<< カワセミ ミヤマカケス ようやく春 >>

北大研究林ほか

野鳥の森の水辺で小鳥を待つも来る気配なし
エゾアカガエル
c0360399_19524825.jpg
まだ、雪が残る水場 野鳥が水浴びに来るにのはもう少し先?
あきらめて隣のまちの研究林へ
日当たりが良く雪が早く融けたあたりには黄色いナニワズの花
c0360399_20160887.jpg
水芭蕉の群生も
c0360399_20184518.jpg
葉や花の先が枯れたように茶色くなっているものも多いがそれらは避けて綺麗なものを選んでアップで
c0360399_20205001.jpg
c0360399_20212200.jpg
目当ての鳥をお弁当を食べながら待つがなかなか姿を見せない。2時間ぐらい待ってもこないので一旦撤収して森の奥のエゾフクロウの所にご機嫌伺いに
これまでの瞑想モードとちょっと違って薄目を開けてこちらを見ているようだ
c0360399_20233096.jpg
顔のあたりが痒いのかな
c0360399_20245804.jpg
お目覚めのようです
c0360399_20260567.jpg
又すぐにうとうと
c0360399_20274897.jpg
夕べは忙しかったのかな。私たちはもう帰るのでゆっくりお休みなさい。
今年4回目の訪問だが残念ながら一度も2羽並びを見ていない


帰りまた目当ての鳥が来るのを待って居ると30分ほどしたらやってきた。
次の投稿へ続く




[PR]
by n_moriya0122 | 2017-04-16 20:36 | Comments(2)
Commented by j-garden-hirasato at 2017-04-17 06:30
ミズバショウもこの時期ですか。
ザゼンソウ同様、
本州では高原でしか見れません。
フクロウも、
以前よりシャキッとした表情になってますね。
Commented by n_moriya0122 at 2017-04-17 07:22
水芭蕉 場所によって花期が結構違いますね。
>高原でしか見れません
当地では街中を流れる小川の傍なんかでも見ることが出来ます。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< カワセミ ミヤマカケス ようやく春 >>