撮してみたが・・・

c0360399_18000615.jpg
霧氷に覆われた枝が顔の当たりにかかってどうやってもかわせない
c0360399_18124147.jpg
「霧氷とオジロ」ということで画像はショボイものしか得られなくてもオジロが居そうな所を探し回って見つけたときの気分は又格別
c0360399_18143987.jpg
10時を回った頃になっても未だ気温は-13℃ぐらい
木々のお化粧は未だはがれない













[PR]
by n_moriya0122 | 2017-01-14 18:24 | 風景 | Comments(6)

厳寒の朝 

夜明け近くから晴れ上がったらしく、放射冷却で-13.6゚Cまで冷え込んだ
こんな日、川面には川霧、河畔林には霧氷が出来幻想的な風景が現れる。
気温が上がる前にと急いで家を出て
まずは、地元の漁川の18号の橋の上から
c0360399_2139856.jpg
(8:20)
河川敷もすべて深い霧でここが川だとは判らない
(8時の気温は-12゚Cぐらい)
千歳川へ向かう途中の農道から 恵庭岳方面を
c0360399_2143921.jpg
(8:30)

次は急いで千歳川と長都沼へ
長都大橋に近づくと川だけでなく一体が深い霧(8:40) これでは絵にならずと次

長都沼は霧は薄くて見通しはよい。上流側は水路が開いていてマガモが少し
c0360399_21482499.jpg
(8;45)
下流側はほとんど氷結して中央部にわずかに水面が開いているものの鳥姿はなし
ススキや河畔林にはきれいな霧氷
c0360399_214717100.jpg
(8:50)
帰り再び長都大橋(9:00の気温は恵庭-9.1゚C千歳-9.2゚C)
霧も大分晴れて川面にまるで湯気のような「けあらし」
c0360399_21532995.jpg
(9;10)
オオハクチョウがいます。沼の方はほとんど氷結したのでこっちに来ていたのですね
c0360399_21551266.jpg
ケアラシでぼんやりとかすんだ白鳥や鴨、モノトーンの幻想的な景色が広がります。
c0360399_221429.jpg

c0360399_2204769.jpg
(9:15)

予想した風景が撮れたので鳥見はあきらめて帰宅

途中の農道で車の前方をコウライキジが横切って路肩の雪山に降りた
c0360399_2284445.jpg
(9:00)

フロントガラス越しの撮影なのでピントが合いません。残念
[PR]
by n_moriya0122 | 2016-12-15 22:09 | 風景 | Comments(2)

一気に雪景色

c0360399_21511543.jpg
今朝8時頃の我が家の前の様子です。
c0360399_21502798.jpg
スリップによる交通事故のニュースも入っています。
タイヤはスタッドレスに履き替えては居ますが今日の鳥見はお休みしました。


この状態で根雪になることはないとは思うのですが・・・






[PR]
by n_moriya0122 | 2016-11-05 21:54 | 風景

紅葉の恵庭渓谷(10.15)

毎年ほぼ同じ時期(10月14日前後)に訪れている地元の紅葉ポイント
c0360399_20152043.jpg
土曜日とあって人出も多く駐車場はほぼ満車
肝心の紅葉の染まり具合は・・・例年よりちょっと遅れている感じ
c0360399_20175694.jpg
まずはラルマナイの滝
c0360399_20183681.jpg
滝の付近の木々はまだあまり赤くなっていませんが、わずかだが真っ赤になった楓もある
c0360399_20215041.jpg

その下流の三段の滝
c0360399_20225019.jpg
滝の近くに楓があって良い感じに滝にかかっている
ちょっとアップで
c0360399_20243529.jpg
少し離れて上流側の白扇の滝へ車で移動
駐車場は出て行く車を待ってそれと入れ替わりなので少々待たされたが
こっちの方がほかより紅葉が進んでいてほぼ見頃か
c0360399_20292792.jpg
c0360399_20272499.jpg
c0360399_20301310.jpg
ここは流れの傍で滝を見られるので迫力もある
c0360399_20314704.jpg
ラルマナイの滝、三段の滝の方は見頃は来週ぐらいだが
この白扇の滝は今が見頃かもしれない

恵庭市の中心を流れる漁川(イザリガワ)の上流、恵庭ダムよりもさらに上流で漁川に合わさる支流のラルマナイ川が滝となった白扇の滝とラルマナイ川に流れ落ちる2つの滝(ラルマナイの滝と三段の滝)のあたりのことを恵庭渓谷と呼んでいます。平行して道道恵庭岳公園線が通っています。恵庭岳公園線は、札幌市と支笏湖温泉を結ぶ国道453に合流するので札幌方面からは453経由が近いかもしれません
知名度はイマイチなので案内板でその場所をご案内します。
c0360399_20334331.jpg











