<< カワセミ ヘレボラス・ニゲル(クリスマス... >>

4日ぶりの研究林


このところ冬に逆戻りしたような天気が続き、これといった鳥にも会えずにいた。
今日は太平洋側の天気予報は晴れマークがあるので冬のいでたちで研究林へ
目当ては青い鳥。ポイントへ到着したが鳥もカメラマンも居ない。寒くて風もあるのでじっと座って待つのも耐えられず(真冬並のもっと厚着をしてくればとちょっと後悔)
寒さしのぎに付近を歩きながら鳥を探す。

池にはマガモのつがい

c0360399_20094580.jpg


繁殖期に入りマガモもカップルで動いている


ホオジロガモの♀

c0360399_19590935.jpg


今時期までも残っていたとは予想外

c0360399_20001216.jpg


苦しいときのカラ頼み
ヤマガラ

c0360399_20020447.jpg

c0360399_20013999.jpg

ゴジュウカラ

c0360399_20070059.jpg


あきらめて車に戻り、下流側に移動して散策しながら探すことにとに

次の投稿に続く




[PR]
by n_moriya0122 | 2017-04-20 20:17 | Comments(2)
Commented by j-garden-hirasato at 2017-04-21 06:19
カラの仲間、
こういうアップの姿、
実際にはなかなか見れないので、
新鮮です。
ゴジュウカラ、
後ろのツメが、
こんなに発達しているのですね。
だから、ひっくり返れるんですね。
Commented by n_moriya0122 at 2017-04-21 07:25
> j-garden-hirasatoさん
この森は散策する人が、お土産のひまわりの種を置いてゆくのでそれを目当てにカラが何度も降りてくるので撮すのは楽で、いろんなポーズが撮れます。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< カワセミ ヘレボラス・ニゲル(クリスマス... >>