[PR]
by n_moriya0122 | 2016-10-15 20:37 | 風景 | Comments(2)

大雪山 旭岳へ

ことしは紅葉が遅れているらしく、紅葉前線はまだ到達していない
予報では昼過ぎまで晴れマークがでているので紅葉前線を迎えに旭岳までお出かけ
ロープウエー駅までもう少し、旭岳が大きく前方に見えてきた、うっすらと雪化粧
c0360399_21261795.jpg

100人のりのロープウエーで標高1100mから1600mまで10分で行くことができる
c0360399_21282730.jpg

ロープウエーから下を見ると
c0360399_21293068.jpg
紅葉を期待してきたのだが赤がありませんね。もう散ってしまったのかな
中間地点で下りのゴンドラとすれ違う、平日にも関わらずにぎわっています。
c0360399_21304923.jpg

終点 姿見の池駅で降りて周りを見ると
c0360399_21324676.jpg
、木々が白く霧氷をつけている。気温は0゚Cぐらいらしい
c0360399_21362861.jpg
ちょっとファンタジックな景色
c0360399_2137208.jpg
遠くに少し雲海が・・・そこを切り取ると東山魁夷の日本画のような景色も
こんな寒い中でも花をつけている。さすが高山植物
c0360399_21542186.jpg
(植物名は調べて後ほど記載します) 名前はシラタマノキ 花ではなく実のようです(sazanka2011さんに教えていただきました。ありがとうございました)

ロープウエー駅から10分ぐらいの展望台まで上ることに
c0360399_21403648.jpg

山頂が大きく見えます
c0360399_21451546.jpg

青空だったらもっときれいなんだが・・・
ロープウエー駅まで戻ってきたら少し青空が見えてきた
c0360399_2147935.jpg



紅葉は期待はずれだったが景色は十分楽しめた。
[PR]
by n_moriya0122 | 2016-10-05 22:01 | 風景 | Comments(8)

宮島沼の夕暮れ(9/30夕方)

晴れていたので夕暮れ夕日とマガンの画像をねらって湖畔で待つ
午後6時少し前、日没を迎えた
c0360399_22055084.jpg
ところがマガンがさっぱり戻ってこない
c0360399_22071389.jpg
西の空、ちょっと雲が多くそれがまた良い雰囲気だが・・・
c0360399_22084469.jpg
もっと水平線に近いところをV字編隊で飛んでくれるかと思ったが、沼の上に来てひらひらと揺れながら降りてくる「落雁」なので何かいまいち
c0360399_22114736.jpg
西側から戻ってくる群れは少なく、多くは東側だったり真上だったりすると
空があまり赤くないので↓こんな程度
c0360399_22135306.jpg
だんだん暗くなって
ねぐら入りも終わりかなという頃、沼は
c0360399_22154681.jpg
これで3万ぐらい居るのかな?といった感じ
10/2追記
ブログ「宮島沼日記」(http://blog.goo.ne.jp/miyajimanuma)によればこの日は1万9千ぐらいだったらしいです
前回(今年の春)来た時は6万ぐらいだったので迫力があったが今回はちょっと・・・
もう少しして数が多くなった頃にリトライかな。












[PR]
by n_moriya0122 | 2016-10-02 05:58 | 風景 | Comments(4)

桜 そろそろ見納め

今日の天気予報は曇り後雨だったので、鳥見はお休みして
車の車内に掃除機がけをしたり、普段の収集で出せないような大型ゴミなどを車に積んで漁川上流の埋め立て処分場に運び込みなどの作業
ついでにさらに上流の恵庭ダム桜の広場の様子見に
5日前に覗いたときにはまだつぼみだったがその後、気温の高い日が続いたのでもう見頃
c0360399_18572475.jpg
北海道ではやや濃いめのピンクのエゾヤマザクラが多いがここは薄いピンクのソメイヨシノもあるようだ
c0360399_1859314.jpg

市民の寄付で沢山の桜が植栽された広場なので寄進者の名盤の石碑なんかもある
c0360399_1902958.jpg

ここの桜、一定間隔でびっしり植えられているので一寸、平面的で風情がない感じ。
途中の道路脇や山などに分散して立体的な植え方をしても良かったのでは
c0360399_19144486.jpg


低地である町中の桜並木はもう花が散ったものも多いが山沿いにはいると漁川の川沿いなどにも自生の桜がポツポツとあって良い景色だった。

昨年までヤマセミ待ちで通ったあたりの桜もきれいだが・・・残念なことに昨秋の台風で壊れた橋の架け替え工事中
c0360399_18564987.jpg

工事は8月まで続くので今季はヤマセミの撮影は絶望的
[PR]
by n_moriya0122 | 2016-05-10 19:27 | 風景 | Comments(2)